影 を 舞う 蝶 の 鼓動 が

Butterfly Core 歌詞 VALSHE ※ mobile.eyeslipsface.com

この映像は、当時の「」のみで放送された。

もっと

Butterfly Coreの歌詞

本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。 00]VALSHE - Butterfly Core [00:00. 当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。 収録曲 [ ]• Eternity(シングル・ヴァージョン) (Original Karaoke) タイアップ [ ]• VALSHEさん『Butterfly Core』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

もっと

Butterfly Core 歌詞 VALSHE ※ mobile.eyeslipsface.com

また「光の影のロマン」のテレビスポットにも、この「Close to you」の歌唱映像の一部が使用されている。

もっと

Butterfly Core VALSHE 歌詞情報

VALSHE Butterfly Core 作詞:VALSHE 作曲:minato 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う声がいま闇を振り払った 張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った 悲しみに撃たれた今日の傷跡かばうように 焦るほどに遠くなって 理由 わけ もなく意味を探して 幼さの裏に隠した ゆずりたくない感情 おもい に 気づいたなら 見失わないように 誰かを守れるともっといま信じたい 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた 君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ 更多更詳盡歌詞 在 波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば 見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって 許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も 守っていく 誓う言葉はいらない 誰かのせいにした日々を破り捨て 銀色の羽根を背負って嵐の中で生きていく 誰の目にも触れないまま終わりに出来やしないだろ ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う瞬間の残光を焼き付ける 赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから 何も変わることなくても 何も伝わらなくても 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように. カップリングの「Eternity」はに提供した曲で2ndアルバム『』にも「ETERNITY」として収録されているが、今作ではアレンジを変えロングバージョンとなっており、瀬戸朝香のアルバムに収録されている形に近い(歌詞は多少異なっている)。 Eternity(シングル・ヴァージョン) 作詞・作曲:宇徳敬子 編曲:UK Project• ( 1)• 影を舞うのが静寂の海を裂いて 重なり合う声がいまを振り払った 張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った 悲しみに撃たれた今日のかばうように ほどに遠くなって もなく意味を探して 幼さの裏に隠した ゆずりたくないに 気づいたなら 見失わないように 誰かを守れるともっといま信じたい 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた 君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ 波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば 見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって 許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も 守っていく 誓う言葉はいらない 誰かのせいにした日々を破り捨て 銀色のを背負って嵐の中で生きていく 誰の目にも触れないまま 終わりに出来やしないだろ ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う瞬間の残光を焼き付ける 赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから 何も変わることなくても 何も伝わらなくても 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 消えないように 聆听更多精彩音乐尽在:. 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う声がいま闇を振り払った 張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った 悲しみに撃たれた今日の傷跡かばうように 焦るほどに遠くなって 理由 わけ もなく意味を探して 幼さの裏に隠した ゆずりたくない感情 おもい に 気づいたなら 見失わないように 誰かを守れるともっといま信じたい 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた 君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ 波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば 見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって 許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も 守っていく 誓う言葉はいらない 誰かのせいにした日々を破り捨て 銀色の羽根を背負って嵐の中で生きていく 誰の目にも触れないまま終わりに出来やしないだろ ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う瞬間の残光を焼き付ける 赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから 何も変わることなくても 何も伝わらなくても 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように. ・系全国ネットアニメ『』エンディングテーマ• 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う声がいま闇を振り払った 張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った 悲しみに撃たれた今日の傷跡かばうように 焦るほどに遠くなって 理由 わけ もなく意味を探して 幼さの裏に隠した ゆずりたくない感情 おもい に 気づいたなら 見失わないように 誰かを守れるともっといま信じたい 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた 君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ 波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば 見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって 許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も 守っていく 誓う言葉はいらない 誰かのせいにした日々を破り捨て 銀色の羽根を背負って嵐の中で生きていく 誰の目にも触れないまま終わりに出来やしないだろ ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う瞬間の残光を焼き付ける 赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから 何も変わることなくても 何も伝わらなくても 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように. ( 1,2) 『』 - 前作: 『』 『 光と影のロマン』 次作: 『』. 収録アルバム [ ]• ( 1)アルバムバージョン• "沪江网"高度重视知识产权保护。 本作品から、現在に至るまで系列所属アーティストによる『名探偵コナン』のエンディングテーマが起用されている。 VALSHEさん『Butterfly Core』の歌詞 バタフライコア words by バルシェ music by ミナト Performed by バルシェ. 光と影のロマン()• ( 1)• 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

