四 十 院 神楽

本吉太々法印神楽

「和賀の大乗神楽」は、天文3年(1534 に開基された南笹間の旧萬法院(現:笹間八幡宮)に由来すると言う。 この「好きな言葉」に対する回答であれば、「十人十色」も問題なく使えるでしょう。 宿大乗神楽と共に3月中旬に宿の火防祭で門打ち。 十二所に 鬼門封じの祈願所として、 五大明王を安置しています。

もっと

本吉太々法印神楽

若しくは指定介護療養型医療施設の運営について三年以上の経験を有すること。 14 施行• たとえば、次のような使い方ができます。 R01. 3 次のいずれにも適合すること。

もっと

京築神楽がスゴイ

の利用者に対して行われるものであること。 1256年に赤痢のため39歳で京都でなくなります。 以下この号において同じ。

もっと

人事院規則九―四〇(期末手当及び勤勉手当)

鬼門は忌み嫌われるばかりでなく逆に神々が通り、太陽が生まれる方角だから清浄を保たなければならないとも言われる。 元亀四年 正月 一日、 御湯殿上日記、 四日、千秋万歳、五日同じ 御湯殿上日記(正月四日・五日) 八日、不予 御湯殿上日記(正月八日・九日・十三日・十五日・二十四日・二月二日) この日、帥法 御湯殿上日記(正月十四日) 十一日、理性院、参内、加持祈祷 御湯殿上日記(正月十一日・十三日) 十八日、三毬打 御湯殿上日記 十九日、和を停止、不予による 御湯殿上日記(正月十九日)、言継卿記 二月 四日、降雪により当座和歌会、この日、に近侍の代官詣 御湯殿上日記 七日、薫物を調合 御湯殿上日記 この日、別殿 九日、庚申待 御湯殿上日記 十日、看経、のち数このことあり 御湯殿上日記(二月十日・十一日・十二日・三月五日・七日・十日・十一日・四月五日・十日・十一日・十二日・五月二日・五日・十一日・十二日・十六日) 十三日、、白銀を献上 御湯殿上日記(二月十三日・十四日) 十七日、、のち数このことあり 御湯殿上日記(二月十七日・三月十二日・五月八日・十三日・十四日・二十日・二十二日・二十六日) 二十日、楊弓、のち数このことあり 御湯殿上日記(二月二十日・二十九日・三月六日・八日・二十二日・二十六日・二十七日) 二十一日、貝合、のち数このことあり 御湯殿上日記(二月二十一日・三月二十四日・二十五日・四月二十六日・二十七日・五月二十六日) 二十二日、水無瀬宮法楽和歌会 御湯殿上日記 二十三日、月待 御湯殿上日記 二十五日、北野社法楽当座和歌会 御湯殿上日記 三月 三日、闘鶏 御湯殿上日記 四日、竹田法印に物を賜う 御湯殿上日記 二十日、内侍所御神楽 御湯殿上日記(三月十六日・二十日)、 二十二日、別殿 二十八日、世上物騒により小屋を設ける 御湯殿上日記(三月二十七日・二十八日) 四月 四日、参内、京中大火のゆえ 御湯殿上日記、、 六日、世上物騒により住吉社、祈念の巻数を奉る 御湯殿上日記 七日、勅使を及びに遣わし、和解せしめる 御湯殿上日記 八日、に命じて六条町より武士を撤退せしめる 御湯殿上日記 