コインランドリー 乾燥 機 温度。 ゴアテックスの性能維持には乾燥機とコインランドリー

コインランドリーの洗濯機や乾燥機は不潔なの?

コインランドリー 乾燥 機 温度

家事アドバイザー・節約アドバイザーとしてテレビ・講演・コラム連載などで活動。 頭を使って賢くスマートに、時間とお金をバランスよく使う暮らし方を提唱。 著書に「シンプルライフの節約リスト」(講談社)などがある。 掛け布団や敷布団、そしてこたつ布団など、大物の布団類をクリーニングに出すと2,000円~3,000円はあっという間にかかってしまいます。 その点でもできればクリーニングに出さずに洗いたいもの。 実は家庭で布団類を洗う場合、洗うまでは簡単にできるのですが、その後の乾燥が一苦労。 天日干しだと時間がかかってしまい、布団が長時間湿った状態にあることで雑菌が繁殖して臭ってきてしまうということに。 そのためにも乾燥だけは乾燥機を使うようにしましょう。 自宅の乾燥機が布団が入るサイズであれば自宅で、入らないサイズの場合は最近はコインランドリーに大型の布団用も用意されているところが多いので、脱水まで自宅でやり乾燥のみコインランドリーを利用すると最小限の出費で抑えることができます。 コインランドリーの乾燥機の時間と特徴 コインランドリーで乾燥にかかる時間 敷布団の場合、コインランドリーでの乾燥にかかる標準時間は、だいたい50分程度が目安になります。 羽毛布団の場合は60分~90分程度の乾燥時間が必要と言われております。 敷布団の厚さやサイズ、素材次第で乾燥時間は変動しますが、それでも基本的には長くても90分程度で済むため、天日干しや家庭用の乾燥機よりもはるかに速く乾きます。 ただし、これは平均的な乾燥時間ですので、脱水時間やそのコインランドリーに設置されている乾燥機の温度、メーカーによって乾燥時間は変わってきます。 家庭用の乾燥機との大きな違いは、ドラムが大型で、大型ガスバーナーを使用して熱を発生させるところにあります。 家庭用乾燥機よりも、格段に温度が高いため、通常よりもかなりの早さで乾きます。 最近では、コインランドリーを置いている大型のショッピングモールやコンビニエンスストアがあるようですね。 ショッピングモールで一通りお買い物を終わらせてコインランドリーに戻ってみると、ちょうど乾燥が終了しているころ。 お買い物の合間にできちゃうのは嬉しいですね。 コインランドリーでかかる料金の目安( 敷布団1枚分) 敷布団1枚分が乾燥するまでの時間を50分とすると、料金の目安は500円~700円程度となります。 ちなみに、コインランドリーの乾燥機が14kgタイプなら10分で100円、25kgタイプなら8分で100円となります。 コインランドリーの洗濯機での時間と料金圧縮のコツ 乾燥時間は脱水時間によっても変わってきます。 コインランドリーでの乾燥機の使用を、なるべく短時間で済ませて料金を抑えるには、「しっかりと脱水をする」ことがポイントになります。 家庭用の洗濯機は比較的大型のものが洗えるものもあるようですが、乾燥機については、コインランドリーの乾燥機の方が圧倒的に早く、大型の洗濯物がしっかりと乾燥できます。 ですので、これらを上手に組み合わせ、自宅にある家庭用の洗濯機でも洗えるサイズのものは自宅で洗濯し、しっかりと十分に脱水機にかけてから、コインランドリーの乾燥機を利用すると、コストはだいぶ抑えることが出来そうです。 晴れの日のコインランドリーは狙い目! 基本的にコインランドリーは、雨の日、特に雨の週末は混みあっていることが多いようです。 そこで狙い目なのは晴れの日です。 大型の洗濯物の乾燥が目的であれば、特に雨の日に行く必要はありませんので、大型の洗濯物は晴れた日に早めに済ませ、さくっとコインランドリーで乾かすのがおすすめです。 特に晴れの日の早めの時間帯は、地域にもよりますが、比較的空いていることが多いようです。 コインランドリーの乾燥機の4つのメリット 1. 大きな洗濯物が速く乾く コインランドリーには、家庭用の乾燥機には入りきらない大きな洗濯物を乾かせる大型の乾燥機があります。 