モンキー ターン 4 やめ どき。 天下布武4 天井・ゾーン狙い目とやめどき|パチスロ新台

%page_title%

モンキー ターン 4 やめ どき

50回or次回 平均連チャン数18. 43連 平均出玉5083玉 大当り出玉 左アタッカー 2C. 10賞球 2R 30個 右アタッカー 10C. 5円 24 25 3. 03円 23 24 3. 33円 23 24 3. 57円 22 23 等価 21. 1 22. 逆捻りの強弱で狙えますがそこまでやりたくないって人は2発うったら打ち出しやめ。 を繰り返しましょう。 (アタッカーに入らなければそのつど単発うちでいれていく) 【大当り中・右アタッカー】 難易度・・・低 成功率・・・高 センサー感知が甘い上に屋根にもひっかけ易い。 かならず実践しましょう。 【電サポ中】 ・上下点灯・・・3回(ロング3) ・下点灯・・・5回(ショート5) ・上点灯・・・ハズレ。 3回目が開いたら1発 ひとこと 電チューサポなし入賞時の振り分けは恐らく電サポ4回終了後の残り保留のことを指しているのかなと思います。 ここで電サポ入賞時とおなじ振り分けであればかなりすごい台だったんですがそうはいきませんか・・・w さらに残念なのがヘソでループし続ける限りリミット到達でも電サポが付かない点ですか。 一度右打ちにはいればリミットとうたつでも電サポ50回と引き戻し率は50%近くあるんですがそこまでいくのがかなりきつくスペックは甘デジとなっていますが実際の突入率考えても甘デジではないですね~w ただ、大当り回数の多さなどからオーバー入賞できる台であればボチボチうっていけるかもしれませんのでまた分かり次第追記していきます! スポンサードリンク.

次の

アナザーゴッドハーデス【天井・ゾーン・狙い目・ヤメ時 解析まとめ 撤去日】

モンキー ターン 4 やめ どき

「天下布武3」や「北斗-修羅-」と同じように、天井はART間ハマリが条件となっていることは確実に押さえておきましょう! 天井到達時にはART以外の恩恵は用意されていませんが、天井到達率が 約4. 確定CZ消化中にもART抽選が行われており、 ここでの抽選をパスすることができればART初当たりをもう一つストック・・・といった流れですね。 なお、確定演出発生以外では、CZ中にART初当たりをストックしたかを見抜くことはできません。 振り分けは周期モード3or高確滞在時と同じで、一切設定差は付けられていません。 その時点の正確なART間ハマリは筐体メニュー画面から確認することができるため、実戦前には必ずチェック! メニュー画面左下には「現在の総遊技数」と「総遊技数」が表示されていますが、見るべき部分は 「現在の総遊技数」です。 やめどき やめどきに関しては、 ART終了後の前兆がないことと、高確非滞在を確認してからやめということで。 シリーズお馴染みの「弾正屋敷」はバジリスク3でも高確示唆ステージとなっているため、移行した場合はしばらく様子を見ておきましょう! また、新たに追加された「計略の道」と「卍谷月下」はCZ前兆ステージとなっています。 そのほかに、周期到達示唆演出として 液晶リールのタカ玉が挙げられます。 周期到達が近づくほど液晶リールにタカ玉が出現しやすく、銀色のタカ玉の方が白色よりも期待度が高くなっています。 タカ玉が頻繁に出現するようなら、しばらく様子を見ておいた方が無難かもしれませんね。 そのため、即やめはせず、打ち慣れていない段階では多少余裕を持ってやめどきを見極めた方がいいでしょう。 やめどきに関わってくる重要な演出のみを抜き出したので、これらを確認できた場合は周期到達までは様子を見るようにしましょう。 BC後は必ず高確スタートとなるため、天井を狙えない場合でも即やめしている方はいないと思いますが、基本法則(甲賀弾正屋敷スタート)が崩れることで、 CZ前兆残り16G以下が確定するのが特徴ですね。 また、液晶上リールに銀タカ玉が1個でも出現した時点で、 周期到達まで残り32G以下が確定するため、この場合も周期到達までフォローすべきです。 立ち回りまとめ 【天井狙い目】 ・ ART間700G~ 【やめどき】 ・ART後の前兆&高確非滞在を確認後にやめ。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

%page_title%

モンキー ターン 4 やめ どき

止め打ち攻略 【5回開放時】 1. 1開放目が開いたのを確認して1発打つ 2. 2開放目が開く瞬間に1発打つ 3. 3開放目が開いたら1発打つ 4. 4開放目が開いたのを確認して1発打つ 5. 5開放目が開いたら1発打つ 【6回開放時】 1. 4開放目までは5開放時と同じ手順で消化 2. 5開放目が開く瞬間に1発打つ 3. パチンコ「真・北斗無双」の電チュー開放パターンは、5or6回開放でワンセットとなっているため、予めそれぞれの手順を把握した上で実戦していきましょう。 冒頭でも書きましたが、 電チューの返しが1発となっているため、 止め打ちによる玉増えには全く期待が持てません。 技術介入での期待値の底上げが難しい機種ではありますが、大量導入機種ということもあり、新台を大事に使ってくるホールであれば、期待値稼働で狙える可能性はあります。 単純に釘調整が甘く、よく回る台を打ちましょうということになりますが、止め打ちを駆使して玉減りを最小限に抑えましょう。 潜伏確変・小当りは一切なし パチンコ「北斗シリーズ」と言えば潜伏確変を搭載しているイメージが強いですが、「真・北斗無双」には潜伏確変もなければ小当りもありません。

次の