コロナ 葬儀 参列

新型コロナウイルス禍。お通夜は行うべき?参列しても大丈夫?

一方過剰に華美にする必要もない。 ・通常24時間以内の火葬は認められないが、その限りではない 本来であれば、24時間以内の火葬は禁止されていますが(墓地、埋葬等に関する法律第3条)厚生労働省は新型コロナウイルス感染症で亡くなったご遺体の取り扱いについて、24時間以内に火葬することを認めています。 そうしたら、その方は「私は先生のお宅に何度もお邪魔して、蔵書を何冊もいただいたから、お香典を送ろうと思う」とのこと。 開催の時期は新盆や一周忌など、通常の法事・法要の時期に合わせて行うという場合もあれば、別途日程を調整してというケースなどさまざまです。

もっと

第2回 「コロナ禍におけるお葬式の実態調査」 「自粛による最小規模の葬儀」は緊急事態宣言下のピーク時と比較して緩やかに。|株式会社 鎌倉新書のプレスリリース

10年前と比べて家族葬や火葬式といった小規模な葬儀が増えているなか、今回の新型コロナウイルスの影響により、その傾向がさらに高まっているようです。 特に画期的なことは行っておりませんが、できる手段を尽くし感染拡大を抑えております。 コロナが落ち着いたらお墓参りに行こうと思います。

もっと

コロナでお葬式はどう変わる?帰省ができない場合の対応例など徹底解説

葬儀社と相談・検討してみましょう。

もっと

コロナ禍の葬儀参列について静岡在住の祖父が亡くなり、通夜、葬式があり...

故人に宛てた贈り物をする 故人の為に気持ちを込めたものを準備し、代理人や速達などで葬儀までに届けてもらう方法です。

もっと

県外から葬儀への参列 自粛必要? 感染恐れ業者も苦慮

訃報のお知らせを受けてから早急に準備をすすめ、葬儀や告別式、法要がおこなわれる場所に届くよう手配しましょう。 準備できる予算、家族の考え方を共有してお葬式の段取りを行う必要がある。 今は家族葬が葬儀の規模としては主流になりつつありますが、このコロナ禍以前はまだまだ一般葬が多い地域もありました。

もっと

第2回 「コロナ禍におけるお葬式の実態調査」 「自粛による最小規模の葬儀」は緊急事態宣言下のピーク時と比較して緩やかに。|株式会社 鎌倉新書のプレスリリース

お葬式を執り行う場合は、遺族や葬儀社だけでなく参列者も含め以下のことを注意・確認をしておくことが大切です。 葬儀紹介業を営む「よりそう」の調査によると、今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響により「一般の参列者を呼ばない家族葬や、火葬のみでお別れをする火葬式を選ぶ人が増えた」とのこと。 故人の好物、故人に充てた手紙や折り紙、欠席者からのメッセージを寄せ書きした台紙など、故人を良く知っているからこそ送ることができる物を用意しましょう。 これに自身が現地へ向かった場合の交通費を上乗せされる方もいるが、強制ではなくお気持ちで問題はない。

もっと

コロナ第3波に対応した「新しい生活様式」の葬儀と斎場について

本来ならすぐにでも駆けつけるところではございますが、昨今の状況を鑑み、葬儀への参列をご遠慮した次第です。

もっと

コロナ対策で葬儀参列は自粛すべき?|お坊さんのいないお葬式|日本全国の葬儀場をご案内

参列できる方に香典を代理で渡してもらう方法が安全です。

もっと

<新型コロナ・現場から>焼香のみの参列 「3密」避け最低限の礼節|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

しかしながらこのような時期にご親族やご友人、会社関連の方をお呼びする、一般的なお葬式を開催することにご不安を頂いている方もいらっしゃるかと思います。 これを不要不急の事象とはとても言えないと思います。 オンライン葬儀・オンライン法要について コロナ禍で「オンライン」が一気に注目をされ、葬儀業界においても「オンライン葬儀・オンライン法要」を行うケースもございます。

もっと