環境 保全 型 農業 直接 支払 交付 金

環境保全型農業直接支払交付金(エコ農業直接支援事業)について

水面から地表面までの水深を10cm以上,幅40cm以上,長さ5m以上で10アールあたり面積が0. 新潟県で支援対象となる作物については、「新潟県特別栽培農産物認証基準値」をもとに設定しています。 取組要件• 支援対象取組を適切な栽培管理で行ったと認められた面積が支援の対象となります。 環境にも人体にも優しい農業を工夫して行うことは可能であり、都道府県市町村から支援を受けられるのであれば利用して、負担を減らしながら取り組めます。 適正な栽培管理を行った上で,子実の収穫を行わず,全ての地上部を土壌に還元すること 支援単価• 環境保全型農業を志向する他の農業者と連携して、環境保全型農業の拡大を目指す取り組みを行う農業者 他には農業協同組合を除く複数の農業者で構成される法人も対象です。

もっと

環境保全型農業直接支払交付金について

環境問題に対する関心が高まる中で、農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全に積極的に貢献していくため、化学肥料・化学合成農薬の低減に加え、より環境保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者団体等に対して支援を行い、兵庫県が推進する環境創造型農業の一層の普及を図ります。 申請額の全国合計が予算額を上回った場合、交付額が減額されることがあります。

もっと

環境保全型農業直接支払交付金について/美祢市ホームページ

令和2年6月12日まで(個別学習) 事業評価 本県では、交付金の交付状況の点検及び効果の評価を行う第三者機関を設置し、中間年評価及び最終評価を実施しました。

もっと

環境保全型農業直接支払交付金について

除草剤を使用せず,刈払い機等により畦畔を3回以上除草作業をする• GAP要件化パンフレット パンフレットは中心で山折りにし、2ページ目を中面にしてご活用ください。 各種資料(農林水産省) リンク 詳しくは、農林水産省の「環境保全型農業直接支払交付金」のページをご覧ください。 こちらは10アールあたり8,000円の交付を受けられますが、ソバなどの雑穀や飼料作物を用いている場合は10アールあたり3,000円となります。 環境保全型農業直接支払交付金の補助対象活動 10a当たり交付単価 化学肥料及び化学合成農薬の使用を地域の慣行から原則として5割以上低減する取組 以下「5割低減の取組」という。

もっと

環境保全型農業直接支払交付金

秋耕 10アール当たり800円 6 多面的機能発揮促進事業に関する計画の概要の公表について. 堆肥の施用 最大4,400円• 長期中干し 最大800円• 水稲収穫直後,耕深5cm程度の耕耘(秋耕)を実施する• 支援単価• 「農業者のグループ」とは,集落営農や環境保全型農業を推進する任意のグループ,農協の生産部会のほか,多面的機能支払や中山間地域等直接支払の対象となる活動組織を指します。 購入伝票などにより標準播種量以上に種まきを行ったことが確実と認められること• 取組要件• なお、事業を実施しない市町村もありますので、申請前に市町村農政担当課に確認してください。 申請額の全国合計が予算額を上回った場合、交付額が減額 されることがあります。

もっと

環境保全型農業直接支払交付金 : こうち農業ネット

(初年度のみ、ただし変更が生じた際は変更後の活動計画書を提出する)• 支援の対象となる取組• 交付金の紹介• 2 化学肥料、化学合成農薬を県慣行レベルから5割以上減らした取組と 堆肥の施用を組み合わせた取組• 1 堆肥の施用 土壌診断を実施した上で、主作物の栽培期間の前後のいずれかに堆肥を施用する取組 2 カバークロップ 主作物の栽培期間の前後のいずれかに緑肥等を栽培し、土壌にすき込む取組 3 リビングマルチ 主作物の畝間に麦類や牧草等を作付けた後、すき込む取組 4 草生栽培 園地に麦類や牧草等を作付けた後、すき込む取組 5 不耕起播種 ほ場の全面耕起をせずに播種を行う取組 6 長期中干し 溝切りを実施した上で14日以上の中干しを行う取組 7 秋耕 水稲の収穫後に耕うんを実施し、翌春に水稲の作付(湛水)を行う取組 8 有機農業 国際水準(有機JASの水準)に基づく有機農業の取組 9 冬期湛水管理〔地域特認取組〕 適切な取水措置、漏水防止措置を講じた上で、冬期間の水田に2ヶ月以上、水を張る取組 10 江の設置〔地域特認取組〕 水稲の本田内に栽培期間中を通じて湛水することができる江(溝)を設置する取組 11 炭の投入〔地域特認取組〕 植物を炭化して製造した炭をほ場に施用する取組 3 支援の水準 (1)支援単価 環境保全型農業直接支払交付金の支援単価は、以下のとおりです。

もっと

稲敷市環境保全型農業直接支払交付金交付要綱

土着天敵の温存利用技術 最大8,000円• 第4回 (平成28年9月13日)• 4 申請について 申請方法 申請は、国が定める様式 事業計画、営農活動計画書等 の他、申請内容に応じて添付する書類が必要です。 環境保全型農業直接支払交付金 環境保全型農業直接支払交付金 平成23年度から化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動を支援しています。 本事業を通して、1農地の炭素貯留量の増加につながる土壌管理等の営農活動を普及・推進し、国の目指す温室効果ガス排出削減目標の達成に貢献すること、2冬期湛水管理など生物多様性保全に効果の高い農業生産活動等を推進し多くの生物に生息環境を提供する田園地域・里地里山の保全を目指します。

もっと