十日、庚申待 御湯殿上日記 六月 四日、 御湯殿上日記 五日、貝合 御湯殿上日記 九日、惟房をに任ず、この日惟房薨ず、よって三日間の廃朝を仰せ出す 御湯殿上日記(六月八日・九日)、 十日、看経、のち数このことあり 御湯殿上日記(六月十日・十一日・十二日・七月二日・五日・九日・十日・十一日・十二日・八月五日・十日・十一日・十二日・九月十日・十一日・十二日・十月五日・七日・十二日・十一月二日・五日・七日・十日・十二日・十二月五日) 十一日、不予、ついで平癒 御湯殿上日記(六月十一日・十二日) 二十三日、、土佐に下向により、暇乞いのため参内、謁を賜う 御湯殿上日記、 七月 七日、七夕節、和歌会、触穢により楽会は停止 御湯殿上日記 二十一日、、のことを奏す 御湯殿上日記 二十二日、この夜、、禁裏を巡視す 御湯殿上日記 二十八日、、元亀四年を改めて元年とする 御湯殿上日記(七月二十七日・二十八日・二十九日)、 元年 八月 七日、世上物騒により千巻心経の読誦 御湯殿上日記 八日、この日より二日間、小御所において祈祷のため、上乗院に不動供を行わせる 御湯殿上日記(八月八日・九日) 十八日、御霊祭 御湯殿上日記 二十日、世上物騒により諸社寺に命じて祈祷 御湯殿上日記(八月十九日・二十日) 九月 一日、昨夜、大風吹き、禁裏の諸所破損、この日、これを修理 御湯殿上日記 五日、忌み日、清涼殿にて御経供養 御湯殿上日記(八月十二日・二十四日・九月五日・六日) 九日、節、和歌会 御湯殿上日記 十二日、楊弓、のち数このことあり 御湯殿上日記(九月十二日・十六日・二十日・二十二日・十月一日・三日・十九日・二十一日・二十五日) 二十五日、北野社法楽会 御湯殿上日記 二十六日、楽始 御湯殿上日記 三十日、九月昼当座和歌会 御湯殿上日記 十月 四日、亥子の儀、二十八日おなじく 御湯殿上日記(十月四日・二十八日) 十五日、日待 御湯殿上日記 十九日、神宮法楽和歌会、この日内侍所御神楽 御湯殿上日記 二十六日、法楽和歌会、この日内侍所御神楽 御湯殿上日記(十月二十三日・二十四日・二十六日) 十一月 八日、春日社法楽会 御湯殿上日記 十四日、、物を献ず 御湯殿上日記 二十一日、法楽和歌会、この日内侍所御神楽 御湯殿上日記 十二月 五日、松の木を植える 御湯殿上日記(十二月五日・六日) 二十二日、宮准后覚恕、病あり、竹田法印を差し遣わす 御湯殿上日記(十二月二十二日・二十三日). そもそも、「座右の銘」とは、一般に、教訓や戒め、励ましなどのために常に心に留め置いている言葉を指します。 二 転換を行う直前において、療養病床を有する病院 診療報酬の算定方法 平成二十年厚生労働省告示第五十九号 の別表第一医科診療報酬点数表に規定する療養病棟入院基本料1の施設基準に適合しているものとして当該病院が地方厚生局長等に届け出た病棟、基本診療料の施設基準等の一部を改正する件 平成二十二年厚生労働省告示第七十二号 による改正前の基本診療料の施設基準等 平成二十年厚生労働省告示第六十二号。

