フェア ポート コンベンション

リージ・アンド・リーフ/フェアポート・コンヴェンション 1969/12

69年7月3rd 「Unhalfbricking」リリース。 この曲のレコーディングはバンドにとって重要な転機となり、アシュリー・ハッチングスの伝統音楽への興味に火をつけ、彼はセシル・シャープ・ハウスにあるの図書館で詳細な調査を行うことになり、このテーマ次のはるかに野心的なレコーディングプロジェクトの基礎となった。 彼女は1978年に階段からの墜落事故が原因で亡くなっている。 1969年1月にリリースされたセカンド・アルバム『What We Did On Our Holidays』では、まだボブ・ディランやジョニ・ミッチェルのカヴァー曲も収録されているが、サンディが英国の伝統歌から強く影響を受けて書いた曲「Fotheringay」がアルバムのオープニングを飾り、それまでとの変化を印象づけた。

もっと

サンディ・デニーとフェアポート・コンヴェンション

本当に貯金を沢山している人からすると『使い過ぎ』なのかなぁ。 ちなみにこの時のメンバーのジェリー・ドナヒュー(Jerry Donahue)がのちに夫になる人です。 これらに加えて、パットニーのハーフ・ムーン Half Moon や、グロスター・レジャー・センター Gloucester Leisure Centre などのマイナーな場所でのニューイヤー・ギグが行われた。 そして、にも出会ったよ。

もっと

フェアポート・コンヴェンション~サンディ・デニーの加入と大きな悲しみを経て英国フォーク・ロックは始まった|ミュージックソムリエ|TAP the POP

ローランド、ペッグ、スウォーブリックの3人はアイランド・レコードとの残りの契約上の義務を果たし、もともとスウォーブリックのソロ活動であった『ゴトル・オブ・ギール Gottle O'Geer 』(1976年)をイギリスでは(フェアポート・コンヴェンションと区別できる)「フェアポート」、アメリカでは「フェアポート・フィーチャリング・デイヴ・スウォーブリック」という名前でを制作し、様々なセッション・プレイヤーを迎え、後にバンドに復帰したサイモン・ニコルがプロデュースを担当した。 ポール・ウォーレン Paul Warren - ドラム(1972年)• The Rock Family Trees, the Development and History of Rock Performers. 女の人だと思って安心してたら、 教会に誘われた。

もっと

ブリティッシュ・トラッド ① フェアポート・コンベンション(Fairport Convention)

これって忘れそうになってるから夢に見るって言う人もいますが、どうなんでしょう。 ブリティッシュ・フォークロックの発展 [ ] 1969年5月12日、のクラブ、マザーズでのギグ の帰り道、フェアポートのバンがでクラッシュした。 , 2015, Stealing Dylan from Woodstock, Medina Publishing, Surbition. 発売時の宣伝文句では「史上初の英国フォーク・ロックのLP」と謳われた。 このアルバムには8分を超える"Matty Groves"や7分以上の"Tam Lin"が収められていて、これはもうプログレの世界である。

もっと

サンディ・デニー、フェアポート・コンベンション、UKトラッド...

人夫婦のマディ・プライアとティム・ハート、人夫婦のテリー・ウッズとゲイ・ウッズと共に69年に Steeleye Spanを結成。 フェアポート・コンヴェンションの創立時のメンバー、アシュリー・ハッチングスによると、バンドの初期では、彼らは決してブリティッシュ・フォークに分類されていなかった。 今日はサンディ・(Sandy Denny について書いてみようと思います。 中世のイギリスやアイルランドではこういう音楽で祭りの日や祝い事などに歌い、踊っていたのだろう。

もっと

フェアポート・コンヴェンション: ろくろくロック夜話

ユニバーサルミュージックUICY93988 解説• と世に言われている。 、ニューポート・フォーク・フェスティバルでののエレキ・ギター使用騒動( 参照)もあり、事前にフォーク評論家の前で演奏し意見を得るなど、慎重な発表だった(著「アローン・トゥゲザー-ロックの扉を通って」)。

もっと