Tbs 音楽 番組

過去のTBS系列番組の一覧

デスク:小川伸子• 歴史 [ ] 前史 [ ] 当時のTBSでは、前番組である『トップスターショー・歌ある限り』の視聴率が振るわなかったことから、新しい音楽番組の制作を企画することとなった。 (深夜)• 特撮 [ ] 制作(ネットチェンジに伴いTBS 系列へ変更後)• 17位は酒井法子の「GUANBARE」だったが、わずか20秒前後しか出演せず、歌唱披露すらできないまま放送終了となってしまった。

もっと

ザ・ベストテン

1982年• Aqours• ケラケラ• しかし番組制作側としては要の一人である黒柳を3週間も欠くことは大きな痛手であると考えたため、結局黒柳の旅行先である海外までスタッフを派遣し衛星生中継で黒柳を出演させた。 1978年11月16日の放送では「季節の中で」で1位を獲得した松山千春が初めて番組に中継で出演し、歌う前にテレビに出演しない理由を語った後、「テレビで歌うのはこれが最初で最後」と言い、生ギターで歌を熱唱した。 紅蓮華よりも「これは売れるのもわかる」と納得する1位だったのに、こういうところでランキングねじ曲げられるんだな。

もっと

過去のTBS系列番組の一覧

坂本冬美• スキマスイッチ• 『ザ・ベストテン』を放送した1978年 - 1989年の中から毎週ある年代を振り返る。 記号 [ ]• 海外制作作品(、)• 1月21日 - 視聴率が36. 1位は光GENJIの「地球をさがして」。 3 進行補佐として・・が担当 初回放送の前週に放送された『ザ・ベストテン前夜祭』(1978年1月12日)が黒柳・久米コンビの司会スタート。 放送地では地元をあげた盛り上がりで市長が登場するなどお祭り騒ぎとなる。

もっと

TBS新音楽番組の初回SPに嵐、ヒゲダン、三代目JSB、スノスト、乃木坂、三浦大知ら

別の週の「」で1位になった時、久米が欠席しが司会代役を務めた週には、ハート形のくす玉にの人形を添えたものがつるされたが、この時は紙テープだけ降らせて、紙吹雪は散らさなかったことがあった。 「」で1位になった時には、和洋折衷という曲のイメージから、やを紙テープ代わり、さらに風船もで作った「和風くす玉」、あるいはこの曲が通算44週目の第1位の時に小さめのくす玉を44個割って、その垂れ幕に1位になった楽曲を書き記したもの。

もっと

TBSテレビ番組一覧

(1975年3月までNET(現:テレビ朝日)系列で放送)• 4月13日、関東地区で視聴率が6. その後くす玉を割る際に中森は『ごめんなさいね』と小声で言っていた。 ほんと薄っぺらい。 また、初代男性司会者の久米については前番組に当たる『』のサブ司会を担当しており、それを含めたTBS木曜21時枠での通算司会期間は計9年7か月となる。 タイトルで敬遠してたけど、見た目以外に幼女要素は全然なくて良かった。

もっと

【9/25更新】TBSラジオ2020年秋の新番組情報!

FD:諏訪拓朗• 第5回(2015年) [ ]• 4月5日 - (TYS)ネット開始。 FTV ( - 1983年) - 斎藤知加子(現:)、• 2016-』が放送された。 AKB48• 3月31日 - 2回目の「ザ・ベストテン延長戦」を放送。 歴代司会者 [ ] は初回から最終回まで担当 担当期間(放送回数) 女性 男性 1978年1月19日(第1回) 1985年4月25日(第375回) 黒柳徹子 1・2 1985年5月2日(第376回) 1985年9月26日(第397回) (司会者輪番制 3) 1985年10月3日(第398回) 1986年9月25日(第448回) 1986年10月2日(第449回) 1989年1月5日(第565回) 2 1989年1月12日(第566回) 1989年9月28日(第603回) 2• 西野カナ• また、2部構成であった前年とは異なり本編は全ネット局で放送時間が統一された(プレ番組は除く)。

もっと

【9/25更新】TBSラジオ2020年秋の新番組情報!

4月のみ「春の秘蔵映像豪華版」と題して、歌手や視聴者のリクエストに答えて昔の映像を流すようになった。 (日6:00 - 6:45)• C-Z• が最初で最後の出演。 さらに(平成13年)にはを担当する 株式会社TBSライブを設立、番組は分社化した各社が「制作」、東京放送が「製作著作」という形になった。 (深夜)• Sexy Zone• 追っかけマン・追っかけウーマン(中継リポーター) [ ] 系列各局• 司会は、黒柳徹子と久米宏、ゲスト(サザンファン)は、、、、、。

もっと

過去のTBS系列番組の一覧

最終回まで246回と出演最多記録を伸ばした。 結局当時の制作局長の裁定でランキング方式による番組の制作が決定したが、この対立のために当初1977年10月に放送を開始する予定であった新番組は3か月スタートが遅れ、1978年1月にスタートがずれ込んだ。 9月26日 - エンディングにてが2代目司会者となることを発表、翌10月3日より就任。 miwa• 1982年• BS(毎年1月1日、へもネット)• 後日談 [ ] 雑誌『REBOOT』(ソニー・マガジンズ)Vol. 関連項目(ドラマ) [ ]• 家入レオ• そのため時間をつなぐために出演した歌手へのインタビューを長くしたり、フルコーラスで歌唱させるなどの処置を行っていた。

もっと