もっと

影を舞う蝶の鼓動☆[62343156]のいいね一覧

コンサートでは本編ラストに演奏されることが多い、宇徳の代表曲のひとつである。 歌手: 作詞: 作曲: 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う声がいま闇を振り払った 張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った 悲しみに撃たれた今日の傷跡かばうように 焦るほどに遠くなって 理由 わけ もなく意味を探して 幼さの裏に隠した ゆずりたくない感情 おもい に 気づいたなら 見失わないように 誰かを守れるともっといま信じたい 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた 君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように 晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ 波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば 見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって 許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も 守っていく 誓う言葉はいらない 誰かのせいにした日々を破り捨て 銀色の羽根を背負って嵐の中で生きていく 誰の目にも触れないまま終わりに出来やしないだろ ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ 影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて 重なり合う瞬間の残光を焼き付ける 赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから 何も変わることなくても 何も伝わらなくても 迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように.。 「光と影のロマン」• 声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。 光と影のロマン 作詞・作曲:宇徳敬子 編曲:• 影 かげを 舞 まう 蝶 ちょうの 鼓動 こどうが 静寂 せいじゃくの 海 うみを 裂 さいて 重 かさなり 合 あう 声 こえがいま 闇 やみを 振 ふり 払 はらった 張 はり 付 ついた 汗 あせを 拭 ぬぐって 逃 にげ 回 まわるライトを 蹴 けった 悲 かなしみに 撃 うたれた 今日 きょうの 傷跡 きずあとかばうように 焦 あせるほどに 遠 とおくなって 理由 わけもなく 意味 いみを 探 さがして 幼 おさなさの 裏 うらに 隠 かくした ゆずりたくない 感情 おもいに 気 きづいたなら 見失 みうしなわないように 誰 だれかを 守 まもれるともっといま 信 しんじたい 影 かげを 舞 まう 蝶 ちょうの 鼓動 こどうが 静寂 せいじゃくの 海 うみを 裂 さいた 君 きみに 見 みせる 偽 いつわりの 全 すべてが 嘘 うそじゃないだろ 迷 まようたび 捨 すてた 答 こたえもきっと 選 えらぶ 日 ひはまた 来 くるから この 心 こころは 誰 だれよりも 熱 あつく 燃 もやし 続 つづけよう 消 きえないように 晴 はれの 日 ひを 酷 ひどく 嫌 きらって 雨 あめの 日 ひの 空 そらを 憎 にくんだ 波打 なみうち 際 ぎわで 逆 さからって 記憶 きおくごと 消 けし 去 されば 見 みえないものを 疑 うたがえば 正 ただしさも 見 みえなくなって 許 ゆるされただけと 嘆 なげいた 見切 みきれないままの 日々 ひびも 守 まもっていく 誓 ちかう 言葉 ことばはいらない 誰 だれかのせいにした 日々 ひびを 破 やぶり 捨 すて 銀色 ぎんいろの 羽根 はねを 背負 せおって 嵐 あらしの 中 なかで 生 いきていく 誰 だれの 目 めにも 触 ふれないまま 終 おわりに 出来 できやしないだろ ボロボロになった 代償 だいしょうなんて 舌 したを 出 だしてくれてやる この 心 こころで 誰 だれよりも 高 たかく 飛 とんでみせるから その 目 めで 見 みろ 影 かげを 舞 まう 蝶 ちょうの 鼓動 こどうが 静寂 せいじゃくの 海 うみを 裂 さいて 重 かさなり 合 あう 瞬間 しゅんかんの 残光 ざんこうを 焼 やき 付 つける 赤 あかく 染 そまる 月 つき 彼方 かなたへきっとたどり 着 つくと 決 きめたから 何 なにも 変 かわることなくても 何 なにも 伝 つたわらなくても 迷 まようたび 捨 すてた 答 こたえもきっと 選 えらぶ 日 ひはまた 来 くるから この 心 