もっと

言継卿記. 第四

「お不動さん」と言えば不動明王のイメージですね。

もっと

文化財の周知・活用(文化財一覧)|成田市

誕生したとき寅年・寅日・寅刻だったことから、幼名を三寅(みとら)と名付けられる。 獅子神楽はを参照。 「尋常一様」は、「他と違うところがなく、ごく当たり前であること」「普通であること」という意味です。

もっと

佐備神社|浪速神楽の伝承と指導

23 施行• 9月15日の二子八幡神社の祭礼、7月の北上市大乗神楽大会、8月の北上みちのく芸能まつり、8月下旬の江釣子三月田不動堂の祭礼、9月下旬日曜日の二子いもの子まつり、12月上旬の二子・更木・村崎野地区大乗神楽発表会など多彩な年間行事をこなしている。 佐備神社は第九巻に記載されております。 まもなく父・道家は失意の内に没した。 獅子は鳴き声をあげながら獅子の体内で清め吐き出す。

もっと

正親町天皇の生涯ー元亀四年正月一日〜天正元年十二月晦日

神仏の供物(米・酒・水)を権現様が祈祷し、参拝者の身体を咬み「身固め」を行う。 毎年神楽が奉納される神社例大祭 祭 典 日 神社名 所在地 1月15日 御崎神社 気仙沼市唐桑町崎浜 旧3月27日(浦祭り) 五十鈴神社 気仙沼市魚町 旧6月14日(宵宮) 八雲神社 気仙沼市赤岩平貝 旧8月15日(宵宮) 月山神社 岩手県陸前高田市気仙町 10月第3土曜日(宵宮) 古谷館八幡神社 気仙沼市松崎中瀬 11月2日(宵宮) 11月3日 賀茂神社 同上 気仙沼市唐桑町竹の袖. 国指定重要文化財の表 番号 種別・名称 内容 備考 1 【建造物】 竜正院仁王門 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:大正5年5月24日 員数:1棟 室町時代中頃の建築 2 【建造物】 旧御子神家住宅 所在地:大竹 所有者又は管理者:千葉県 指定年月日:昭和44年6月20日 員数:1棟 房総のむらへ移築復元、安永8年(1779)建立 3 【建造物】 旧学習院初等科正堂 所在地:大竹 所有者又は管理者:千葉県 指定年月日:昭和48年6月2日 員数:1棟 房総のむらへ移築復元、明治32年(1899)建立 4 【建造物】 新勝寺 ・光明堂 ・釈迦堂 ・三重塔 ・仁王門 ・額堂 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和55年5月31日 員数:5棟 ・光明堂(元禄の旧本堂、元禄14年(1701)建立) ・釈迦堂(安政の旧本堂、安政5年(1858)建立) ・三重塔(正徳2年(1712)建立) ・仁王門(文政13年(1830)建立) ・額堂(文久元年(1861)建立) 5 【彫刻】 木造不動明王及二童子像 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和39年5月28日 員数:3躯 新勝寺の本尊 6 【書跡】 住吉物語 所在地:田町 所有者又は管理者:成田山仏教図書館 指定年月日:昭和43年4月25日 員数:1帖 鎌倉時代中期の擬古物語 7 【考古資料】 南羽鳥中岫1遺跡土坑出土品 所在地:栄町 所有者又は管理者:成田市 指定年月日:平成15年5月29日 員数:一括 人頭形土製品をはじめ縄文時代前期の土器・耳飾り・垂飾品など 房総のむらにて展示 8 【史跡】 龍角寺古墳群・岩屋古墳 所在地:大竹他 所有者又は管理者:国・千葉県・栄町・成田市・個人 指定年月日:平成21年2月12日 追加指定・名称変更 岩屋古墳:昭和16年1月27日 登録有形文化財 登録有形文化財の表 番号 種別・名称 内容 備考 1 【建造物】 長興院山門 所在地:伊能 所有者又は管理者:長興院 登録年月日:平成11年7月8日 員数:1棟 木造楼門、瓦葺、建築面積22平方メートル 2 【建造物】 石橋家住宅門 所在地:久井崎 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成11年7月8日 員数:1棟 木造平屋建、瓦葺、建築面積5平方メートル 3 【建造物】 石橋家住宅南の蔵 所在地:久井崎 個人 登録年月日:平成11年7月8日 員数:1棟 土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積31平方メートル 4 【建造物】 石橋家住宅東の蔵 所在地:久井崎 