花崗岩 メルカリ

「新型コロナウイルスに花崗岩が効く!」デマはどのように拡散したのか? 効くと思われた理由とは?(篠原修司)

マグマ説(火成岩説) 花崗岩は、玄武岩質マグマの地殻内での結晶分化作用により形成された流紋岩質マグマ、あるいは玄武岩質マグマが周囲の壁岩(一般に堆積岩等から成る)を溶融して形成された流紋岩質マグマが地上へ出ることなくゆっくりと冷却されてできるという説。

もっと

【笑】「花崗岩から出る紫外線・放射線がウイルスを死滅させる!」→デマで石が高く売れる

ただ、不安に思っている人が騙されるのは良くないので、いま起きている事例から花崗岩を持っていても新型コロナウイルスへの対策にならないことを紹介します。 今回の風説が流れたことについて、「ガンマ線などの放射線照射が一部のウィルスの不活性化に有効であるという話と、花崗岩には(微量だけども)放射性元素が含まれているということを組み合わせて、かなり都合よく解釈した結果、流れたのかもしれません」という大藤教授は、個人的な見解として「ウィルスの不活性化に一般的に用いられているアルコールや紫外線による対策の方が、今回の新型コロナウィルス対策としてもよっぽど有効かと思います」と付け加えて、根拠のない風説に踊らされることのないように呼びかけています。 デジコプは「やる気も引き出す優秀な道具」だということも再認識です。

もっと

花崗岩がコロナに効くというデマが!誰がネタ元?メルカリで高額出品!

川辺の石が売れる時代へwもはや末期じゃんww」 などの声があがりました。 もしかしたら世界を救ったとして ノーベル平和賞ものでしょう。 その理由は、今ネット上に躍る言葉。

もっと

【花崗岩で放射線殺菌?】メルカリで「ただの石」が売れまくる

六甲山頂から見た神戸市内(撮影・筆者) ・酒蔵あるところ、名水あり 京阪神間を見てみると、東から京都の伏見、かつてキリンビール工場があった向日町、サントリーのウィスキーとビール工場のある山崎、古くから日本酒醸造が行われた来た高槻の富田、日本で製造を続けている中では最も古い歴史を持つ吹田のアサヒビール、そして、兵庫県に入ると灘五郷と呼ばれる今津郷、西宮郷、魚崎郷、御影郷、西郷が続くのです。 新型コロナウイルスへの感染対策に花崗岩(かこうがん)が効くというデマが広がり、フリマアプリで高額販売される事態が起きています。 確かに超微量に出てるよ。 新型コロナウィルス対策としておすすめしてる花崗岩。

もっと

花崗岩がコロナに効くというデマが!誰がネタ元?メルカリで高額出品!

神戸の代表産業の一つ、酒造産業です。 調べていくと、mixiに元ネタがあったようです。 そして、フリマアプリのメルカリでは花崗岩の高額出品がされている始末です。

もっと

花崗岩(かこうがん)

新型コロナウイルスの感染が広まっているせいかこの値段でも購入されています。

もっと

【笑】「花崗岩から出る紫外線・放射線がウイルスを死滅させる!」→デマで石が高く売れる

だから花崗岩から出る紫外線は人の体には悪影響を与えず、 一番下等な生物で物質のようなウィルスだけを分解するのです。

もっと