東海 豪雨 被害

JR東海、高山本線・飯田線の「令和2年7月豪雨」による被災状況は

この地域では家屋が壊れたり流されたりする深刻な被害が出た。 今回は昭和34年の伊勢湾台風や平成12年の東海豪雨など過去の主な水害をデータからとらえ、危険性を説明します。

もっと

都市水害の東海豪雨から20年、当時から何が変わったか?(福和伸夫)

ロゴマーク 「東海豪雨20年」のロゴマークは、20の文字を1つの線で表し、水が流れるイメージとともに、東海豪雨から現在、さらに未来へ繋がっていく時間の流れを表現しています。 スマホは無く、前年にiモードが始まり、東海豪雨とほぼ同時に日本でGoogleの検索サービスが始まった時期です。 また、この事態について(現:)もJR東海に事情の説明を求めた。 しかし、雨足が強まっていく中で出発した列車は、徐行と停止を繰り返しながら遅延を拡大させ、結果的に東京駅 - の間で70本近い列車が団子状態でストップし、全面的に不通となった。

もっと

庄内川河川事務所:東海豪雨20年

浸実績図でみる洪水予報河川別要避難地区 浸水実績図は過去に水害があって、今後浸水の可能性がある地域を図にしたものです。 名古屋市は市内を大小さまざまな河川が流れ、古くから洪水や高潮など大規模な水害が発生してきました。

もっと

庄内川河川事務所:東海豪雨20年

一日も早い復興を心よりお祈り致します。 県によると、坂祝町では住宅2棟が床下浸水。 けが人はいないという。

もっと

気象災害の記録 東海豪雨

名古屋市周辺で最も浸水被害が激しかったのは、地区で、とその支流の藤川の堤防に囲まれた堤内地が水面より遥かに低い地形だったため、行き場を失った雨水が集中し、ポンプ場から天白川に排水した水が、そのまま藤川の支流の郷下川(ごうしたがわ)を逆流して、再度野並地区に流入するという悪循環を繰り返し、やがて地区の住宅の1階は完全に水没し、住居内での溺死者も発生した。 東海豪雨以降の、気象情報の進化には著しいものがあります。 名古屋市は水害が過去に何度も起こっている 濃尾平野に位置する名古屋市は、庄内川や太白川など大きな河川が流れています。

もっと

【歴史から学ぶ】名古屋市の水害の歴史と浸水実績から見る危険地域

運転再開時期は決まり次第、告知される。 このため食料品を中心にが麻痺したこと、市民の買出しが集中したことも影響して、直接的な被害を受けていない地域においてもやの棚から食料品が一時的に消える事態となった。 美濃加茂市では7人が避難準備・高齢者等避難開始の情報を受けて避難している。

もっと

東海豪雨から20年…被害を教訓に変わる対策と備え

関連記事. この災害により多数の車両が被害を受けたが、などの大半の車両は修理を受け復帰した。 *激甚災害 地震や台風などの災害が起きて人々の暮らしに大きな被害を与え、援助や支援が必要と認められると、激甚災害として指定されます。 ポンプ場も浸水して機能停止したため、水が引くまでに相当の時間を要することとなった。

もっと