読本 意味

戯作

『文章読本』 、1988年11月。 子供向けのものが多かったが、次第に大人向けの洒落・滑稽な内容のものが書かれるようになった。

もっと

文章読本

しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 前者は「ナショナル・リーダー」と云う米国の初等教科書、後者は神田乃武編纂の英語のリーダーの教科書で何れも大変良く使われて居ました。 草双紙と読本の間で、体裁と中身との両方に影響を与え続けたからである。

もっと

読本(とくほんとどくほん)について

曲亭馬琴『椿説弓張月』の合巻化作品• これは、「月」は一文字では「つき」ですが、「三日月」などの場合は、「づき」と成るのと同じいです。

もっと

戯作

文章の竒絶國字小説第一といはんに論なし。

もっと

国語読本

特に京伝の工夫により、口絵や造本の図案にさまざまに趣向が凝らすことが定着し、それにそった造本で制作されつづけた(水滸伝の本にあった繍像にならって登場人物などを描いた口絵を描く形式は京伝の読本『忠臣水滸伝』から定型となったと考えられている)。 印刷技術や稿料制度など出板の体制が整っていたこともあり、貸本屋を通じて流通したため多くの読者を獲得したが、大衆的で廉価な草双紙とは流布した量では比較にならないほど少ない。 曲亭馬琴『椿説弓張月』の合巻化作品• 「よみほん」と云うと全然別のものを指します。 特に三島らしい点は、文章の「格調と気品」を重んじているところである。

もっと

国語読本

京伝が『忠臣水滸傳』において、忠臣蔵の〈世界〉と『水滸傳』とを組み合わせたことに端を発した江戸読本は、確実に新鮮なものであったはずである。 これらは、みな考証によって得た情報の反映であり、その表現なのである。 緑革貼函。

もっと

江戸読本とは

…しかし町人作者を主勢力とする改革後の戯作界の主導者たる地位は動かず,黄表紙も多く書いたが,教訓的で理屈ばった内容のものが多く,やがて時の流行にも順応して,1804年 文化1 ごろからはなども書き出し,合巻の作者として活躍することになった。 おもな刊行本 [ ]• 『南総里見八犬伝』は中国の白話小説の翻案や日本の古典の参照という点では前期読本と変わるところはない。 収録作品:昭和33年3月から昭和34年1月の評論36篇。 装幀:。

もっと

「読本」の読みについて(ドクホン、トクホン どちらが多いか など知りたい)

また、同じ漢字で「よみほん」と読む場合もあります。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について. 箔押し2色。 印刷技術や稿料制度などの体制が整っていたこともあり、貸本屋を通じて流通したため多くの読者を獲得したが、大衆的で廉価な草双紙とは流布した量では比較にならないほど少ない。

もっと

読本とは

(1)太平洋戦争前まで小学校で国語の授業に使用した教科書。 「近代読者の成立」 『前田愛著作集』二巻、筑摩書房、一九八九年、初出は一九七二年。 さらに、この享受史の視点から見れば、板本の後印本のみならず近代の活字翻刻本の調査も等閑視できない。 そしてこのことは、江戸読本が盛んに考証を挿入するようになったことと、おそらく無関係ではないだろう。

もっと