伊藤 君子

Kimiko : 伊藤君子

』もまた、津軽弁の魅力が存分に表現された作品となった。 香川県小豆島生まれ。 外部リンク [編集 ]• 「かっぺいさんに津軽弁の訳詩をお願いしたんですけど、書き上がった段階でメロディにちゃんと乗るかどうか、細かくチェックしてもらったんです。

もっと

Kimiko Itoh official WEB

ジャズ・ヴォーカリストとして確固たる地位を築いた伊藤君子は以降、アルバム、コンサート、海外のジャズフェスティバル、テレビ・ラジオ番組、ライブハウスと幅広い演奏活動を続け、スイングジャーナル誌の人気投票では1988〜96年の女性ヴォーカリスト部門第1位を獲得した。

もっと

津軽弁ジャズ〜ジャズだべ!ジャズださ!

元の言葉をどれぐらい残しておくか、そこも難しいところで」 ゲストには 佐藤竹善や津軽三味線奏者の 上妻宏光が参加。 その後、ニューヨークのジャズクラブへの出演。

もっと

伊藤君子が津軽弁でスタンダードを歌う〈津軽弁ジャズ〉、佐藤竹善や上妻宏光ら迎えたアルバム第2弾を語る

2004年、監督の映画『』主題歌を歌い話題となる。 伊藤は瀬戸内海の小島、小豆島の出身。 2000年 『KIMIKO』• 2000年 『KIMIKO』• 2004年には、再度、小曽根真をプロデューサーに迎え、ビッグ・バンド ノー・ネーム・ホーセズ との共演アルバム『一度恋をしたら』を発表。

もっと

Kimiko : 伊藤君子

津軽弁というととりわけ田舎臭い方言の代名詞のように捉えられがちだが、伊藤が取り組むのは決して冗談めかした企画アルバムなどではない。 2007年には津軽弁でジャズを歌ったミニ・アルバム『津軽弁ジャズ〜ジャズだが?ジャズだじゃ!』を発表するなど、新しい挑戦を続けている。 この項目は、に関連した です。

もっと

Kimiko Itoh official WEB

音楽 [編集 ]• 映画のサウンド・トラックのようなドラマティックなアレンジと演奏が素晴らしいアルバム。 小曽根真が結成していたトリオのメンバー、北川潔、クラレンス・ペンも参加。 また全篇に渡り各ミュージシャンのバックアップが素晴らしい。 作曲の第2楽章に歌詞を付けたもの。

もっと

Kimiko Itoh official WEB

、ポップ演歌歌手としてデビューする。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 《ラスト・ダンスは私に》《この素晴らしき世界》などが津軽弁で歌われていくが、一瞬どこの言語だか分からないような不思議な響きがあり、それが新鮮な驚きとなってこちらに迫ってくるのである。 作曲の第2楽章に歌詞を付けたもの。

もっと

Kimiko Itoh official WEB

、ポップ演歌歌手としてデビューする。 1986年 『ア・タッチ・オブ・ラブ A TOUCH OF LOVE 』• その後、ジャズピアニストとの出会いをきっかけに、ジャズシンガーの道へ進みより半年間に滞在しクラブ「サットンズ」に出演した。

もっと

KIMIKO ITOH

公演には最近の作品でアレンジを務める宮本貴奈のトリオがバックを務めるのに加え、人気チェリストの溝口肇が特別ゲストとして参加。

もっと