年金 分割 必要 書類

年金分割の手続き方法を経験をもとに公開します。どこに行く?必要書類は? | ロハスの離婚

年金分割は、婚姻関係にある夫婦の他に事実婚の夫婦でも利用できる制度となっています。 離婚の財産分与。 戸籍謄本は,離婚前であれば夫婦が同じ戸籍に入っており,婚姻していることもわかるので,現在の戸籍謄本で十分です。

もっと

離婚時の年金分割制度とは|手続き方法・計算方法についても解説

また、原則郵送で送付されますが、離婚前で配偶者に年金分割を準備していることが知られたくないという場合は、年金事務所での窓口受取りや送付先の住所を指定することも可能です。

もっと

年金分割の手続き

夫婦間で年金分割の合意をした書面を作成します 夫婦間で年金分割の合意をした書面の作成は2パターンあります。 分割割合は年金分割情報通知書に書かれている「下限」から0. そのため、年金分割についての内容を含めた公正証書を作成する場合や、裁判所で調停を申し立てる場合、事前に年金分割情報通知書を取得しておく必要があります。 先述のとおり、公正証書があれば、請求者がひとりで年金事務所へ行って手続きをすることができます。 3、夫が合意しない場合-3号分割請求 夫が合意分割に同意しない場合には、3号分割請求ができます。

もっと

年金分割とは?離婚時の年金分割手続きの方法を詳しく解説!

相談者ご本人のお名前(ふりがな)・ご住所• 国民年金第3号被保険者加入期間証明書 事実婚の場合 事実婚(内縁)関係にあった男女でも、一方が第3号被保険者であった期間に限って3号分割ができます。 厚生年金(旧共済年金)• 請求する人(代理人を含む)の本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード、印鑑とその印鑑の印鑑登録証明書のいずれかの書類) ただし代理人が申請する場合には、代理人にかかる上記の書類の他に委任状(年金分割合意書請求用)の「ご本人(委任をする方)」欄に捺印した印鑑にかかる印鑑登録証明書が必要です。 請求日前1ヶ月以内に作成された、相手方の生存を証明できる書類(戸籍抄本など) (離婚前の事実上離婚状態であることを請求する場合)• 年金事務所に電話すれば教えてくれますが、なかなか電話がつながりません。 夫婦間の話し合いで年金分割の割合が定まらない場合には、調停などをすることもできますが、多くの判例が合意分割の年金分割の割合は2分の1とされているようですので、調停などをしたとしても2分の1となる可能性が高いのではないかと思われます。

もっと

年金分割とは?離婚時の年金分割手続きの方法を詳しく解説!

「標準報酬改定請求」の期限は,離婚成立から2年以内ですが,相手が死亡すると死亡から1ヶ月に短縮されてしまいます。 その際「分割割合」も決めなくてはなりません。 離婚成立後(離婚届提出後)にしかできないので,協力してもらえないことがある(協力を強制できず,協力を得られないときには調停をするしかない)•。

もっと

年金分割請求に必要な書類等

年金分割を明らかにできる書類(下記のいずれか)• 家裁調停のため情報通知書をとっている筈ですから、元夫の基礎年金番号は解っていますね。

もっと

離婚時の年金分割に必要な情報通知書とは? 請求手続きや流れを解説|ベリーベスト法律事務所

「標準報酬改定請求書」は,ウェブでダウンロードすることも可能()ですが,年金事務所の窓口に行って,書き方を教えてもらいながら作成して提出するのが無難です。 ご相談お問い合わせは無料です。 年金計算のルールは,複雑ですが,決まっているわけですので,自らルールにあてはめて試算することが理屈上は可能です。

もっと

年金分割請求に必要な書類等

3号分割では相手の合意が不要なので、妻(年金分割請求者)がひとりで年金事務所へ行って手続きをすることができます。 離婚トラブルで困ったときには、ひとりで抱え込まずに弁護士に相談するようお勧めします。

もっと