十和田 観光 電鉄

十和田観光電鉄三本木営業所

事業開始。 十和田観光電鉄線の中間地点よりやや三沢方にずれた場所に位置するが、十和田観光電鉄線では唯一列車同士の行き違いが可能な駅となっており、七百車両区の車庫も併設されていた。 での遊覧船の運航を開始した。 元は1954年東京支店製の同社モハ1201、クハ1211で、いずれも全長17. 岩手営業所(貸切専門)(岩手ナンバー)• 東病院前 - 十和田市駅 - 十和田市中央 - 十和田市現代美術館前 - 中央病院 - 南平 - 長根尻 - 深持 - 芦沢• 平日18往復、土休日16往復。

もっと

十和田観光電鉄線

一時は鉄道業だけでなく、旅館業や遊覧船事業などを行い事業を拡大していた。

もっと

十和田観光電鉄三本木営業所

住所 青森県十和田市稲生町17-3 料金 乗合バス「身体障害者手帳」「療育手帳・愛護手帳」「精神障害者保健福祉手帳」を対象とさせていただきます。 モハ3600形 モハ3603 1990年に東急から譲渡を受けた元3655。 他の3両は1981年のモハ3800形・クハ3800形導入時に代替廃車された。 無人駅。

もっと

十和田観光電鉄三本木営業所

急行青森〜浅虫〜野辺地〜七戸〜十和田市〜六戸〜百石〜八戸(八日町)線• イベント自体は車両の走行を除き、5月4日まで。 20時• 十和田観光電鉄 十和田-三沢線(電車代替バス) 十和田市中央行• 線路はほぼ南北に走り、その西側にホームが置かれている。 1月 - 浅虫海上観光を買収して陸奥湾海上観光に改称。 駅一覧 [ ] 全駅に所在。

もっと

廃線探索 十和田観光電鉄線(歩鉄の達人)

七戸案内所 - 七戸中央 - 山屋 - 町営スキー場 - 家族旅行村 七戸 - 芦沢線 [ ]• との契約を下に、「ダイエーとうてつ」として店(1985年10月開業)・三沢店(ビートルプラザ 1996年7月開業)の2店舗の運営を行う。 (平成14年)• しかし、その後のバス事業の経営悪化や同社がへの加盟を巡って、約70日間の長期を打つなどしたため、経営難に陥った。 18:25 発 18:54 着• 2010年から青森駅前案内所にて回数券・十和田 - 青森線の往復乗車券の販売を行っている。 (始)• コンビニやカフェ、病院など• 所在地:青森県青森市柳川一丁目1-1• - 青森駅前案内所を閉鎖。

もっと

元町東のバス時刻表とバス停地図|十和田観光電鉄|路線バス情報

国際東北傘下に [ ] 傘下が国際興業グループから、グループに変更となった。

もっと

十和田観光電鉄三本木営業所

それと共に電化も行われた。 七戸十和田駅 - 七戸案内所 - 東池ノ平 - 芋久保 - 洞内 - 元町東 - 十和田市現代美術館前 - 中央病院前 - 十和田市中央• 十和田観光電鉄バス 略称 十鉄(とうてつ) 本社所在地 〒034-0011 稲生町17-3 (旧 十和田市中央 内) 設立 (平成19年)12月16日 創業:(3年)(旧法人として) 事業内容 乗合バス事業 貸切バス事業 他 代表者 代表取締役社長 白石鉄右エ門 資本金 9,600万円 売上高 21億9,700万円 (2018年3月期) 従業員数 238名 (2019年2月現在) 主要株主 (株) 100. 即日受理され、十和田観光電鉄線の廃止が正式に決まる。 線路はほぼ東西に走り、ホームは線路の南側にあった。 国際興業株式会社社史編纂室編『国際興業五十年史』 国際興業株式会社、1990年。

もっと

十和田観光電鉄株式会社|東北エリア内の交通

七戸・十和田市・八戸 - 池袋・東京駅• - 特急八戸 - 十和田湖線、急行三沢 - 十和田湖線を廃止。 7200系(モハ7200形・モハ7300形) モハ7204・モハ7305 東急で使用されていた(デハ7211・デハ7259)を改造した譲受車で、に、2両が導入された。 「精神障害者保健福祉手帳」は、割引対象となりません。 8月に遠藤忠次右衛門など9名が軌道特許を取得し、古間木 - 三本木間の鉄道の開設を目的とした十和田軌道(資本金10万円)を翌年6月に設立したのが始まりである。

もっと