初穂 料

【お宮参りの初穂料】相場金額やのし袋の書き方など、知っておきたいマナーをご紹介

のし紙とは、かけ紙にのし・水引・表書きを印刷した紙のことになります。 鮑結びは両端を引っ張るとさらに強く結びつけてくれること、昔からおめでたいとされていた貝の鮑に似ていることから、お祝い全般に利用されます。 これが玉串料です。 初穂料は喜びや感謝の気持ちを表すものです。

もっと

「初穂料」とは・読み方・金額はいくらくらいか・勘定項目|地鎮祭

また、慶事用、弔事用どちらにも使えるようにリバーシブルになったものもあります。 初穂料は神様に対する感謝の気持ちを表すものなので、神道で執り行われるお葬式には不向きです。 そうなると金額も変わってきますよ。

もっと

「初穂料」とは・読み方・金額はいくらくらいか・勘定項目|地鎮祭

有力なのは、日本神話において天照大神が岩戸に隠れたときに、フトダマという神様が、枝葉が多く茂っている常葉木に鏡や玉を付けて捧げ持ったという神話によるとするものです。

もっと

神社のご祈祷で渡す初穂料とは?玉串料との違いとのし袋の書き方

しかし現代ではこうした縛りはゆるくなり、母親も含めた家族全員の行事になっています。 中袋の裏面には、自分の名前と住所を書きます。 初穂料(玉串料)を準備しましたので、どうぞ御納めください」などと言いながら初穂料を渡してください。 結婚式場内の神殿で挙式する場合には初穂料ではなく挙式料といいます。

もっと

「初穂料」など、お供えするときの表書き方について

お札を入れる向き お金の包み方ですが、基本的にはのし袋に包みます。 お寺の場合も現金を裸で渡すよりも、のし袋(金封)に包んで渡すことが好まれます。

もっと

玉串料・初穂料の勘定科目は何を使う?仕訳方法や消費税の取扱い解説│せつやる

これらはどちらもお祝いや祝福を願って執り行なわれる神事です。 のし袋が封筒タイプでない場合、上下で重なる部分ができますが、先に上を折りそのあと下を折って水引で止めるようにしましょう。 したがって、 次のような取引は、課税の対象となりません。 お札は、表側が袋の裏側を向くようにします。

もっと