ブログ ヘッダー。 バナー画像やヘッダー画像のデザイン作成を格安依頼できるサイト

ブログのオリジナルヘッダーデザイン作成の「ブログのかお」では、ブログのオリジナルヘッダー画像作成やアメブロのスキンのカスタマイズも無料で行います。まずは無料お申込を!

ブログ ヘッダー

Cocoon(コクーン)のデフォルトのヘッダー まず、Cocoon(コクーン)の基本系のヘッダーをご覧ください。 ここから少し違うイメージができるように作っていきます。 出典:Cocoon この画面が、Cocoonの基本のヘッダー画面です。 見た目には変更しなくても良いくらいシンプルでかっこいいヘッダーです。 この中をいくつかの要素に分けて設定をしていきます。 Cocoon(コクーン)のヘッダー完成図 このページではCocoonのヘッダー周りの設定をしていきます。 すべてできればこの画像のようなヘッダーができあがるようになっています。 色番号等も添付してありますので、そのままコピペで使ってもらえばと思います。 購入特典として差し上げています。 Cocoon(コクーン)のヘッダーの基本設定 「全体」 Cocoonを使っていく上で全体的なものの設定をしておきます。 ここで設定するのはテキストです。 デフォルトでは少し大きめに見えていますので、小さくもできます。 テキスト・・・メイリオ• テキストの大きさ・・・14px 必要に応じてテキスト色の変更もここでします。 Cocoon(コクーン)のヘッダーカスタマイズ 1. 「ロゴ」 ロゴはあらかじめ作っておいてください。 大きなものでもここで調整できるようになっています。 変更箇所• ヘッダーロゴ• ヘッダーロゴサイズ 自分で作ったロゴサイズの縦横比があわないので、どちらかを入力しもう一方を空欄にしておけば適切な縦横比で表示されます。 「メニュー」 メニューをヘッダーに表示させますが、基本のメニューは設定しておいてください。 メニューの設定は、外観で変更します。 複数のメニューを作りたい場合には上部の「新しいメニューを追加しましょう」から作ります。 下の方にある位置の「ヘッダーメニュー」にチェックを入れ最後に「メニューを保存」をクリックします。 Cocoon(コクーン)のヘッダーカスタマイズ 3. ヘッダーの下に配置し、記事に興味を持ってもらう部分です。 おすすめカードの表示・・・どの範囲で表示するか設定• メニュー選択• 表示スタイル ・・・テキストをどう見せるか設定• カード余白• カードエリア左右余白 すべて設定できれば「変更をまとめて保存」をクリックします。 Cocoon(コクーン)のヘッダーカスタマイズ 5. 「アピールエリア」 ヘッダー画像の中で、説明文章や誘導ボタンなどがコンパクトに配置できる部分です。 設定次第ではすべてのページにも表示できます。 アピールエリアの表示・・・どの部分に設置するか• エリア画像• エリア背景色・・・画像があると反映されません• タイトル• メッセージ• ボタンメッセージ• ボタンリンク先• ボタンリンクの開き方• ボタン色 アピールエリア例 すべて設定すると以下の画像のようになります。 ボタンの色・・・ e95464• 「グローバルメニューの背景色」 ヘッダーの設定でグローバルメニューを設置したらその背景色の変更もできます。 必要ない場合はこの部分の設定は不要です。 グローバルメニュー背景色・・・ bed2c3 Cocoon(コクーン)のヘッダーカスタマイズ 7. 「リセット」 カスタマイズをしていて、なんとなく気に入らなかったりあまりにも変更しすぎてどこを触ったかわからなくて元に戻したい時には「リセット」できるようになっています。 無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?• 思い通りのデザインにできない• なかなか稼げない• アクセス数が増えない こんな悩みを抱えていませんか? 稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。 もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。 Wordpressの有料テーマができる5つのこと• 検索上位を目指せる• 見た目が綺麗でおしゃれになる• 機能が豊富で出来ることが多い• 会員フォームなどのサポート• 有名ブロガーも有料テーマを使っている これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。 検索上位を目指せる ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。 検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。 情報の信頼性• ユーザーへの役立つ情報であるか?• スマホ・PCなどでストレスなく使える などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。 無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。 有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。 出典:THE・THOR 3. 機能が豊富でできることが多い 今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。 過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。 会員フォーラムなどのサポート なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。 ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。 有名ブロガーも多数使用 稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。 ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。 もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。 カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。 なつ(元サラリーマンブロガー) とある芸術大学(デザイン専攻)を卒業後、大手企業に就職。 業界の大改変で人件費削減の中、残業100時間が越えた時、「社会人」を卒業しました。 独学でブログを作った時に何度も挫折した経験から、 難しい表現をせず超初心者でも理解できるようなWordpressテーマの使い方説明や、カッコいいデザインの作り方もお伝えしています。 【実績・概要】• 完全独学でブログを作りはじめる• ブログ開設半年で月収20万円越え• 瞬間最高PV:3万越え• インテリアコーディネーター資格あり• キャリアカウンセラー資格あり•