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成11年7月8日 員数:1棟 土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積30平方メートル 5 【建造物】 石橋家住宅土蔵 所在地:久井崎 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成11年7月8日 員数:1棟 土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積40平方メートル 6 【建造物】 大野屋旅館 所在地:仲町 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成17年2月9日 員数:1棟 木造3階建、スレート葺、建築面積603平方メートル、望楼付 7 【建造物】 一粒丸三橋薬局店舗 所在地:仲町 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成22年1月15日 員数:1棟 土蔵造二階建、瓦葺、建築面積63平方メートル 8 【建造物】 一粒丸三橋薬局土蔵 所在地:仲町 所有者又は管理者:個人 登録年月日:平成22年1月15日 員数:1棟 土蔵造二階建、瓦葺、建築面積42平方メートル 県指定文化財 県指定文化財の表 番号 種別・名称 内容 備考 1 【建造物】 龍正院本堂 附 厨子一基 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:昭和40年4月27日 員数:1棟 元禄11年(1698)建立 2 【建造物】 旧平野家住宅 所在地:大竹 所有者又は管理者:千葉県 指定年月日:昭和47年1月28日 員数:1棟 房総のむらへ移築復元、江戸中期末の民家 3 【建造物】 龍正院銅造宝篋印塔 附 銅造棟札1枚 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:昭和54年3月2日 員数:1基 享保3年(1718)鋳造の棟札 4 【彫刻】 銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像 所在地:大竹 所有者又は管理者:円光寺 指定年月日:昭和57年4月6日 員数:3躯 延慶2年(1309)銘あり 5 【彫刻】 木造薬師如来坐像 所在地:船形 所有者又は管理者:薬師寺 指定年月日:平成4年2月28日 員数:1躯 鎌倉時代の作 6 【彫刻】 木造阿弥陀如来及び両脇侍像 所在地:冬父 所有者又は管理者:迎接寺 指定年月日:平成5年2月26日 員数:3駆 平安時代末から鎌倉時代の作 7 【彫刻】 木造金剛力士立像 所在地:船形 所有者又は管理者:薬師寺 指定年月日:平成10年3月20日 員数:2躯 鎌倉時代の作 8 【工芸】 半円方格帯変形神獣鏡 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和43年4月26日 員数:1面 下方、浅間下の通称丸塚より出土 9 【工芸】 梵鐘 所在地:土室 所有者又は管理者:祥鳳院 指定年月日:昭和44年1月10日 員数:1口 乾元2年(1303)銘あり 10 【工芸】 梵鐘 所在地:宗吾 所有者又は管理者:薬師寺 指定年月日:昭和48年3月2日 員数:1口 応長元年(1311)銘あり 11 【工芸】 梵鐘 所在地:吉岡 所有者又は管理者:大慈恩寺 指定年月日:昭和49年3月19日 員数:1口 延慶3年(1310)銘あり 12 【工芸】 鋳銅雲版 所在地:台方 所有者又は管理者:超林寺 指定年月日:昭和52年3月8日 員数:1面 応永15年(1408)銘あり 13 【工芸】 鋳造鰐口 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:昭和57年4月6日 員数:1口 永正13年(1516)銘あり 14 【古文書】 天正検地帳 ・下総国香取郡遠山庄川栗御縄水帳 ・下総国香取郡金山郷御縄打之水帳 指定年月日:昭和57年4月6日 員数:2冊 ・下総国香取郡遠山庄川栗御縄水帳 所在地:川栗 所有者又は管理者:個人 員数:1冊 ・下総国香取郡金山郷御縄打之水帳 所在地:東金山 所有者又は管理者:個人 員数:1冊 15 【考古資料】 