ポル ポト派

虐殺、拷問、内戦・・・カンボジアの闇の歴史ポルポト政権時代とは?

「昔かわいがっていた子どもたちと会えるのは本当に幸せだ」。

もっと

ポルポトと幹部たちのその後

1975年、ベトナム戦争におけるアメリカの敗退を受けてインドシナ全域を席巻 せっけん した革命機運の高まりのなかに、ついにクメール・ルージュはロン・ノル政権を打倒して首都プノンペンを軍事制圧した。 和平交渉では、ポル=ポト派の扱いが最もするどい対立点となったが、最終的にはポル=ポト派も合意するという形で決着した。 ポルポト大虐殺について、 2chでも意見が交換されることがあった。

もっと

「規律を破らない私」の残虐性

これらの出来事が起こってからまだ30年弱。 文字も読めない、 医療を習って数ヵ月の子供に、 医師の真似事をさせたのだ。

もっと

02 カンボジア編

これでカンボジア紛争が終結したわけではなく、局地化はしたものの国内的には依然として深刻な対立が残されていた。 そう、それほどポルポトの時代は酷かったのだ。

もっと

ポルポト政権とカンボジア大虐殺|クメールルージュによる残忍な過去

であり、最高刑はである。 その日、少女の母と3才の弟は、20人ほどの村人とともに連行され、泥の中にひざまずかされた。

もっと

ポル・ポト

パリ留学中に発行されていた内部機関紙の1952年8月号に寄稿した際のペンネーム。 ベトナムのカンボジア撤退 1989年9月、ベトナム軍はソ連の援助が終わると負担となっていたカンボジアから撤退した。 それがとても嬉しい」と話す。 そしてクメールルージュ。

もっと

ポル・ポト派に関するトピックス:朝日新聞デジタル

参列したのは、妹と思われる女性ら数人だけだった。 関連書籍 [ ]• ポル・ポト自身は、にヌオン・チアに代わって副書記に選出されたと主張している。 この時、まもなく、空前絶後の大虐殺が始まることになろうとは、誰が予想し得たであろうか? トラックに乗ってプノンペンに入城してきたクメール・ルージュの兵士 この日、彼らは、トラックに乗って首都プノンペンに入って来た。

もっと