次の

【WordPress】ブログのヘッダーにアイコンを表示する方法【Font Awesome4】

ブログ ヘッダー

ブログサポート60の石黒です。 今回は、以下のような方への記事です。 はてなブログ ヘッダー画像の設定がうまくいかない!• はてなブログ ヘッダー画像スマホから うまく表示されない• はてなブログ ヘッダー画像の上下の余白が気になる はてなブログのminimalismとBrooklynという人気のデザインテーマで試した、ヘッダー画像の設置のやり方です。 他のテーマでもできるかは、試してみてください。 テーマによって微調整が必要になります。 はてなブログ ヘッダー画像を上手に表示させる設定の手順 はてなブログ ヘッダー画像の設定方法の動画も撮りました。 動画のほうが分かりやすいと思います。 下の方に動画もありますのでご覧ください。 はてなブログ ヘッダー画像おすすめの用意方法 「はてなブログ ヘッダー画像があまり気に入っていない。 オリジナルのヘッダー画像にしたい!」 でもどうやったらヘッダー画像を用意したらいいのでしょうか? がおすすめです。 とても安くヘッダー画像を作ってもらえるからです。 わたしのこちらのヘッダー画像は、ブログサポート60の「副業ブログの作り方セミナー」にきてくださった方が作ってくださいました。 ココナラでも出品されていると、おっしゃっていました。 似顔絵であれば、500円から作ってもらうことができます。 わたしのブログの表示されている似顔絵も、ココナラで作ってもらいました。 似顔絵の金額は3,000円でした。 テスト後にココナラで発注されることをおすすめします。 ココナラで、「ヘッダー画像」と検索すると作ってくれる人がたくさんでてきます。 会員登録はもちろん無料です。 >>を見てみる 無料でも比較的かんたん、キレイに、ヘッダー画像を作る方法もあります。 はてなブログ ヘッダー画像おすすめのサイズは? 「ココナラで作りたい!でも、はてなブログヘッダー画像のサイズはどうしたらいいの? 」 こんな疑問がでてきますよね! はてなブログヘッダー画像のサイズは、以下の2つどちらかにされることをおすすめします。 うまくカスタマイズができたら、発注するようにすると失敗しないですみます。 はてなブログのヘッダー画像の設定のやり方 手っ取り早くはてなブログのヘッダー画像設置をやりたいかたは、こちらの動画を見てください。 ヘッダー画像の位置が決まったら「適用」を押します。 ヘッダー画像の設置が完了!「変更を保存する」を忘れずに押してください。 でも、 スマホのレスポンシブデザイン対応の表示からうまく表示されない!」 以下の作業をすれば解決します。 でも、デザインCSSに以下のコードを貼るだけのカスタマイズで、きちんと表示されるようになるのでご安心ください。 デザインCSSにコードを貼る作業がないので楽です。 デザインCSSに以下のコードを貼ってください。 はてなブログのヘッダー画像のカスタマイズが反映されないときの対処方法 「デザインCSSに、ヘッダー画像の設定を変えるコードを入れたよ! でも、反映されない!」という方はこちらの動画を見てください。 デザインCSSに貼り付けたコードを上の方にもってくると、きちんと反映されることがあります。 ヘッダー画像だけではなく、他のカスタマイズでも同じ作業できちんと表示されたりすることがあります。 覚えておいてください。 まとめ(はてなブログのヘッダー画像の設定) ヘッダー画像作成で時間がかかってしまうと、「時間がもったいない」と感じてしまいますよね! サクッと終わらせてしまいましょう。 見栄えも悪くないと思います! ココナラでヘッダー画像の作成をしてもらって、オリジナルのブログを作ってください。 会員登録はもちろん無料です。 >>を見てみる ヘッダー画像の設置がおわったら、はてなブログの設定もきちんと終わらせておきましょう。 設定を変更するだけでも、アクセスが上がったりします。 損をしないためにも!.

