ポン ジュノ

ポン・ジュノのおすすめ映画作品ランキング!パラサイト以外のヒット作は?

キャストだけはやけに豪華なものの、それぞれを上手く生かし切れていないのも残念です。 また、本作を21世紀最高のとしている。 それは、事件の真犯人がまだこの村で生きているという事実であった。

もっと

ポン・ジュノが選ぶ2010年代の映画5本 : 映画ニュース

(最高賞)• また、少しマニアックな映画(悪く言うとB級臭の漂う)を撮るという印象のポンジュノ監督作品が、アメリカの映画祭でアカデミー賞を取ったという事は、歴史的な快挙を果たしたと言っていい出来事なのです。

もっと

ポン・ジュノ おすすめランキングTOP10【人気作、代表作】

1969年9月14日生まれの韓国人監督・脚本家で、韓国を代表する監督の一人です。 ポンジュノ監督アカデミー賞2部門受賞について世間の反応は? それではアカデミー賞2部門を受賞したポンジュノ監督について世間の反応を見てみましょう。 保守政権時代のブラックリスト被害 [ ]• この映画の商業的な成功は、その制作会社の1つであるサイダス・ピクチャーズをの危機から救ったとされている。 楽天のお得商品お見逃しなく! 韓国の映画監督と聞いてパッと思い浮かぶ人は誰でしょうか? 長年韓国作品に触れてきている人なら、「嘆きのピエタ」のキム・ギドク、「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク、「オアシス」のイ・チャンドンといった世界の映画祭でもお馴染みの方や、韓国映画ブームの火付け役「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンなどの名前が挙げられるでしょうが、そんな中でも今一番評価が高いのが〈ポン・ジュノ監督〉です。

もっと

ポンジュノ監督『パラサイト 』がアカデミー監督賞など4冠受賞・感動のスピーチとは?

。 ポン・ジュノのおすすめ映画作品6選 マジで泣いている。 2019年のカンヌ国際映画祭で、『パラサイト 半地下の家族』が韓国映画として初のパルム・ドール 最高賞 を受賞しました。

もっと

ポン・ジュノが選ぶ2010年代の映画5本 : 映画ニュース

オリエント・エクスプレス賞• 第25回ブリュッセルファンタスティック国際映画祭大鴉賞• 男の存在を認めるやいなや…判決が下されようとしている。 『殺人の追憶』や『スノーピアサー』などでポン・ジュノ作品常連のソン・ガンホが、本作で4度目の主演を務めています。 フィルモグラフィー [ ]• 走るノアの方舟「スノーピアサー」の中で繰り広げられる階級闘争に引き込まれ、氷の世界となった地球の映像に息を呑みます。

もっと

「パラサイト」がアカデミー賞を受賞できた理由

com ニュース]フランスの映画情報誌Premiereが、2019年末に「2010年代の映画」を特集。

もっと

ポン・ジュノ映画一覧 ジャンルも国境も超える韓国の名監督

その間にまた事件が起こるのではないかと焦燥を抱きつつ、ソ刑事はヒョンギュを24時間していた。 陰惨な殺人事件とふたりの刑事の軽妙なやりとり、オフビートなノリが絶妙に絡み合い、唯一無二の魅力を放つ。 脚本:ポン・ジュノ、シム・ソンボ• 彼女は被害に遭いながらも唯一命を取り留めた女性だった。 配給:• 「」(監督/2017) 傑作です。

もっと

ポン・ジュノ

でも観客動員数1000万人を突破し、ではとしての興業収入記録が『』を抜き、一位となった。

もっと

ポン・ジュノ監督『パラサイト』に是枝裕和、西川美和、川村元気らが賛辞

『ゾディアック』ぽさもどんどん出てきます。 映画の国内公開が終わるまでに、510万人以上を動員した。 いや、願いがかなったというほうが正しいだろう。

もっと