自宅で何時間も天日干しで乾かしていたものも、コインランドリーの乾燥機なら、時間をかけることなくあっという間にふっくら乾燥することができます。 除菌ができる コインランドリーの乾燥機は、家庭用乾燥機よりも温度が高いため、短い時間でもダニや雑菌を除去することができます。 コインランドリーの乾燥機の大きなメリットでしょう。 時間短縮やコストカットができる 大きな洗濯物といえば布団。 コインランドリーでは布団は洗濯から乾燥まで、ワンストップで仕上げられます。 布団をクリーニングに出すと、料金はおおよそ2,000円~3,000円かかます。 仕上がりまで数日かかることを考えますと、コインランドリーを使う方が時間やコスト短縮になりそうですね。 臭いを防ぐことができる コインランドリーの乾燥機は短い時間でしっかり中まで乾燥させますので、生乾きの臭いは残りません。 家庭用の乾燥機の場合 乾燥機にはガスを使うタイプと電気を使うタイプがあります。 ガスを使うタイプの乾燥機は、設置に手間がかかる、安全上といった理由で家庭用としては、まだ電気タイプの比率が多いと思われます。 ガスを使用するコインランドリーの乾燥機に比べると、家庭用の電気乾燥機はどうしても時間がかかってしまいます。 標準的に、6kgの洗濯物を乾かす場合、家庭用の電気を使用するタイプの乾燥機だと約2時間~3時間かかります。 メーカーや製造年などにもよりますが、家庭用の電気乾燥機で洗濯物を乾かす場合、おおよその電気料金は、3時間で90円前後になるようです。 そこで家庭用の電気乾燥機でなんとか少しでも早く乾かすコツはないかについて調べてみました。 コインランドリーと家庭用の乾燥機の比較 コインランドリーのガスタイプの乾燥機と家庭用の電気タイプの乾燥機、電気代だけで比較すると、家庭用の電気乾燥機の方が安いということになります。 約6kgの洗濯物を乾かす場合 家庭用電気タイプ乾燥機• 乾燥時間:2時間~3時間• コスト:約90円前後 コインランドリーのガスタイプの乾燥機• 乾燥時間:30分~50分• コスト(10分100円乾燥機利用時):300円~500円 家庭用とコインランドリーの乾燥機を使い分けるポイント 洗濯物の種類やいつまでに乾かしたいのかを考え、それぞれのメリットとデメリットを比較した上で、家庭用とコインランドリーの乾燥機を使い分けることがベストだと言えます。 コスト面を考えるならば、家庭用の電気タイプの乾燥機の方が割安となり、時間短縮を重視する場合は、コインランドリーのガスタイプの乾燥機がベストと言えます。 家庭用の乾燥機にはなかなか入らないような布団や毛布などの大型の洗濯物、お子さんの学校用の上履き、何枚もある厚手のジーンズなどについては、コインランドリーのガスタイプの乾燥機に軍配があがりそうです。 乾燥機を使った時の衣類の縮みを防ぐ方法 乾燥機を使ったら、洋服が縮んでしまった!なんてこと、1度はあるのではないでしょうか。 乾燥機での縮み防止にはこんなことが有効です。 乾燥機で縮みそうな洗濯物を「洗濯表示」で見分ける 乾燥機が使えるかどうかは、衣類等の裏側についている「洗濯表示」で確認できます。 マークや注意書きを読むことですぐにチェックが可能です。 また、この乾燥機に関するマークがない場合は、「タンブラー乾燥は使えません」「DO NOT TUMBLE DRY」などの表記があるかどうかを確認してみてください。 家事アドバイザー:矢野きくの 洗濯物は分別する 洗濯表示をチェックしたら、乾燥機前の選択の時点で乾燥できるものとそうでないものをグループ分別し、それぞれに分けて洗濯~乾燥させることを、おすすめします。 ポリエステルなど乾きやすいものと、綿など比較的乾きにくいものを分別して選択から乾燥までをすすめると、洗濯物が傷みにくくなり、長持ちします。 刺繍やプリントのあるものには乾燥機を使わない 刺繍は糸が切れ、色落ちする可能性があります。 またプリント柄については、プリントが剝がれてしまう事もあるので、綿素材のTシャツなどの丈夫な素材のものでも乾燥機は避けましょう。 一度、乾燥前は元より、お洗濯前に洗濯表示マークや刺繍やプリントの有無、乾きやすい素材そうでない素材かを確認することで洗濯物の傷みや縮みが防げそうです。 