新勝寺板石塔婆 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和34年4月24日 員数:2基 下総式板碑延元元年(1336)、明徳5年(1394)銘あり 16 【考古資料】 猫作・栗山古墳群第16号墳副葬品 所在地:高岡 所有者又は管理者:成田市(下総歴史民俗資料館) 指定年月日:平成6年2月22日 員数:一括 石枕3点、立花15点ほか 17 【歴史資料】 大慈恩寺宝物類 所在地:吉岡 所有者又は管理者:大慈恩寺 指定年月日:平成5年2月26日 員数:73点 古文書類51点、絵画19点、金銅装箱3点 18 【無形文化財】 武術 天真正伝香取神道流 所在地:下福田 所有者又は管理者:大竹利典 指定年月日:昭和60年11月29日 平成21年3月17日名称変更 19 【無形文化財】 武術 天真正伝香取神道流 所在地:下福田 所有者又は管理者:大竹信利 指定年月日:平成16年3月30日 平成21年3月17日名称変更 20 【有形民俗文化財】 迎接寺鬼舞面 附 衣装11点、 菊紋葵紋付桐箱 所在地:冬父 所有者又は管理者:迎接寺 指定年月日:昭和29年12月21日 員数:1口 21 【有形民俗文化財】 新勝寺絵馬類 ・繁馬の図(員数:1面) ・祐天上人御利生の図(員数:1面) ・暫の図(員数:1面) ・石橋の図(員数:1面) ・花雲鐘入月の図(員数:1面) ・矢の根五郎の図(員数:1面) ・市村座芝居番付の図(員数:1面) ・新発意太鼓の図(員数:1面) ・蘭陵王の図(員数:1面) ・サーカスの図(員数:1面) ・大森彦七鬼女と争うの図(員数:1面) ・夜討曾我の図(員数:1面) ・市原野の図(員数:1面) ・韓信股くぐりの図(員数:1面) ・水滸伝中の人物の図(員数:1面) ・西王母の図(員数:1面) ・火消千組の図(員数:1面) ・牧童の図(員数:1面) ・関流正統後藤政紀の算額(員数:1面) ・成田山の書額(員数:1面) ・四季混雑狂歌の額(員数:1面) ・せったい所の招牌(員数:1面) 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和38年5月4日 員数:22面 ・繁馬の図(谷文晁筆 天保2年奉納) ・祐天上人御利生の図(一勇斎国芳筆 安政3年奉納) ・暫の図(新川斎万太郎筆 文政6年奉納) ・石橋の図(歌川豊国筆 文化11年奉納) ・花雲鐘入月の図(鳥井清満筆 天保8年奉納) ・矢の根五郎の図(香蝶楼国貞筆 文政8年奉納) ・市村座芝居番付の図(鳥井清満筆 文政6年奉納) ・新発意太鼓の図(鳥井清満筆 嘉永3年奉納) ・蘭陵王の図(谷文晁筆 文政9年奉納) ・サーカスの図(陵高筆 明治35年奉納) ・大森彦七鬼女と争うの図(惺々暁斎筆 明治13年奉納) ・夜討曾我の図(一勇斎国芳筆 安政3年奉納) ・市原野の図(沖一峨筆 天保4年奉納) ・韓信股くぐりの図(長谷川雪旦筆 天保6年奉納) ・水滸伝中の人物の図(一勇斎国芳筆 天保13年奉納) ・西王母の図(波藍筆 文政7年奉納) ・火消千組の図(一勇斎国芳筆 天保4年奉納) ・牧童の図(大西椿年筆 天保9年奉納) ・関流正統後藤政紀の算額(明治2年奉納) ・成田山の書額(徹斎筆 年不明) ・四季混雑狂歌の額(宿屋飯盛一派 文政4年奉納) ・せったい所の招牌(七代目団十郎 文政4年奉納) 22 【有形民俗文化財】 成田の商業用具 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和50年12月12日 員数:100点 成田山講社定宿の看板ほか 23 【無形民俗文化財】 成田のおどり花見 所在地:成田地区 所有者又は管理者:成田おどり花見保存会 指定年月日:昭和39年4月28日 国記録選択 江戸時代より伝承された弥勒おどり 24 【無形民俗文化財】 取香の三番叟 所在地:取香 所有者又は管理者:取香三番叟保存会 指定年月日:昭和62年2月27日 毎年4月第1土曜日に演じられる 25 【史跡】 小野派一刀流流祖小野治郎右衛門忠明・二代小野治郎右衛門忠常の墓 所在地:寺台 所有者又は管理者:永興寺 指定年月日:昭和18年4月30日 小野派一刀流流祖・開祖の墓 26 【史跡】 八代玉作遺跡 所在地:玉造 所有者又は管理者:成田市 指定年月日:昭和41年12月2日 管玉を主とした古代玉作遺跡 27 【史跡】 