佐久間 盛 政 は 柴田 勝家 の 実子 で ある か か

栃ノ木峠

その子佐内は横山長知に仕え、大坂の陣では堀田図書丸で奮戦し、白銀二枚と帷子二を賜った。 [ ] 主な人物 [ ] 鎌倉時代 [ ]• 勝家は思いやりのある人物だったのかもしれません。 信濃衆(ほか…)• 古くは栃ノ木坂または虎杖崩 いたどりくずれ 、酌子峠とも呼ばれました。

もっと

賤ヶ岳の戦い

近江浅井一族で、慶長年に今木の苗字で豊臣秀頼に仕える。 岡島一吉 尾張出身で喜三郎や帯刀左衛門と称す。

もっと

伊勝城

蒲生氏郷の家臣で、その後に利家へ仕える。 信長の上洛後、信長家臣団は勢力拡大にともない、徐々に変化をみせますが、とりわけそれが著しいのが前述の組織図における「部将」グループでした。

もっと

賤ヶ岳の戦い

柴田勝家と「清洲会議」 本能寺の変では、信長の嫡男・も二条新御所で亡き者にされています。

もっと

人物列伝 さ行

4月20日昼過ぎに大岩山攻撃を知った秀吉は、美濃大垣城より52kmの道程を、わずか5時間で引き返してきました。

もっと

第三章 家臣団の成立: 近世加賀藩と富山藩について

板津了甫 越前の堀秀政に仕え、白山に住んでいた。

もっと