乾燥機を使う時の注意点 乾燥機を使っても比較的問題のない素材と、トラブルになりやすい素材についてご紹介します。 乾燥機は基本的にOKな素材 消耗品は比較的乾燥機との相性良し。 タオル、シーツ、靴下などの消耗品は乾燥機で乾かすのに向いています。 これらは綿素材のものが多いので、洗濯や乾燥機を何度か使用しても傷みにくいようです。 また、日々部屋着として、ヘビーローテーションしている衣類は比較的乾燥機にかけても大丈夫なものが多いのではないでしょうか。 デリケートな素材は基本的にNG ウールやシルクなど、熱に弱いデリケートな素材を使っているものは乾燥機で乾燥させると縮んでしまいます。 乾燥機にかけてしまうと傷みますので、十分注意しましょう。 また、ニット生地の目が粗いものは乾燥機にはかけてはいけません。 熱風でニットが縮み、小さくなってしまいます。 また、オーガンジーなど他、薄い素材も縮む可能性があるので十分に注意してください。 電気代と時間を節約する乾燥機の使い方 家庭用の乾燥機にはヒーター乾燥とヒートポンプ乾燥の2つのタイプが挙げられます。 家庭用乾燥機はヒートポンプ式がおすすめ! 空気中にある熱を集めその熱を活用しますので、ヒーター乾燥に比べ効率が良く時間も短縮でき、電気代が安く済みます。 ヒーター乾燥機の半分程度の電気代ですむそうです。 ヒートポンプの温風は乾いた風を送り込んでいるため、温度を上げ過ぎずに、しっかりと乾燥させることができるため、熱によって洗濯物を痛めたり、縮ませてしまうことがあまりありません。 加えてヒートポンプの仕組みの中には除湿効果もありますので、乾燥させる際に水道水を注入することがありません。 本体が熱くなりすぎないので一時停止で乾燥中でもドアを開けることが可能です。 ヒーター方式乾燥機とは 縦型洗濯乾燥機とドラム式の1部の機種はこの方式を採用しています。 ヘアドライヤーと同じで、電気を熱に変えて温風を作ります。 ヒーター方式乾燥機のメリット• 乾燥機本体の価格が比較的安い• 乾燥機本体の重さが比較的軽め ヒーター方式乾燥機のデメリット• 高温の熱風で洗濯物が痛んだり、縮んだりしやすい• 使った電気=熱のため、省エネ度が低い• 一部の機種では水を使う=水道代もかかる• 乾燥中にドアの開閉ができない ヒートポンプ式乾燥機とは 主に最近のドラム式で取り入れられています。 乾燥機内に熱をポンプでくみ上げる方式です。 こちらは、機械の力で空気から熱を取り出す技術を取り入れており、低いところから高いところへ熱をくみ上げて乾燥機内をあたためます。 その際、そのポンプ式の低いところから高い所へ熱をくみ上げる際、空気を温風と冷風に分ける作用があります。 その冷風の中で、空気中の湿気が結露して除湿され、その一方で発生した乾いた温風で洗濯物を乾燥させます。 簡単に言うと、乾燥機の中で除湿作用と乾燥作用の2つが発生するのです。 ヒートポンプ式乾燥機のメリット• 電気代が安い• 洗濯物の痛み、縮みが少ない• 乾燥中でもドアを開閉できる ヒートポンプ式乾燥機のデメリット• 乾燥機本体が重い• 乾燥機本体の価格が高い 上記の検証から、省エネやエコの観点から考えて、もし乾燥機の買い替えや、新調をお考えなら、本体価格はお高めにはなりますが、長い目で見て、ヒートポンプ式乾燥機を検討されてはいかがでしょうか? まとめ コインランドリーの乾燥機と家庭用の乾燥機の乾燥時間、使い分けの仕方、家庭用のヒーター方式とヒートポンプ方式の違いについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。 コインランドリーの乾燥機は敷布団のような大きくて厚いものでも中までしっかり乾かしますので生乾きがしないのが嬉しいですね。 コインランドリーの乾燥機と家庭用の乾燥機の使い分けは、自分に合った方法を決めておくのもいいですね。 時間を優先したいか、料金を節約したいか、素材の性質で決めるか、希望ポイントを考えて家庭用とコインランドリーの乾燥機を使い分けましょう。 これから家庭用乾燥機を購入しようと思っている方は、ヒーター方式とヒートポンプ方式のメリットとデメリットを比較してみてくださいね。