公津原古墳群 所在地:赤坂他 所有者又は管理者:成田市他 指定年月日:平成2年3月16日 員数:40基 28 【天然記念物】 小御門神社の森 所在地:名古屋 所有者又は管理者:小御門神社 指定年月日:昭和49年3月19日 16,881平方メートル 29 【天然記念物】 麻賀多神社の森 所在地:台方 所有者又は管理者:麻賀多神社 指定年月日:昭和52年3月8日 6,386平方メートルの社叢林である 30 【有形民俗文化財】 楽満寺の子育て祈願関係資料 所在地:中里 所有者又は管理者:楽満寺 指定年月日:平成29年3月7日 ガラス絵馬、板絵馬計42点 市指定文化財 市指定文化財の表 番号 種別・名称 内容 備考 1 【建造物】 薬師堂 所在地:上町 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1棟 明暦の旧本堂 明暦元年(1655)建立 2 【建造物】 鐘楼 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1棟 元禄14年(1701)建立 3 【建造物】 一切経堂 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1棟 享保7年(1722)建立 4 【建造物】 清滝権現堂 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1棟 享保17年(1732)建立 5 【建造物】 石造多層塔 所在地:大竹 所有者又は管理者:円光寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1基 七層の石塔 応永10年(1403)銘あり 6 【建造物】 麻賀多神社本殿 所在地:台方 所有者又は管理者:麻賀多神社 指定年月日:昭和46年11月3日 員数:1棟 寛文13年(1673)建立 7 【建造物】 輪転経蔵 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和47年11月3日 員数:1棟 享保年間の建造か 8 【建造物】 龍正院宝篋印塔群 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:昭和54年3月1日 員数:11基 慶長4年(1599)から寛永11年(1634) 9 【建造物】 山王社(本殿) 所在地:奈土 所有者又は管理者:昌福寺 指定年月日:昭和49年6月25日 員数:1棟 10 【絵画】 絹本著色阿弥陀三尊来迎図 所在地:郷部 所有者又は管理者:観音堂宝物保存会 指定年月日:平成10年12月25日 員数:1幅 江戸時代初期の作 11 【彫刻】 木造阿弥陀如来坐像 所在地:土屋 所有者又は管理者:薬王寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1躯 鎌倉時代の作 12 【彫刻】 木造延命地蔵菩薩立像 所在地:幡谷 所有者又は管理者:延命院 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:1躯 鎌倉時代の作 13 【彫刻】 十一面観世音菩薩像 所在地:稲荷山 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和55年5月12日 員数:1躯 中国「唐」時代の渡来仏 14 【彫刻】 木造聖観音坐像 所在地:寺台 所有者又は管理者:永興寺 指定年月日:昭和60年2月1日 員数:1躯 応永6年(1399)銘あり 15 【彫刻】 木造観音菩薩立像 所在地:土室 所有者又は管理者:土室台郭観音様保存会 指定年月日:平成元年12月20日 員数:1躯 南北朝時代の作 16 【彫刻】 銅造十一面観音菩薩像 所在地:村田 所有者又は管理者:耕田寺 指定年月日:平成2年3月9日 員数:1躯 南北朝時代の作 17 【彫刻】 木造虚空蔵菩薩坐像 所在地:江弁須 所有者又は管理者:正蔵院 指定年月日:平成10年3月27日 員数:1躯 南北朝時代の作 18 【彫刻】 昌福寺欄間 所在地:奈土 所有者又は管理者:昌福寺 指定年月日:平成15年2月4日 員数:11面 元禄年間の作 19 【彫刻】 木造地蔵菩薩坐像 所在地:新駒井野 所有者又は管理者:高福寺 指定年月日:平成25年3月25日 員数:1躯 