枕草子 村上 の 先帝 の 御 時に

枕草子「村上の先帝の御時に」原文と現代語訳・解説・問題

あやしき賤山がつも力尽きて、薪さへ乏しくなりゆけば、頼むかたなき人は エみづからが家をこぼちて、市に出でて売る。 霙は気に入らないけれど、白い雪のまじって降るところは、面白い。

もっと

枕草子「村上の先帝の御時に」 現代語訳

いずれにせよ、今回ばかりはさすがのも脱帽。

もっと

村上の前帝の御時に

くすしがり・・・奇特に。

もっと

枕草子(第101段~第175段)

その理由は続けて書かれる「雪は」から窺えます。 すぐ前の段で、雪と月が出てきましたが、それに花がプラスされてますね。 それにかりのこ。 そのたび、公卿の家十六焼けたり。

もっと

村上の前帝の御時に

(枕草子・二月つごもりごろに) a二月つごもりごろに、風いたう吹きて空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に b主殿司来て、「かうてさぶらふ」と言へば、寄りたるに、「これ、公任の宰相殿の」とてあるを見れば、懐紙に、 少し春あるここちこそすれ とあるは、げにけふのけしきにいとよう合ひたるも、 アこれが本はいかでかつくべからむ、と思ひわづらひぬ。 「歌などよむは世の常なり。 ことわりと・・・道理であると。 すべて都のうち三分が一に及べりとぞ。

もっと

枕草子(85)村上の前帝の御時に(一八二段)

(2)この人に「朝夕の心づかひ」があると筆者が判断した理由を答えなさい。

もっと

Seek Deeply! もっと、深くへ!: 村上の先帝の御時に(枕草子)もっと深くへ !

好き好きしう、あはれなることなり」など、語り出でさせ給ふを、上も聞しめしめでさせ給ふ。 「歌なんかを詠むっていうのは、ごくごく当たり前のことだけど。

もっと