ハインリヒ ハラー

やっぴ的歴史映画≫セブン・イヤーズ・イン・チベット

捕虜収容所から脱出したハラーとペーターは、外国人に門戸を閉ざしていたチベットに逃げ込む。 本を読んでから映画を見たのですが、ずいぶん原作と違うなあと思いました。

もっと

ハインリヒ・ハラー

そこでハラーは若き宗教指導者ダライ・ラマと出会い、家庭教師役を務めることになりーー。 しかしの勃発で、敵対国の国民として拘禁される事となりので抑留された。 チベットの文化・風習に驚愕し、ぐんぐん吸収していく様は逞しい。

もっと

訃報:ハインリヒ・ハラー逝去: ちべ者

映画よりずっと面白かった!映画はダライ・ラマとの交流がメインだが実際はインドの抑留所から脱走しヒマラヤ山脈に沿う形での逃亡にものすごく時間がかかってる。 ジャン=ジャック・アノー監督、ブラッド・ピット主演の『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は、いかにもハリウッド映画らしい、スケールの大きな作品だ。 映画『』でハラーのチベットでの滞在が描かれている。

もっと

セブンイヤーズインチベット セブン・イヤーズ・イン・チベット ハインリヒ・ハラー:文庫

1939年、オーストリアの登山家ハインリヒ・ハラー(ブラピ)は出産間近の妻を残し、ペーター(デヴィッド・シューリス)らとともに「ドイツ隊」の一員として、ヒマラヤ山脈ナンガ・パルバットに挑む。 「愛するロルフ/おまえは私を知らず会ってもいない/だが私の心にはいつもおまえがいる/私がたどり着いたこの国/他の世界から隔絶されたこの平和な国/周囲は雪をいただいた山々/夢で見る不思議な美しい国/私はそこにいる/ここチベットでは人は自分の罪を清めるために遠い聖地へ長い旅をする/困難であればあるほど魂は清められる/私はおまえの年と同じだけ遠い国々を旅して歩いた…/どこへ旅すれば私の罪は清められるのか」 1944年、二人はチベット人になりすまして外国人の立ち入りが禁止されていたラサに潜入する。 それには「父親でない人からの手紙は欲しくありません」と書かれていた。

もっと

ハインリヒ・ハラー: ダイビングと旅行

私は悲しみに暮れています。 『チベットの七年 ダライ・ラマの宮廷に仕えて』訳 白水社 1981、新版1989・1997• 中国がチベットの文化や風習を認めずに力ずくで支配下に置いたこと、それは旧日本軍が中国や朝鮮で行った過ちと何ら違いはない。

もっと

ブラッド・ピット主演。伝説の登山家と少年ダライ・ラマの魂の交流を描く。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」9月12日(土)よる7時~BS12 トゥエルビで放送

われわれチベット人は、ハインリヒ・ハラー氏への想いを、これからも胸に抱きつづけます。

もっと

ハインリヒ・ハラー

彼もまた先代の生まれ変わりとして見い出され、1940年、5歳で即位している。

もっと

セブン・イヤーズ・イン・チベット

それは、身重の妻を残しての長い旅の始まりだった。 BS12 トゥエルビHP:. 記事は(共同通信の記事を四国新聞が転載してます)。

もっと