ギガ らく vpn

NTT東日本、企業向けSDxサービス「ギガらくVPN」と「ギガらくスイッチ」

OEM先のパートナー企業さまとともに、新たなサービスの市場創造を図ってまいります。 設定や管理などについて、導入時は、ユーザー企業が求める設定をNTT東日本が事前設定した状態で提供。 NTT東日本は11月6日、企業向けSDxサービスである「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」を11月11日に提供開始すると発表した。

もっと

企業向け簡単マネージドサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」の提供開始について~SDxサービスで業務の効率化、管理の負担軽減を実現~

1x認証 LANポート単位にお客さまRadiusと連携した認証機能 サポート ヘルプデスク代行 (設定・トラブルサポート) スイッチ接続設定サポートや、問合せ対応等を実施するヘルプデスク機能 また、トラブル発生時はサポートセンタがクラウドから遠隔で切り分け、不具合箇所の特定を実施(年中無休9時~21時での対応) 故障対応 ギガらくスイッチ端末の故障時は、サポートセンタが代替機を送付 訪問修理オプション (有償オプション) ギガらくスイッチ端末故障時に24時間年中無休、故障箇所の切り分けと駆け付けでの故障交換を実施 お申し込みはこちら ギガらくVPNは下のボタンよりお申し込みください。 本サービスは、お客さまが求めるVPN装置(マネージド型ルーター)やスイッチ装置の設定を事前に行い、導入から運用までのサポートを一元的に行うサービスです。 ギガらくVPN、ギガらくスイッチ、ギガらくWi-Fiの一括導入により、ユーザー企業向けダッシュボード機能を使用し、各拠点におけるWi-Fiアクセスポイント装置の下部端末までの利用状況を可視化し、遠隔で確認できるという。 これにより、これまで現地で作業していたネットワーク設定等の稼動を削減することが可能です。

もっと

NTT

装置1台あたりの月額利用料は、ギガらくVPNが4500円 税別 から、ギガらくスイッチが2500円 税別 から。 構成イメージ 新サービスは、ユーザー企業が求めるVPN装置 マネージド型ルーター やスイッチ装置の設定を事前に行った上でレンタルし、導入から運用までのサポートを一元的に行うもの。

もっと

企業向け簡単マネージドサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」の提供開始について~SDxサービスで業務の効率化、管理の負担軽減を実現~

また、お客さまのIT担当者に代わり、従業員からの問合せについてもサポートセンターが対応するとしている。 また、お客さまにとっては、パートナー企業さまより様々なサービスを一元的に契約・購入できる等、より高い利便性を実現します。 トラブル対応に関しては、ネットワーク環境の状況をクラウドでリアルタイムに把握しているといい、「インターネットに接続できない」などのトラブルが発生した際も遠隔から接続状況の確認や設定変更を行う。 パートナー企業さまは、自社サービスと本サービスを組合わせ、新しいサービスを提供することが可能となります。

もっと

企業向け簡単マネージドサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」の提供開始について~SDxサービスで業務の効率化、管理の負担軽減を実現~

インターネットVPNを使用することで、ギガらくVPN設置拠点間のセキュアな通信を実現します。 NW環境の状況をクラウドでリアルタイムに把握しており、「インターネットに接続できない」等のトラブルが発生した際も遠隔から接続状況の確認や設定変更を行います。

もっと

NTT|ギガらくVPN(NTT東日本)申込受付

通常郵送での故障機器の交換も、現地訪問により対応。 予めご了承ください。

もっと

NTT

また、お客さまのIT担当者に代わり、従業員からの問合せについてもサポートセンターが対応いたします。 また、お客さま側での固定IPアドレスの取得や設定作業も不要のため、安価かつ簡易な拠点間通信を実現します。

もっと

NTT東日本、企業向けSDxサービス「ギガらくVPN」と「ギガらくスイッチ」

ギガらくスイッチの8ポート給電プランが2500円、24ポートプランが3200円。 業務で利用するSaaS等の通信を振り分け、直接インターネットに接続できるローカルブレイクアウト機能を有しているため、拠点間通信の課題であったトラフィック量の増加による速度遅延や、設備増資コストの削減を実現します。 現地工事が必要な場合も全国対応が可能なため、遠方地の拠点開設や設定変更時におけるIT担当者の管理稼動を大幅に削減することができます。 その他• 提供可能回線 インターネット接続可能な回線• 2 ホームページからのお申し込み・お問い合わせ• 業務で利用するSaaSなどの通信を振り分け、直接インターネットに接続できるローカルブレイクアウト機能を備え、拠点間通信の課題だったトラフィック量の増加による速度遅延や、設備増資コストの削減を実現するとしている。

もっと