スルピリド 錠 50mg

医療用医薬品 : スルピリド (スルピリド錠50mg(TYK))

wc-shortcodes-posts-gutter-space-22. wc-shortcodes-collage-column-2. 高プロラクチン血症(乳汁分泌・生理不順・性欲低下など)が多い• 上記の【作用-1】が胃腸薬としての効果の記載となっています。

もっと

医療用医薬品 : スルピリド (スルピリド錠50mg(TYK))

この中で目立つものとしては、体重増加くらいでしょうか?便秘・口渇・ふらつき・眠気・吐き気・下痢・不眠はそこまで認められていませんね。 ときに眠気、めまい等があらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 ジギタリス剤 ジゴキシン ジギトキシン 等 ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐、食欲不振症状を不顕性化するおそれがある。 wc-shortcodes-collage-slider-enabled. スルピリドの副作用について詳しく知りたい方は、 をお読みください。

もっと

なぜドグマチール(スルピリド)は胃薬、うつに効果があるのか?

プロラクチン濃度の理想は15くらいといわれていますが、30を超えたら高プロラクチン血症と診断します。 栄養不良状態を伴う身体的疲弊• スルピリドの抗うつ効果としてはそこまで強くないので、症状が重くない方に使われます。 • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。

もっと

ドグマチール(スルピリド)の効果と副作用。即効性はあるが強さはマイルド

また、ごく稀に高プロラクチン血症といって、乳汁を分泌するホルモンであるプロラクチンを増やしてしまうことがあって、これは男性でも現れることがあります。 このように、スルピリドには頻度は低くても重篤な副作用のリスクがあるのですが、作用機序が他の抗精神病薬とは異なり、他の抗うつ剤に多い副作用(吐き気、便秘、眠気、離脱症状など)が少ないことから、SSRIやSNRIなどの薬では効果が得られなかった方やこれらの副作用がつらい方にオススメの薬で、デパスなどの医薬品と併用するよう処方されることもあります。 以下にあてはまる方は、• wc-shortcodes-posts-gutter-space-19. うつ病治療薬としてのドグマチール ドグマチールは元々胃腸薬ですが、その後抗うつ効果も併せ持つことがわかり、うつ病にも使用されるようになりました。

もっと

スルピリド錠50mg「サワイ」

そのため、自己判断で使用量を変えてしまうと、薬の効果が変わってしまうため、必ず医師の指示通りの量を使用するようにしましょう。 ベンザミド系は、とD 3受容体に選択性が高い。 その結果として、上記にもあるように生理不順や乳汁分泌といった副作用が起こることがあります。

もっと

医療用医薬品 : スルピリド (スルピリド錠50mg「サワイ」)

高齢者• 胃腸の病気があるわけではないけど、食欲不振がある方 <統合失調症治療薬>• ベンザミド系薬剤 メトクロプラミド チアプリド 等 フェノチアジン系薬剤 クロルプロマジン等 ブチロフェノン系薬剤 ハロペリドール等 内分泌機能異常、錐体外路症状が発現しやすくなる。 wc-shortcodes-posts-gutter-space-8. 興味や意欲が低下している方• 他にも、ソワソワして落ち着かなかったり(アカシジア)、筋肉の異常な収縮(急性ジストニア)などがみられることもあります。 胃・十二指腸潰瘍の場合スルピリドとして、通常成人1日150mg(本剤3錠)を3回に分割経口投与する。

もっと

スルピリド錠50mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

薬剤名 影響 QTを延長する薬剤 QT延長・心室性不整脈等の重篤な副作用 イミプラミン QT延長・心室性不整脈等の重篤な副作用 ピモジド QT延長・心室性不整脈等の重篤な副作用 ジギタリス剤 ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化 ジゴキシン ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化 ジギトキシン ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化 ベンザミド系薬剤 内分泌機能異常 メトクロプラミド 内分泌機能異常 チアプリド 内分泌機能異常 フェノチアジン系薬剤 内分泌機能異常 クロルプロマジン 内分泌機能異常 ブチロフェノン系製剤 内分泌機能異常 ハロペリドール 内分泌機能異常 ベンザミド系薬剤 錐体外路症状 メトクロプラミド 錐体外路症状 チアプリド 錐体外路症状 フェノチアジン系薬剤 錐体外路症状 クロルプロマジン 錐体外路症状 ブチロフェノン系製剤 錐体外路症状 ハロペリドール 錐体外路症状 中枢抑制剤 相互に中枢神経抑制作用を増強 バルビツール酸誘導体 相互に中枢神経抑制作用を増強 麻酔剤 相互に中枢神経抑制作用を増強 エタノール摂取 相互に中枢神経抑制作用を増強 ドパミン作動薬 相互に作用を減弱 レボドパ 相互に作用を減弱 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

もっと