次の

コイン式洗濯乾燥機 SF

コインランドリー 乾燥 機 温度

型崩れ• 装飾品が傷つく• 風合いがなくなる とくに「熱に弱い素材」「熱で縮む素材」「繊細な装飾のある衣類」などはタンブラー乾燥には適していません。 デリケートな素材 ウール、シルク、カシミアなど 生地・繊維の隙間が縮むもの ニット、麻など 剥がれや色落ちにつながるもの 刺繍、プリントのあるもの 装飾のあるもの ビーズ、スパンコールなど 高温に弱い素材 女性用下着、ストッキングなど 風合いを損ねる可能性のあるもの 本革、合皮などの装飾 タンブラー乾燥についての洗濯表示の見方 平成28年12月以降は「タンブル乾燥」(タンブラー乾燥)についての表示ができました。 下の3つの表示でタンブラー乾燥ができるのかを確認できます。 このように、乾燥機の温度によってはタンブラー乾燥を使用できる場合もあります。 ただ、タンブラー乾燥できない衣類には 「タンブラー乾燥はお避けください」などの文言が付いています。 この場合は温度の指定がないので、タンブラー乾燥自体を避けたほうが無難です。 もし「洗濯表示の見方がわからない」「適切な乾燥方法がわからない」という場合は クリーニングに出すと安心です。 縦型:従来の一般的な形状• ドラム式:コインランドリーのような横型 ななめ型 の形状 この2つの形状タイプがあります。 さらに、熱を発生させる方法として「ヒーター式」「ヒーター式低温風乾燥」「ヒートポンプ式」があります。 【電気で熱を発生させる方法】 ヒーター式• ヒーターで乾燥機内を温めて乾燥させる• ドライヤーで乾かすイメージ ヒーター式低温風乾燥• 空気中の熱を集めて乾燥機内で熱交換した熱で乾燥させる• 除湿器で乾かすイメージ 注意していただきたいのは縦型タイプです。 熱に弱い素材は縦型タイプでの衣類乾燥は避けるようにしましょう。 その他に家庭用ガス乾燥機もありますが、一般にガスの方が電気より高温になります。 コインランドリーのタンブラー乾燥機 コインランドリーでも電気式とガス式がありますが、電気式は乾燥に時間がかかるため、ガス式の乾燥機を設置していることが多いです。 当然ですが、コインランドリーのガス乾燥機は家庭用の乾燥機よりも乾くのが速く、内部の容量も大きいので毛布など大きな物の乾燥にも利用できます。 クリーニング店のタンブラー乾燥機 多くのクリーニング店では、タンブラー乾燥機が使われています。 クリーニングで汚れを落とすために使用する洗剤 石油系溶剤 を飛ばすためです。 ただ、 クリーニング店のタンブラー乾燥機はほかの乾燥機に比べると衣類を傷めにくいです。 なぜならクリーニング店のタンブラー乾燥機は、ボイラーで発生させた蒸気を使って乾燥させるので、衣類を乾燥させ過ぎることがないからです。 また、内部の温度はセンサーで測定しているので、つねに適温が保たれており過熱を防ぐこともできます。 タンブラー乾燥に適さない衣類の乾燥方法 洗濯表示に「タンブル乾燥禁止」のマークがあるものや、「タンブラー乾燥はお避けください」などと書かれたものは、たとえ低い温度でもタンブラー乾燥はできません。 タンブラー乾燥に適さない衣類は、• 自然乾燥• 浴室乾燥 この2つのいずれかの方法で乾燥させましょう。 どちらの方法もタンブラー乾燥に比べると乾くまでに時間はかかりますが、衣類を傷めません。 自然乾燥 自然乾燥は、衣類には一番負担の少ない乾燥方法です。 自然乾燥は「直射日光で乾かす」「陰干し」の2つがありますが、デリケート素材は直射日光で乾かすと縮みや色落ち、風合いの変化の原因になるので避けるべきです。 まずはせんたく表示を確認して、日陰に干すなど指示の通りに干しましょう。 浴室乾燥 自然乾燥よりも早く乾かしたい場合は、浴室乾燥機を使用しましょう。 本来は使用後の浴室の湿気を取るための換気設備ですが、ヒーターで浴室内に温風を流すことで衣類乾燥室として使用できます。 浴室乾燥ならハンガーで衣類を吊るした状態で乾燥できるので、型崩れの心配がありません。 すでに家庭に浴室乾燥機が設置してあるのなら、雨の日でも乾燥させることができ便利です。 タオルはタンブラー乾燥がおすすめ! タオルはパイル 表面にある凹凸 が立っていることで、ふんわりとした仕上がりになります。 自然乾燥だと干すときに10回~20回はたくことでパイルを立たせて肌触りのよい仕上がりできるのですが、毎回はたくのは手間ですよね。 タンブラー乾燥だと、はたく手間なくパイルを立たせることができます。 ただし、自然乾燥に比べると縮む可能性があるので、ふんわりとした仕上がりよりも縮みが気になる方は避けましょう。 まとめ タンブラー乾燥は、熱や風とともに衣類を回転させて乾かす乾燥方法です。 しかし、高温で乾燥させるため衣類に負担がかかってしまいます。 そのため適切な方法で乾燥させたい場合はクリーニング店に依頼するのが有効です。 宅配クリーニングならコインランドリーに持ち運ぶ手間もないので、便利ですよ。 家庭でタンブラー乾燥を使用する場合は、洗濯表示などに注意して衣類を傷めないようにしましょう。