次の

ヘッダー画像の余白をなくしスマホも美しく表示させる【はてなブログ】

ブログ ヘッダー

ヘッダーはブログの顔であり、ブログ全体のイメージに大きな影響を及ぼすものです。 いくらサイトの中身やコンテンツの質が良くても、ヘッダーがイマイチなら「このサイトは信頼できなさそう」と思われてしまうリスクも。 ブログ訪問者にちゃんと価値提供するためには、記事の内容だけでなく、ブログのデザインも力を入れていくべきですが、「カッコよくてオシャレなヘッダーを作る」のってデザインとかをやったことがない人やブログ初心者にとっては、とてもハードルが高く感じられますよね。 僕自身もデザインの専門的な勉強は一切やったことがなかったので、最初はヘッダー画像を作るのにとても苦労しましたが、ちょっとしたコツを覚えたり、使える無料ツールと出会ってからは、一人でも簡単にいい感じのヘッダーを作れるようになりました。 この記事では、 無料で、できるだけ簡単に、カッコいいブログヘッダー画像を作る方法 を紹介していきます。 ぜひ参考にしてください。 良いブログヘッダーの条件とは? 人によってヘッダーを見る際に意識するポイントは違うかもしれませんが、マーケティングやブランディングの視点から考える「良いブログヘッダーの条件」は以下の通りです。 ブログの内容がわかりやすいこと• デザインの見た目がいいこと• サイトの世界観が体現されていること それでは順番に見ていきましょう。 ブログの内容やテーマ、コンセプトがわかりやすいこと ただカッコよかったり綺麗だったり見栄えが良いだけでは、ブログのヘッダーとしては不十分です。 好ましいのは「このブログではどういう内容のコンテンツを発信しているのか」がパッと見ただけでわかるようなヘッダーです。 もちろん、ブログ運営の目的意識によってもこの辺りの考え方は変わってきます。 ただ、届けたいターゲット(ブログを読んでほしい人)やブログに書いていく内容が決まっているのなら、ヘッダーを見ただけで 「このサイトはどんな人のためにどんな内容の情報を発信しているのか」がわかりやすい方がいいでしょう。 そうすることで、 ユーザーの滞在時間が長くなったり、1つの記事だけじゃなく、他の記事も巡回して見てもらえて、SEO的な評価も高まる可能性も上がります。 基本的にブログ読者は「知りたいことや調べたいこと」があって検索をしてブログに到達します。 そんな時、目に飛び込んできたヘッダーを見て「このサイトは私が求めている情報がたくさんありそうだ!」と思ってもらうことができれば、もっと他の記事も見てもらいやすくなります。 デザインの見た目がイケてること とは言え「デザインのカッコよさ」とか「オシャレさ」がいらないかというと僕はそうは思いません。 人は 「感覚で好きになり、好きという感情を理屈で脳に納得させる生き物」だと言われているので、パッと見たときに「なんかカッコいい…!」と思われるのか「うわ…ダサい…」と思われるのかって、ブログをちゃんと読んでもらいファンになってもらう上では、かなり重要になってくるわけですね。 ダサいデザインのブログをブックマークしたいと思えるか。 ダサいデザインのブログ記事をSNSでシェアしたいと思えるか。 そう考えると、とてもわかりやすいかと思います。 この辺は「センス」と言ってしまえばそれまでですが、元々デザインについてのインプットが少ない状態では「どんなデザインがカッコいいか」の感覚を持つことはできません。 まずはとにかく色んな人のブログを見て、ヘッダーなどのデザインに触れる回数を増やしてあげるといいですね。 ブログの世界観が体現されていること じゃあ「一目見ただけで内容がわかって、かつデザインがイケてればそれでいいのか」と言うと、それだけでは不十分で、もう1つ気にした方がいいことがあります。 