Agc 横浜 テクニカル センター

AGCサンスマイル会社概要

AGC横浜テクニカルセンター(旧京浜工場)は、京浜臨海工業地帯の中核地、横浜・鶴見で1916年に操業を開始しました。 AGC 代表取締役 兼 専務執行役員CTOの平井良典氏は「AGCは1907年の創業時に板ガラスの国産化に初めて成功した後も、自動車やテレビなどの民生機器、PCやスマートフォンなどのIT機器といったリーディング産業向けにガラスをはじめとする材料を提供してきた。 複数の自動車メーカーからインテリアデザイナーなどがAOに集結した。 そこで、まずは中央研究所と先端基盤研究所に分かれていた研究開発機能を集約するために建設したのが新研究開発棟になる。

もっと

AGCが新研究開発棟でオープンイノベーションを加速、JAIDとのコラボも進行中 (1/3)

具体的には、安全中核要員やOHSMS推進員がトレーナーとなり、製造現場第一線級の従業員に対してリスクアセスメント教育を実施したほか、拠点全体でリスク低減活動に取り組み重大リスクの低減を進めています。 AGC横浜テクニカルセンターは、1998年に国内のガラス業界で初めてISO14001の認証を取得し、2004年のAGCグループ統合認証化を経て、現在、ISO14001:2015に基づいた運用管理により、サステナブルな視点での環境活動に取り組んでいます。 2019年末には、ArevoのCFRP 3Dプリンタ「AQUA」もAGC内に導入し、プロセスの開発や用途開拓などを推進。 開発中の新素材なども展示することで、課題の解決や新しい発想を生んでいきたいとしている。

もっと

自前主義から協創への転換をはかる、AGCの新研究開発棟がオープン

。 このように、オンキヨーグループでは、今後も「あらゆる生活シーンにオンキヨーを」を目指し、「音」による付加価値をご提案してまいります。 これは、燃料を酸素だけで燃焼させるので、燃焼に必要のない空気中の窒素を加熱せずに済むため、エネルギー効率が高まるとともに、NOxの発生を非常に少なくすることができます。

もっと

CFRP製造技術でカスタム自転車に参入、航空宇宙・自動車向けはAGCなどと展開 (1/2)

CFRPは既に航空機や自動車で使われているがそのほとんどは熱硬化性樹脂を母材とするタイプ。 6軸ロボットやステージ、さらに成形制御などの複雑な動きを全てプログラムするのは製造現場にとって大きな負担となるが、AI(人工知能)を活用した設計支援や、成形プログラムの自動作成をソフトウェアでサポートしている。

もっと

自前主義から協創への転換をはかる、AGCの新研究開発棟がオープン

「つなぐ場」として開設された「AO Lab. 訪れる方々のビジネス拡大や価値最大化を目指し、「つなぐ」「発想する」「ためす」をコンセプトにした施設が設置されています。 現在は一部の稼働となっており、2021年にフルオープンの予定で、最終的には1500名が働く予定である。 AGCではCFRP関連の取り組みとして、フッ素樹脂を用いた「熱可塑性炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)改良技術」などの技術開発は進めているが、戦略領域と位置付けるモビリティ分野でCFRP素材を本格導入したケースはないという。 当社Vibtoneはその中で、「つなぐ場」としてエントランスに設けられたAO Galleryのインスタレーションに搭載されました。

もっと

AGCが新研究開発棟でオープンイノベーションを加速、JAIDとのコラボも進行中 (1/3)

」は、クライアントや外部パートナーと共に3Dプリンタなどを駆使し、プロトタイプを作成し検証するための協創実験室である。 防火用の網入りガラスや視界を遮る型板ガラスを生産し続ける歴史ある工場として、100年以上にわたりお世話になっている地域の子どもたちに、素材としてのガラスを身近に感じてもらい、そのガラスをAGC横浜テクニカルセンターで作っていることを実感してもらうことを目的としています。 「これらが今後コア事業となったときの、次なる戦略事業の柱を創出することが研究開発部門の命題である」(平井氏)という。 熱中症予防セミナーを開催 2016年のAGC横浜テクニカルセンター創業100周年をきっかけに、ガラスの授業・工場見学を毎年実施しており、2019年は10月と11月に実施しました。

もっと

AGC、自前開発からの脱却

会社概要 社名 有限会社 AGCサンスマイル (AGC株式会社 特例子会社) 所在地 【本社】 〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1 【事業所】 ・鶴見事業所 :本社所在地に同じ AGC(株)AGC横浜テクニカルセンター内 ・羽沢事業所 :横浜市神奈川区羽沢町1150番地 AGC(株)中央研究所内 ・相模事業所 :神奈川県愛甲郡愛川町角田426-1 AGC(株)相模工場内 ・尼崎事業所 :兵庫県尼崎市西向島町2番地 AGC(株)関西工場尼崎事業所内 設立 2002年1月18日 (平成14年) 業務開始 2002年4月2日 (特例認定 2002年7月30日) 資本金 10,000,000円(2019年12月現在) 従業員数 約63名 役員 取締役社長 金澤 実 事業内容 清掃業務(親会社施設の清掃)・その他 関連会社 AGC株式会社. CFRPの3Dプリント(積層造形)技術、ハンドを操作し事後処理の自動化などを行うロボティクス技術、そしてこれらを一貫して支えるエンジニアリングソフトウェア技術により、CFRPの設計から製造までのシンプル化を図り、リードタイムの大幅な削減を目指していることが特徴だ。 AGCは2020年11月19日、AGC横浜テクニカルセンター(YTC)内(横浜市鶴見区)に建設していた新研究開発棟の完成を発表するともに、同研究棟内に開設した社内外の協創を加速させる協創空間「AO(アオ/AGC OPEN SQUARE)」を報道陣に公開した。

もっと

AGCが新研究開発棟でオープンイノベーションを加速、JAIDとのコラボも進行中 (1/3)

また、このマネジメントシステムの有効性を高めるために、リスクアセスメントのレベルを向上させる取り組みを行っています。 平井氏は「素材の開発は形になるまでに数十年を要する。 右手のガラス張りの建物が新研究開発棟 新研究開発棟は、横浜市鶴見区にあるAGC横浜テクニカルセンター内にオープン。

もっと

AGC、自前開発からの脱却

平井氏は「しかし、社会の変化は加速しており、自社の研究開発機能だけでそのスピードに対応するのは難しい。 ラボ内にあるガラスの溶解炉• さまざまな向きに積層が可能なために、CFRPの弱点とされるZ方向の強度を補う形で積層することができる。 新研究開発棟の投資金額は200億円。 「5年以内に何らかの事業の方向性を定め、パイロットプロジェクトを形にできるようにしたい。

もっと