ブレッド ウィナー

ブレッドウィナー 感想

2017年9月初公開 2017年9月8日にトロント国際映画祭で初上映され、11月17日にはアメリカで劇場公開が開始されました。 「この映画をどうしても、一言で語ることができない。 成人男性が同伴せずに買い物に出かけられないタリバン政権下では、パヴァーナの一家は、仕事をしたり買い物をする事もままならず途方に暮れてしまいます。 女性だけでの外出は禁じられており、一家は食料も買うことができず窮地に立たされる。

もっと

タリバン支配下、その少女は少年になった『生きのびるために』 アカデミー賞ノミネート作

現在は人気絵本「エルマーの冒険」を原作とした長編アニメーションをネットフリックスの依頼で制作中。 ある日タリバンによって拘束されてしまう。 世界のアニメーション動向に目を向けている人ならご存知だと思いますが、最近非常に勢いに乗っているスタジオです。

もっと

映画『ブレッドウィナー』オフィシャルサイト

しかし、日本は幸運なことに、先人たちの努力と先見性のおかけで、ここまでの不条理は脱することができた。

もっと

「ブレッドウィナー・生きのびるために」は社会に必要なアニメ!感想

国産はまだ何本か見たいのが残っているが。

もっと

アニメ映画『ブレッドウィナー』あらすじネタバレと感想レビュー!

タリバンの支配下に生きるパヴァーナは、父が語る物語を聞きながら成長し、市場で人々に手紙を読み書きして生計を立てる父を手伝っています。 そこで「非常に頼みとした」のが、アイルランドやカナダなどに移り住んだアフガン人たちだ。

もっと

ブレッドウィナー/生きのびるために

ある日、父親がタリバンに逮捕され、パヴァーナの人生は一変します。 結果的に、 本作はアニメーションでなければならない必然性がちゃんとあります。 そんな状況では、女性は男性に頼らずに収入を得るどころか、一人で買い物に行くことすらもままならなくなってしまう。 それに対し、もうちょっと盛り上がる箇所が欲しかったですね。

もっと

ブレッドウィナー

引用:Unicef 『ブレッドウィナー』上映会ページ. 「そうした現象は、女性より男性に価値が置かれる限り続いているだろうと思う」。

もっと

『ブレッドウィナー』 アニメで描く、11歳の少女の瞳に映るアフガニスタン:朝日新聞GLOBE+

そんなある日、父親が突然タリバンに連行されてしまう。 圧倒的な理不尽さと恐怖を前に大人たちが無力になる中、11歳の少女パヴァーナの何と勇敢だったことか。 (藤えりか) 『ブレッドウィナー』の舞台は2001年後半、タリバーン政権下の首都カブール。 実写だとその現実性を生々しく突きつけられてキツイのは当然なのですが、 本作はたとえアニメーションであってもその残酷な現実を描くことに対して一切手を緩めることはしていません。

もっと

アニメ映画『ブレッドウィナー』あらすじネタバレと感想レビュー!

女性は男性同伴でなければ、一歩も外へ出られないという慣習が当たり前の世界。

もっと