それは 「そのデザインが自分(or サイト全体)のブランドにふさわしいかどうか」ってこと。 例えば、ミュージシャンを例に出して考えてみると、『X JAPAN』と『ゆず』ってどちらも日本中に知らない人がいないようなトップアーティストですが、それぞれキャラクターやイメージって全然違いますよね。 これは僕のイメージですが、• X JAPAN:ビジュアル系、ハードロック、イメージカラーは黒などモノクロ、孤高のカリスマ、恍惚• ゆず:ポップで可愛らしい感じ、フォーク(or ポップス)、イメージカラーはカラフル、親しみやすい、笑顔 おそらくこんなイメージを持っている人は多いんじゃないかと思います。 ゆずがX JAPANのようなビジュアルイメージを身にまとったら違和感しかないですよね。 ヘッダーはサイトの顔と言われています。 どんな属性の読者がターゲットで、その人たちにどんな世界観のコンテンツを提供したいのかという点は、ブログ運営をしていく上で常に大事にしていきたいです。 ヘッダー画像を作る際に必要なもの ゼロからヘッダー画像を作る際に、用意すべきものはパソコンと画像編集ソフト。 それだけあれば十分です。 僕が使っている無料の画像編集ソフトは以下のとおりです。 (全部使わない可能性もあります)• デザインに慣れている人や難しいことをやりたい人は、有料の専門ソフト(Photoshopなど)を使用してもいいですが、初心者の人が簡単にそれなりのものを作りたいのであれば、まずはこれだけで十分です。 CanvaはブログのヘッダーやYouTubeのサムネイル画像、あるいはお店のポスターなどのグラフィックデザインを簡単に作成することができ、Photoscapeを使えば、画像の編集を簡単に行うことができます。 基本的なヘッダー作成はCanvaで、ヘッダーに使う画像の編集はPhotoscapeで行うのがオススメです。 また素材となる画像の探し方については「」にて紹介をしているので、ぜひ参考にしてください。 ヘッダー画像作成の流れ 僕が普段やっているようなヘッダー画像作成の流れを解説していきます。 注意 もし、画像を使わずテキストロゴだけで完結させたい場合は1〜3の手順はカットしてください。 フリーの画像素材を見つける 画像をベースとしたヘッダーを作るなら、まずは素材となる画像を用意するところから始めましょう。 あまりゴチャゴチャしていなくて、シンプルで洗練されたモノが良いですね。 画像素材は載せるだけで雰囲気が出るような、海外の素材サイトで配布されている画像がオススメです。 画像を探す用のサイトは上で記しましたが、念のためもう一度貼っておきますね。 参考: もし、画像を使わずテキストロゴだけで完結させたい場合は1〜3の手順はカットしてください。 ダウンロードした画像をPhotoscapeで表示する 先ほど紹介した無料画像編集ソフト、Photoscapeに先ほどダウンロードした画像を表示させましょう。 ここから本格的に画像を編集していきます。 必要に応じて画像を修正する 用意した画像のサイズを変えたり色合いを変えたい場合、切り抜きをしたい場合は、Photoscapeを使って画像を修正していきましょう。 この画面のように色々と機能がついていますが、全て無料で使うことができます。 全て直感的に作業ができますし、失敗したら「取り消し」ボタンをクリックすることで、1つ前に戻ることができるので初心者の方にも簡単です。 Canva内でもサイズ等の細かいことはできますし、後からまた編集をしに戻ってきてもいいので、Photoscapeで色々とやっていてもイメージがわかない場合は、とりあえず次へ行ってしまいましょう! 4. Canvaを使ってデザインとコピーの調整をする 使用する画像の編集がだいたいできたら、Canvaを使って実際にヘッダー画像に落とし込んでいきます。 