水質 基準 に関する 省令

水質基準に関する省令の全文・条文

水質基準及び水質検査方法等について• 十四 四塩化炭素 〇・〇〇二mg/l以下であること。 三 カドミウム及びその化合物 カドミウムの量に関して、〇・〇〇三mg/l以下であること。 2 測定の実施は、人の健康の保護に関する環境基準の関係項目については、公共用水域の水量の如何を問わずに随時、生活環境の保全に関する環境基準の関係項目については、公共用水域が通常の状態(河川にあつては低水量以上の流量がある場合、湖沼にあつては低水位以上の水位にある場合等をいうものとする。 五 セレン及びその化合物 セレンの量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。

もっと

水道水質基準

ロ 給水に関する設備を設けてイに規定する目的以外の目的のために水を供給する場合は、厚生労働省令で定めるところにより、人の健康に係る被害が生ずることを防止するための措置を講ずること。 ただし、これらの水域のうち、水質汚濁が極めて著しいため、水質の改善のための施策を総合的に講じても、この期間内における達成が困難と考えられる水域については、当面、暫定的な改善目標値を適宜設定することにより、段階的に当該水域の水質の改善を図りつつ、極力環境基準の速やかな達成を期することとする。 一 (省略) 二 貯水槽 貯湯槽を含む。 別画面で表示されます。

もっと

水質基準に関する省令

・ 給水開始前の水質検査は全項目検査及び残留塩素の検査を行うこと。 厚生科学審議会生活環境水道部会(平成18年8月4日、平成19年10月26日)において審議されました。

もっと

環境省_一律排水基準

三 カドミウム及びその化合物 カドミウムの量に関して、〇・〇〇三mg/l以下であること。 十九 トリクロロエチレン 〇・〇一mg/l以下であること。 次に続く A ベストアンサー ある町で下水道行政に携わる者です。

もっと

環境省_一律排水基準

一 一般細菌 一mlの検水で形成される集落数が一〇〇以下であること。 以下同じ。 二十三 クロロホルム 〇・〇六mg/l以下であること。 4 規制改革や公益法人改革の流れの中、水質検査についての見直しなど水道水質管理の分野においても、より合理的かつ効率的なあり方を検討すべきことが求められていること。

もっと

環境省_水質汚濁に係る環境基準

2 クリプトスポリジウム等の耐塩素性病原性微生物の問題が提起されていること。 十 シアン化物イオン及び塩化シアン シアンの量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。 三十七 マンガン及びその化合物 マンガンの量に関して、〇・〇五mg/l以下であること。 第3 環境基準の達成期間等 環境基準の達成に必要な期間およびこの期間が長期間である場合の措置は、次のとおりとする。

もっと

水質基準省令の改正等について 平成26年4月1日施行

オ 目標達成のための施策との関連に留意し、達成期間を設定すること。 三十九 カルシウム、マグネシウム等 硬度 三〇〇mg/l以下であること。 一 一般細菌 一mlの検水で形成される集落数が一〇〇以下であること。 一 受水槽の清掃を行った後、高置水槽、圧力水槽等の清掃を行うこと。

もっと

環境省_一律排水基準

このジレンマのために住民の方々には、「法律、条例で定まっていますので、なるべく早くおつなぎください。 四十六 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 三mg/l以下であること。

もっと