13世紀後半の作 20 【彫刻】 木造薬師如来坐像 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:平成26年8月26日 員数:1躯 12世紀前半の作 21 【工芸】 懸仏 所在地:大竹 所有者又は管理者:観行院 指定年月日:昭和47年11月3日 員数:1面 紀年銘なし 22 【工芸】 保目神社の懸仏 所在地:寺台 所有者又は管理者:寺台保目神社宝物保存会 指定年月日:平成13年12月4日 員数:1面 室町時代の作か 23 【書跡】 国学者鈴木雅之の著書 所在地:田町 所有者又は管理者:成田山仏教図書館 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:79点 民政要論略篇ほか 24 【書跡】 高札 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:7点 邪宗門禁止の高札ほか 25 【書跡】 版木 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:56点 幕末の歌人神山魚貫「苔清水」の版木 26 【書跡】 幡谷家文書 所在地:押畑 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和47年11月3日 員数:一括 北条氏政・氏直の文書ほか 27 【考古資料】 板石塔婆 所在地:宗吾 所有者又は管理者:東勝寺 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:2基 下総式板碑 康永元年(1342)銘あり 28 【考古資料】 平貞胤供養碑 所在地:台方 所有者又は管理者:超林寺 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:1基 観応2年(1351)銘あり 29 【考古資料】 硬玉製大勾玉 所在地:幸町 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1個 郷部出土コの字形勾玉 30 【考古資料】 金銅製経筒 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:1点 大永8年(1528)銘あり 31 【考古資料】 弥生式壺形土器 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:1点 南関東系弥生式土器 32 【考古資料】 竜角寺出土文字瓦 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:2枚 「朝布」「加刀利」のへら書あり 33 【考古資料】 八代玉作遺跡出土品 所在地:土屋 所有者又は管理者:成田山霊光館 指定年月日:昭和45年11月3日 員数:一括 管玉の製作工程を示す遺物ほか 34 【考古資料】 大和田玉作り資料 所在地:高岡 所有者又は管理者:成田市(下総歴史民俗資料館) 指定年月日:昭和54年3月1日 員数:18ケース 古墳時代中期の玉類製作工程を示す資料 35 【考古資料】 板碑群 所在地:吉岡 所有者又は管理者:大慈恩寺 指定年月日:平成2年3月9日 員数:27基 南北朝から室町時代の下総型板碑群 36 【考古資料】 南羽鳥正福寺遺跡第1地点1号墳出土埴輪 所在地:高岡 所有者又は管理者:成田市(下総歴史民俗資料館) 指定年月日:平成13年12月4日 員数:一括 ムササビ形をはじめとする形象埴輪や円筒埴輪 37 【歴史資料】 伊能図(中図) 所在地:田町 所有者又は管理者:成田山仏教図書館 指定年月日:平成8年3月19日 員数:8枚 大きいもので縦8尺6寸横4尺 小さいもので縦4尺8寸横4尺2寸 38 【有形民俗文化財】 竜台の百庚申 所在地:竜台 所有者又は管理者:竜台の百庚申保存会 指定年月日:平成6年3月15日 員数:100基 宝暦2年(1752)から安政6年(1777)銘あり 39 【有形民俗文化財】 紙本著色地蔵十王図 所在地:郷部 所有者又は管理者:観音堂宝物保存会 指定年月日:平成10年12月25日 員数:11幅 江戸時代中期の作 40 【歴史資料】 算額 所在地:中里 所有者又は管理者:楽満寺 指定年月日:平成29年7月6日 員数:1点 絵馬 41 【無形民俗文化財】 