時事 直言

増田俊男の時事直言

これで意図的に仕組まれた株式市場バブルと新型コロナ感染バブルを演出している犯人は同一であることが分かる。 中東戦争になるとアメリカは否が応でもイスラエルを軍事支援しなくてはならなくなる。 同志社大名誉文化博士。 真の和平などどうでもいいのである。

もっと

<直言!日本と世界の未来>大阪非常事態を憂慮、医療崩壊抑止優先を―立石信雄オムロン元会長|レコードチャイナ

欧米の財閥に比べて三菱財閥がさえないのは、日本はアメリカのように好きな時に戦争が出来なくなったから。 高齢者以外には旅行を推奨しているという誤ったメッセージになりかねないと思う。 まともな討論が成立しなかった1回目の討論会とうって変わって、スムーズに進行したように思う。

もっと

<直言!日本と世界の未来>日中外相会談、課題解決へ対話努力を期待―立石信雄オムロン元会長|レコードチャイナ

の案内を出してから今日まで原稿の入稿が遅れているのには理由がある。 そうなると、全アラブ諸国を敵に回してしまい、せっかくの「客引き」が無駄になってしまう。

もっと

<直言!日本と世界の未来>米国「輝いた時代」の想い出、困難や分断克服を―立石オムロン元会長|レコードチャイナ

中東で戦争が始まると、アメリカはどうしてもイスラエルを軍事支援しなくてはならなくなり、せっかくパレスチナ独立支援をカードにアラブ諸国を友好国、協力国に引きつけているのに、米軍駐屯や兵器売込の目的達成前に彼らを敵に回してしまう。

もっと

増田俊男 プロフィール

当然イスラエルも本格的にパレスチナ侵攻をはじめることになる。 大阪は目下政府の分科会が示した6指標の大半がステージ4(感染爆発段階)に該当する状況で、重症者の数が急増。 コロナ患者への対応のため、手術が必要な他の病気の治療に影響が出始めているという。 生活に困る人々が支持したようだ。

もっと

増田俊男 プロフィール

今こそ、政府や地方自治体は、感染の急拡大を抑えるための一貫した対策を打ち出してほしい。 普通の人は、株式市場で生きていない」と反撃し、「中小企業の6分の1は倒産しつつある」と述べた。 中国に対しては「友好国と一緒に、『ルールに従わなければ代償がある』と言う必要がある」と述べ、各国と連携して対中政策に取り組むことが重要との考えを示した。 「国を閉じているわけにはいかない。

もっと

<直言!日本と世界の未来>日中外相会談、課題解決へ対話努力を期待―立石信雄オムロン元会長|レコードチャイナ

バイデン氏の外交政策は、政権に比べれば協調的でバランスを重視が期待できそうだが、行方はなお不透明だ。 山本五十六率いる大日本帝国海軍がお誂え向きに真珠湾へ向かってきたように、都合よくハイジャック連隊機がニューヨークとワシントンへ向かって来たのである。 これらの国をアメリカの「テロと戦う」を理由に米国の協力国にしたことは正に仏、ロ、中にとっては「アメリカの賭場荒らし」である。

もっと

<時事直言>陰謀!バイデン必殺

経済対策は 1 コロナ対策 2 ポストコロナ時代に向けた経済構造の転換 3 防災・減災など3つの柱からなる。 世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。 既に誤爆ばかりか6メートルのコンクリートを貫通、破壊する特殊爆弾(GBU-28)の威力顕示でアメリカに協力的なアラブ諸国の中でも反米デモが日増しに過激化している。

もっと