浮気 の 時効

慰謝料の時効とは?(慰謝料を請求された)

浮気(不貞行為)は民法上の「不法行為」に該当し、不法行為に対しては損害賠償を請求することができます。 不貞行為のせいで夫婦仲が悪化し、離婚にまで発展することもあります。 そのため、浮気が発覚し、離婚・慰謝料請求を考えているのであれば、すぐに行動することが重要です。

もっと

浮気の時効ってあるのですか?

浮気・不倫は、基本的に配偶者にバレないように隠れて行われる行為です。 3年の時効が間近な場合、急に裁判を起こせないこともあるでしょう。

もっと

浮気・不倫の時効は何年?慰謝料請求は時効で消滅する?時効は停止できる?

一時の感情に溺れることなく、上記のような代償を支払う必要がある、社会的責任を負っていることを自覚したうえで、慎重な行動をとってもらいたいものです。

もっと

不倫慰謝料の消滅時効は基本3年!?あなたの誤解を弁護士が解きます

この場合も時効は「3年」となります。 口頭で認める場合にも債務承認が成立します。 W不倫が発覚し、その後相手側ときちんと話し合いができた場合は、合意内容について必ず示談書(和解合意書)を作成してください。 既婚者男性の強い求めに応じて、やむを得ず短期間不貞関係を持ってしまった場合などは、後日、相手男性の配偶者から慰謝料請求されたときのことを考えて、慰謝料支払いに関する念書・合意書を交わしておくという方法も考えられます。

もっと

浮気の時効は3年!慰謝料請求の時効を止める方法は2つある

まずは気軽に探偵事務所に相談をしてみてはいかがでしょうか? 経験を積んだ相談員や離婚カウンセラーが無料で相談にのってくれます。

もっと

浮気・不倫の時効とは

また、不貞行為の結果、離婚となった場合には、 離婚が成立した日から3年以内なら配偶者に対して離婚の慰謝料を請求することができる。 今回は、浮気で慰謝料請求を行う際の時効について説明していきます。 浮気の時効が成立したら請求できない? 時効が成立したあとで請求された場合、請求を受けた側が「時効が成立しているため、支払いは行わない」という意思表示を行えばそれは受理されます。 また、結果保証プラン」の場合は、不貞の証拠が得られない場合は費用は一切かかりません。

もっと