台方麻賀多神社神楽 所在地:台方・下方・船形 所有者又は管理者:麻賀多神社神楽保存会 指定年月日:昭和50年10月6日 毎年7月最終日曜日に演じられる 42 【無形民俗文化財】 北羽鳥香取神社獅子舞 所在地:北羽鳥 所有者又は管理者:北羽鳥香取神社獅子舞保存会 指定年月日:昭和50年10月6日 毎年4月第1日曜日に演じられる 43 【無形民俗文化財】 西大須賀の神楽 所在地:西大須賀 所有者又は管理者:西大須賀神楽保存会 指定年月日:平成8年12月25日 毎年4月15日・16日前の土曜日、日曜日に演じられる 八幡神社、耀窟神社で演じられる 44 【無形民俗文化財】 伊能歌舞伎 所在地:伊能 所有者又は管理者:伊能歌舞伎保存会 指定年月日:平成14年2月5日 毎年4月17日以降の日曜日に大須賀大神で演じられる 45 【史跡】 国学者鈴木雅之の墓 所在地:南羽鳥 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:1基 鈴木家累代の墓地内にあり 46 【史跡】 式内社麻賀多神社 所在地:台方・船形 所有者又は管理者:麻賀多神社 指定年月日:昭和44年11月3日 員数:2社 台方、船形の2社にあり 47 【史跡】 利生塔礎石群 所在地:吉岡 所有者又は管理者:大慈恩寺 指定年月日:昭和51年11月11日 員数:1括 元禄16年(1703)の再建利生塔礎石群 48 【史跡】 経文塚 所在地:前林 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和53年12月21日 員数:1基 享保20年(1735)の碑文あり 49 【史跡】 寺台河岸跡 所在地:寺台 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和61年11月3日 江戸時代、成田水運の要地 50 【史跡】 奈土貝塚 所在地:奈土 所有者又は管理者:個人 指定年月日:平成2年3月9日 ヤマトシジミ主体の縄文時代晩期の地点貝塚 51 【名勝】 夫婦松と芭蕉句碑 所在地:滑川 所有者又は管理者:龍正院 指定年月日:昭和62年4月21日 句碑に寛政5年(1793)の銘あり 52 【天然記念物】 来迎寺の大カヤ 所在地:松崎 所有者又は管理者:来迎寺 指定年月日:昭和46年11月3日 員数:1樹 目通り幹回り約4メートル 53 【天然記念物】 押畑の大シイ 所在地:押畑 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和46年11月3日 員数:1樹 目通り幹回り約9メートル 54 【天然記念物】 久米の大シイ 所在地:久米 所有者又は管理者:個人 指定年月日:昭和47年11月3日 員数:1樹 目通り幹回り約5メートル 55 【天然記念物】 新勝寺の大ケヤキ 所在地:成田 所有者又は管理者:新勝寺 指定年月日:昭和47年11月3日 員数:1樹 目通り幹回り約6メートル 56 【天然記念物】 水神の森 所在地:北須賀 所有者又は管理者:麻賀多神社 指定年月日:昭和58年11月3日 松の木16本の森 57 【天然記念物】 東光寺のイヌマキ 所在地:青山 所有者又は管理者:東光寺 指定年月日:昭和59年6月14日 員数:1樹 目通り幹回り約4メートル 58 【天然記念物】 船形の大シイ 所在地:船形 所有者又は管理者:薬師寺 指定年月日:平成7年4月20日 員数:1樹 目通り幹回り約6メートル 59 【天然記念物】 赤荻の大エノキ 所在地:赤荻 所有者又は管理者:成田市 指定年月日:平成23年3月1日 員数:1樹 目通り幹回り約4. 荒神は、カマドの神様として一般的だが、謂われは定かではない。 2020-12-13 09:18:06• 立て続けになくなったことから、暗殺されたのではないかという説もあるそうです。

もっと

文化財の周知・活用(文化財一覧)|成田市

例大祭は日中に行われ、屋台では勝瀬囃子保存会による囃子、神楽殿では斉藤社中の里神楽が奉納されるほか、植木市をはじめと多くの露天商が出て、大いに賑わいます。 原作で登場したよりさらに成長しており、クールで大人の色気を感じさせるになっている。 15 施行• 性格 銀時が姿を消し、とも万事屋の在り方をめぐって袂を分かったことで、かつての無邪気さは影を潜めどこか冷めたような言動をすることが多くなっている。

もっと