大 糸 線 踏切 事故

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

:柏矢町駅 - 間(1. 死者7人、負傷者101人を出す大惨事となった。 なお、事故発生前の2015年12月5日に、崩壊箇所内で防護ネットの下から露岩が抜け出す、崩壊の予兆とみられる事象が発生していたが、この事象からの予測は困難であったとしている。

もっと

京急脱線事故、1人死亡33人けが 乗客約500人避難 [京急脱線事故]:朝日新聞デジタル

事故当日、列車は深川駅を定刻(12時17分)の1分遅れで発車していた。

もっと

日本の鉄道事故 (2000年以降)

も参照のこと 新潟地震による事故 [ ] 1964年(昭和39年) 13時1分ごろ により付近で跨線橋が落下し、直下にあったキハユニ17-2を直撃し車体が潰れた。 だが交通機関での集団事故死では、この熱海線の112人が疑いもなく筆頭を占めているのである。 播但線真名谷トンネル列車脱線転覆事故 [ ] 1959年(昭和34年) 4時45分ごろ - 間の真名谷トンネル北側(生野駅より長谷方約4 km)で、発行きの臨時回送上り8630列車(7両編成)が脱線転覆し、蒸気機関車 と前部3両が大破、鉄道管理局機関区所属の機関士と機関助手の2人が即死した。

もっと

日本の鉄道事故 (2000年以降)

この事故で普通列車の運転士1名が負傷した。 その後事故から40年余りが過ぎた2004年ごろに高架線が完成し、この踏切は廃止された。

もっと

電車衝突は実は警部補の車だった…愛知の東海道線脱線事故

翌44年6月30日から約1週間、たてつづけに起こった鹿児島線(現肥薩線)真幸-吉松間の線路陥没。 721 km)で、砂利を積載したダンプカーが雪道をスリップして踏切内に進入。

もっと

踏切障害事故

大分交通別大線列車埋没事故 [ ] 1961年(昭和36年) (1972年に全線廃止)で、発行き列車(電車205号)が走行中にトンネルから出た直後にに遭遇し埋没。 これらのトラブルについては、スライジングブロック(スライディングブロック)と呼ばれるエンジンの内のが破損したことが原因とみられており 、JR北海道は同型エンジンのスライジングブロックを4月に交換したばかりであったが、約3か月という短期間で再び事故が発生した。 0km が開業。 複線区間:なし(全線)• (昭和37年):千国崎仮乗降場が駅に変更され、千国駅に改称。

もっと

電車衝突は実は警部補の車だった…愛知の東海道線脱線事故

犠牲者の多くは修学旅行の高校生たちだった。 この事故の影響に加え、翌18日の午前10時すぎには、函館本線 - 間で線路に土砂が流入し、臨時特急列車が緊急停車する事故も発生 、お盆の帰省客などに大きな影響が出た。

もっと

二又トンネル爆発事故

特急かもめ米軍トレーラー衝突事故 [ ] 1958年(昭和33年) 14時03分 の南岩国 - 岩国間にある菊池踏切で、博多発京都行きの特急「」(10両編成)に米海兵隊所属の米軍人が運転するトレーラートラックが衝突。 2人が死亡、3人がけが。 その後に臨時停車させ調べたところ、ボンネットに入った亀裂の付近に、人体の一部が付着しているのが見つかった。 その後、現場付近はカーブ緩和のため経路変更が行われ、(昭和35年)に完成した。

もっと