次の

コインランドリーの布団乾燥でダニを退治するコツやメリット

コインランドリー 乾燥 機 温度

みなさん、コインランドリーって使ったことありますか? 毛布や布団も洗えたり、洋服だって一度に大量に洗えるし、 今では靴も洗えるんですよね。 ビックリです。 それに、乾燥まで出来るので大量にある時は干す手間が省けるし、 実は仕事や育児に忙しい主婦にもとっても便利なんです! コインランドリーでの洗濯機の使い方は、 初めてでも手順が書いてあるのでそれに沿って行えば 問題ないと思いますが、 乾燥機の温度設定には「高温」・「中温」・「低温」があり、 中には「送風」という機能がついているところもあるようです。 これだけ種類があると、温度設定に迷ってしまいますよね。 ここでは、コインランドリーの温度設定の使い分けや 乾燥機を使う時の注意点などをご紹介していきたいと思います! スポンサードリンク コインランドリーの乾燥機で高温・中温・低温といった温度設定はどう使い分けるの? コインランドリーの乾燥機には、高温・中温・低温の 3種類があることは先ほどご説明した通りですね。 アイロンに温度設定があるのと同様で、 素材によって使い分ける必要があります。 綿や羽毛系の綿入り素材の布団を乾かす場合は乾きが早いようです。 一般衣料に関しても、綿素材のものだと高温でも良いということですね。 化繊系でも厚手のもの(毛布など)は急激に温度が 上がることはないので低温ではなく、 中温で乾燥させても問題ありません。 たとえばフリース・ブラウス・ランジェリー類などですね。 これらの商品を高い温度で乾燥させると毛がねたり 生地がおれたりするので注意が必要です。 以上のように、洗濯物の素材によって 乾燥機の温度設定を変える必要があります。 大切にしている洋服などが縮んだりよれたりしてしまっては大変です。 乾燥させるものの洗濯表示をきちんと確認するようにしましょうね! スポンサードリンク コインランドリーの乾燥機を使う時の注意点とは? もっとも注意すべきは、今までお話ししてきた温度設定ですね。 持ち込んだ洗濯物の洗濯表示はちゃんと確認すること。 「タンブラー乾燥禁止」の表示があるものは 乾燥機にいれることは出来ません。 コインランドリーの乾燥機はタンブラー乾燥ですので気を付けましょう。 その他に、乾燥機に入れる洗濯物の量にも要注意。 コインランドリーの乾燥機は、料金に応じて稼働時間を 調節できるものが一般的です。 お金がかかるからといって、量が多いのに乾燥時間を 短時間に設定してしまうとしっかり乾燥できず、 生乾き状態になってしまいます。 乾燥機をまわす時間は洗濯物の量に応じて 大きく変わってきますので、適切な乾燥時間を きちんと把握することが大切です。 まとめ ここまで、コインランドリーの乾燥機の温度設定の違いや 使用上の注意点についてお話してきました。 昔に比べて、コインランドリーも街の至る所で 見かけるようになりましたよね。 家庭のものと比べて大型の洗濯乾燥機を見ると ちゃんと使えるか躊躇しがちですが、 温度設定の違いをきちんと理解し、 正しい使い方をすればとっても便利ですね。

次の