Abc マント

ゾンド・ゲー

ビーム・ザンバー 左腰にマウントされる粒子加速式の高出力ビームサーベル。

もっと

RG クロスボーンガンダム X1 塗装編

しかし、ザビーネが木星帝国へ寝返る 特殊戦闘艦ジビアへ着艦する 際には乗機はマントを羽織っていた状態だった為、その時の貴重な一枚という解釈も一応出来なくはない。 F99は本体とフレームにF97(クロスボーン・ガンダムおよびフリント)のパーツを流用し75%が共通となっている。 バーニアはそれぞれ独立可動します。

もっと

パーツ派生合成(盾・シールド)

後腰部の左右のアーマーにスクリュー・ウェッブのグリップが格納されの部分を引き出して使用する。 空は飛べないが、基本性能が高く宇宙と地上の適正は最高ランクのA。 これはサナリィの純正装備ではなく、クロスボーン・バンガードがあり合わせのパーツで作り上げた急造品である。

もっと

ゾンド・ゲー

キンケドゥ機はトビア機と比べてビーム・ザンバーの攻撃力が+200、ピーコック・スマッシャーの攻撃力が+300となっている。 フェイスオープンも差し替え無しで再現。

もっと

RG クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

死の旋風隊所属のMS、の武器、スネークハンドに対抗するため、の技師長によって考案・作成された。 特殊射撃:2発目投擲の際に銃口補正がかかり直すように。

もっと

ガンオン攻略 : クロスボーン・ガンダムX

パイロットは。 『』ではビーム砲身を展開し2回射撃後ランダムシュート、トドメ演出では接近してビーム・ザンバーで一閃後機体カットインの後砲身を合わせて射撃する。

もっと

ABCマント

ヒートダガーを投げるシーンや、 ブラインドマーカーでの攻撃シーンなど、武装類が多彩なので、様々なポージングが再現可能です。 パーツによって細かく造形され、合わせ目が出来ないようになっています。

もっと

クロスボーン・ガンダムX1改

『ゴースト』で明かされたフルクロスの設定から、元々はフルクロスの原型に組み込む為の小型Iフィールドジェネレーターの技術をMSに転用した実験兵装だと考えられ、制限時間などもその為だと思われる。 それでもなお、近接戦特化MSとして生み出されたその機動性は、宇宙世紀0153年でも一線級のレベルを保ってはいる。 と画像サイズをあわせて。 ランナーの都合で太ももや手甲などのパーツが余ります。

もっと