地域 循環 共生 社会 連携 協会

環境省_令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果について

今年度の活動内容について 【環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業】• 広島県• スウェーデン• 新潟県• 山形県• 滋賀県• SDGsの推進ともども非常に大きな課題ですが、今後合わせて取り組んでまいります。 栃木県• 土木研究所• 大阪府• 環境省は、執行団体である(一社)地域循環共生社会連携協会が、令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)に係る公募を開始したと発表した(公募期間:令和2年6月4日~8月31日17時必着)。 地域での導入の際にご参考にして下さい。 防災科学技術研究所• 事業の詳細はへ)• (2)地域コミュニティを活用した地球温暖化対策啓発事業 本補助金の対象事業は、コミュニティ放送局を運営する民間企業及び一部事務組合等の地域密着型の放送メディア が、市区町村と連携し、地域の現状を取材した番組企画・制作とその発信を通じて、地域住民の地球温暖化に対する意 識を向上させ、脱炭素社会づくりに向けた効果的かつ自発的な行動変容やライフスタイルの選択を促すことを目的に、 ほぼ通年(事業の実施期間)にわたり継続的に情報の発信を行う事業とします。

もっと

【結果公表】環境省 令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果公表

東京都港区南青山2丁目2番15号• 厚生労働省• 大分県• 国土交通省• 長野県• 高知県• 日 時:令和元年6月13日(水)14:00~17:00 場 所:マイドームおおさか 3F展示ホール(F) (開催報告や当日資料は、へ)• 宮崎県• 昨年4月に閣議決定された第五次環境基本計画において、「持続可能な開発目標(SDGs)」、「パリ協定」等の国際的潮流や環境・経済・社会の複雑化する課題を踏まえ、「地域循環共生圏」の創造が提唱されました。 神奈川県• 文部科学省• 公募対象事業は、1 地域の再エネ自給率向上を図る自立・分散型地域エネルギーシステム構築支援事業(自立・分散エネ)、2 激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業(エネルギー自給エリア)、3 温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進実証事業(温泉熱等利活用)、4 自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業(脱炭素交通)である。 経済産業省• 茨城県• 鳥取県• 高知県• 福岡県• 地域との連携や具体的な政策立案へのきっかけとなる時間を提供します。

もっと

にいがたNPO・地域づくり情報ネット

新潟県• 採択団体及び審査委員会総評については別紙1、別紙2を御参照ください。 jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。 1.事業の概要 本事業は、地方公共団体を対象に、各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって、経済合理性、持続可能性を有する地域循環型の取組を底上げし、推進していくための効果的な支援策を強化し、第五次環境基本計画(平成30年4月17日閣議決定)に謳われた地域循環共生圏の構築に資する、野心的な脱炭素社会の実現を目指す計画に必要な実現可能性調査や地域関係者との合意形成等のための協議会の開催等を行う事業に対して、当該経費の一部を補助するものです。 宮城県• 鹿児島県• 地域循環共生圏における「循環」とは、あらゆる物質が生産・流通・消費・廃棄などの経済社会活動の全段階と自然界を通じて巡り続けることとされています。

もっと

【結果公表】環境省 令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果公表

静岡県• 東京都• ・・ <平成30年度事業>• 食品安全委員会• 富山県• ・連絡なしの欠席及び開催日3営業日前から当日の欠席連絡の場合、申込代金の返金はできかねます。 地方創生関連事業を核に、うきは市のブランド形成、地域経済活性化に係る施策を中心に展開。

もっと

No.93 地域循環共生圏のまちづくり 稲城市ホームページ

島根県• 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた座談会 長野県飯田市長が座長となって環境省職員と意見交換する座談会が設けられ、私は昨年8月から参加しています。 静岡県• 実証地域の選定結果はから <令和元年度事業>• 申請フォームを表示 一般社団法人地域循環共生社会連携協会の基本情報 一般社団法人地域循環共生社会連携協会の基本情報です。

もっと

にいがたNPO・地域づくり情報ネット

京都府• 森林総合研究所• 熊本県• 2015年に締結されたパリ協定に基づき、21世紀後半には温室効果ガス排出の実質ゼロが国際的枠組みとして目指されています。 物質・材料研究機構• そのため、採択された 場合、一次公募に申請いただいた案件より交付決定を行います。 対 象 ・SDGsについては知っているが、SDGsを踏まえた行政の取組を模索している自治体職員 ・地域問題を抱え、将来何ができるか模索している自治体職員 ・地域の課題について興味がある方 ・地域循環共生圏プラットフォームに興味をお持ちの方 セミナー内容 我が国でも、世界のすべての人がより幸せになる未来づくりを目指す国際目標である SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))の考え方を活用し、環境・経済・社会の統合的向上を具体化するため、各地域が自立・分散型の社会を形成し、地域資源等を補完し支え合う「地域循環共生圏」の創造を目指すこととしています。 北海道• 一般社団法人地域循環共生社会連携協会 この法人は、地域が持つ資源を最大限活かし、世界が目指す「脱炭素・循環・共生社会」の構築に向けた取り組みを具体的に展開するもので、本年8月に設立総会が開催され、私は理事に就任しました。

もっと

一般社団法人地域循環共生社会連携協会の法人情報

導入により、地域が抱える様々な交通の課題の解決や低炭素型交通の確立が期待されます。

もっと

にいがたNPO・地域づくり情報ネット

秋田県• 京都府• 国土交通省では、この「環境・経済・社会の統合的向上」の考え方に基づき、高齢化が進む地域での地域内交通の確保や、観光資源となるような新たな観光モビリティの展開など、地域が抱える様々な交通の課題の解決と、地域での低炭素型モビリティの普及を同時に進められる「グリーンスローモビリティ」の推進を行っています。 5.問合せ先 一般社団法人地域循環共生社会連携協会 住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル6階 TEL :03(3502)0705 E-mail: 添付資料• 環境展望台• 講師紹介 岡野 隆宏 氏(環境省自然環境局自然環境整備課 温泉地保護利用推進室 室長) HP用写真(岡野様). 岡山県• 公募対象事業は、1 地域の再エネ自給率向上を図る自立・分散型地域エネルギーシステム構築支援事業(自立・分散エネ)、2 激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業(エネルギー自給エリア)、3 温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進実証事業(温泉熱等利活用)、4 自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業(脱炭素交通)である。 我が国では、この低炭素社会の実現のために、環境政策を契機に経済・地域などの諸課題の同時解決を図るような「環境・経済・社会の統合的向上」を具体化した取組が求められているところです。

もっと

環境省、令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業に係る補助事業者を公募|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

製品評価技術基盤機構• 個人賛助会員について スクロールしてご確認ください。 この循環を適正に確保するためには、物質やエネルギー等資源の投入をできる限り少なく効率化し、資源循環を進め、環境への負荷を低減しつつ地域経済循環を促すことが重要です。

もっと