大阪 住民 投票

大阪市廃止住民投票否決。大阪市民は維新府政下の「空白の10年」で何を失ったのか?

2015年5月25日時点のよりアーカイブ。 これに対して、大阪市で「処分検討地」に指定されている財産を一部事務組合により特別区全体で共同処理するという対策が検討されている。 最終決戦「大阪都構想」〜住民投票 市民の審判〜(、関西ローカル)• 2014年10月に否決された内容とほぼ同じだが、今回は公明党が都構想の賛否を問う大阪市民対象のの実施を了承し 、協定書を2015年3月13日の大阪市議会で可決、大阪府議会も3月17日に可決した。

もっと

「大阪都構想」住民投票で再び「反対」…松井市長、23年の任期満了で政界引退へ : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

住民投票の結果、二重行政については「宮城県と仙台市の二重行政というのはないと考えている。 専門職が不足し、児童虐待など専門性の高いケースへの対応力が低下する。

もっと

大阪市における特別区の設置についての投票

どちらかが正しいどうのこうのではなく政治というのは非常に難しくやっぱりその大阪市民、大阪府民の理解を得る事の大変さを改めて感じつつ、改めて政治の難しさみたいなものを痛感。

もっと

「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

住民投票の否決を受け、都構想を推進してきた大阪市の松井一郎市長は任期満了後の政界引退を表明。 の幹事長:「大阪市を守らなければいけないという思いで活動してきたが、複雑な思いのなかで反対票を投じてくれた有権者に心から感謝したい。

もっと

大阪市における特別区の設置についての投票

株価にも影響する話。 住民投票で否決されたことについては「大阪都構想は否決が浜松市に与える影響もしくは市政に与える影響はなく基本的なスキームの構造が全く異なる。 大阪会議の頓挫と大阪府知事・市長ダブル選挙を経て、再び都構想議論へ [ ] 同構想の対案として、自民党などの野党会派が提案した「」(略称:大阪会議)が設けられ、3度にわたって会合が開かれたが、大阪会議では各会派が自分達の主張を繰り返すばかりで、実質的な協議には入れず、事実上破綻した。 5年前の反対多数から、公明党の懐柔など様々な形で都構想を推進してきた維新の会でしたが、一方で政党としての拡大の限界を迎えつつあったのも事実です。

もっと

大阪都構想

神奈川県知事とは話合いをしながら二重行政をなくすことが更に行政サービスをよりよくしていくのではないか。 一方、今回の住民投票は2015年に比べて有権者が約10万人増えましたが、反対票の69万2996票は、2015年の賛成票(69万4844票)を下回っています。

もっと

大阪市住民投票の前に知っておくべき5つの事実 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

自民党は統一地方選後は住民投票の実施については府連会長が容認する方針を示していたが、都構想そのものついては「メリットとデメリットの双方について説明を尽くす」として賛否を保留、2019年12月の採決では府議団・市議団とも反対した。 大阪都構想を巡って、橋下と対立したの市長は「改革を一気呵成(かせい)にやろうと急ぎ過ぎた。 公明党と創価学会の溝 恐らくもう一つの誤算があったとすれば、 あの公明党が一枚岩になれなかったことです。 私は「改革屋」である。

もっと