「Blogバナー」や「ロゴ」等を選択すれば、目的に応じたサイズでの作成画面をCanva側が提示してくれますが、サイズはデザインに応じて微調整したくなるもの。 ここは「カスタムサイズ」を選択しましょう。 その際の「横幅」は使用するwordpressテーマに準じたサイズを指定してください。 (わからなければ使用するテーマのマニュアルを参照) 先ほどPhotoscapeに落とした画像を使って、適当に作ってみましょう。 右側に先ほどの画像を配置し、左側にはコピーを載せてみました。 これくらいのクオリティで構わないなら、5分くらいあれば余裕で作ることができます。 仮にデザインのセンスがなくても「テキスト」から「フォントの組み合わせ」を見れば、色んなパターンのロゴが表示されますし、左のサイドバーから「テンプレート」をクリックすれば、選択したサイズに合ったデザインの例を何パターンも表示してくれます。 こういうところから着想を得てヘッダーデザインを決めていくのもいいですね。 Canvaを使えば直感的な作業でカンタンに良い感じデザインを仕上げることができますし、何よりフォントの数がかなり多いのも魅力的です。 ぜひご活用ください! 5,完成したヘッダー画像をWordPressのヘッダーに反映させる 最後に、完成したヘッダー画像をWordPressのヘッダーに反映させれば完了です! やり方はWordpressのテーマによって異なるので、お使いのテーマのマニュアルをご参照ください。 もしサイズ等が合わないという場合は、Canvaの画面に戻って調整をしていきましょう。 一度方向性さえ決まってしまえば、ヘッダーを作る作業は非常に簡単なので、ぜひいろんなサイトやブログをチェックしてヘッダー画像作成の参考にしてくださいね。 プロに発注するか自分で作るか ここまでは「自分で無料でカンタンにブログのヘッダー画像を作る方法」をお話ししてきましたが、もちろんお金をかけてプロに頼んだり、等のサイトでデザイナーを探すのもアリだと思います。 実際に僕も以前のヘッダー画像は、知人や僕のWEBマーケティングのコンサルを受講されていたクライアントさんに依頼をして、お金を払って作ってもらっていました。 その時の画像がこの辺りです。 本当にクオリティが高すぎますし、自分ひとりでは絶対に作れません…! 一方で自分で作るメリットとしては、やっぱり微調整が自由にできる点が挙げられます。 (WEBマーケティングにおいては細かいテストもめっちゃ大事です) また、誰かに依頼する場合でも、一度自分で作った経験があるのとないのとでは、やっぱり依頼をする時の伝え方の精度も変わってきますよね。 なので、いずれにしても「ブログのヘッダー画像を自分で作る経験」はしておくに越したことはないですし、今回お伝えした方法で取り組めば、誰でも簡単に、そして無料でクオリティの高いヘッダー画像を作ることができます。 ぜひご参考にしていただけたら幸いです! 慶應義塾大学卒業後、一部上場のインフラ企業にて総合職として就職するも、このままの人生をあと40年続けることに疑問を感じ、PC1台で起業。 やりたいことも人に誇れる実績や強みもない状態から、ブログ集客やリストマーケティングを実践しながら学び、現在は個人法人問わず500名以上の方にコンサルティングをしたり、オンラインサロンを作って起業家志望の方向けの学び場を運営したりしています。 トレンド性の高いブログ集客や、個人ブランディングに重きを置いたリストマーケティング、コミュニティ運営全般が得意です。 このサイトを通じて、1人でも多くの人が自分らしい働き方を考えるキッカケを掴んでいただき、そして実際に行動を起こしていただけたら嬉しいです。

次の