こころは 誰 だれよりも 熱 あつく 燃 もやし 続 つづけよう 消 きえないように 影 kage を wo 舞 ma う u 蝶 chou の no 鼓動 kodou が ga 静寂 seijaku の no 海 umi を wo 裂 sa いて ite 重 kasa なり nari 合 a う u 声 koe がいま gaima 闇 yami を wo 振 fu り ri 払 hara った tta 張 ha り ri 付 tsu いた ita 汗 ase を wo 拭 nugu って tte 逃 ni げ ge 回 mawa る ru ライト raito を wo 蹴 ke った tta 悲 kana しみに shimini 撃 u たれた tareta 今日 kyou の no 傷跡 kizuato かばうように kabauyouni 焦 ase るほどに ruhodoni 遠 too くなって kunatte 理由 wake もなく monaku 意味 imi を wo 探 saga して shite 幼 osana さの sano 裏 ura に ni 隠 kaku した shita ゆずりたくない yuzuritakunai 感情 omoi に ni 気 ki づいたなら duitanara 見失 miushina わないように wanaiyouni 誰 dare かを kawo 守 mamo れるともっといま rerutomottoima 信 shin じたい jitai 影 kage を wo 舞 ma う u 蝶 chou の no 鼓動 kodou が ga 静寂 seijaku の no 海 umi を wo 裂 sa いた ita 君 kimi に ni 見 mi せる seru 偽 itsuwa りの rino 全 sube てが tega 嘘 uso じゃないだろ janaidaro 迷 mayo うたび utabi 捨 su てた teta 答 kota えもきっと emokitto 選 era ぶ bu 日 hi はまた hamata 来 ku るから rukara この kono 心 kokoro は ha 誰 dare よりも yorimo 熱 atsu く ku 燃 mo やし yashi 続 tsudu けよう keyou 消 ki えないように enaiyouni 晴 ha れの reno 日 hi を wo 酷 hido く ku 嫌 kira って tte 雨 ame の no 日 hi の no 空 sora を wo 憎 niku んだ nda 波打 namiu ち chi 際 giwa で de 逆 saka らって ratte 記憶 kioku ごと goto 消 ke し shi 去 sa れば reba 見 mi えないものを enaimonowo 疑 utaga えば eba 正 tada しさも shisamo 見 mi えなくなって enakunatte 許 yuru されただけと saretadaketo 嘆 nage いた ita 見切 miki れないままの renaimamano 日々 hibi も mo 守 mamo っていく tteiku 誓 chika う u 言葉 kotoba はいらない hairanai 誰 dare かのせいにした kanoseinishita 日々 hibi を wo 破 yabu り ri 捨 su て te 銀色 giniro の no 羽根 hane を wo 背負 seo って tte 嵐 arashi の no 中 naka で de 生 i きていく kiteiku 誰 dare の no 目 me にも nimo 触 fu れないまま renaimama 終 o わりに warini 出来 deki やしないだろ yashinaidaro ボロボロ boroboro になった ninatta 代償 daisyou なんて nante 舌 shita を wo 出 da してくれてやる shitekureteyaru この kono 心 kokoro で de 誰 dare よりも yorimo 高 taka く ku 飛 to んでみせるから ndemiserukara その sono 目 me で de 見 mi ろ ro 影 kage を wo 舞 ma う u 蝶 chou の no 鼓動 kodou が ga 静寂 seijaku の no 海 umi を wo 裂 sa いて ite 重 kasa なり nari 合 a う u 瞬間 syunkan の no 残光 zankou を wo 焼 ya き ki 付 tsu ける keru 赤 aka く ku 染 so まる maru 月 tsuki 彼方 kanata へきっとたどり hekittotadori 着 tsu くと kuto 決 ki めたから metakara 何 nani も mo 変 ka わることなくても warukotonakutemo 何 nani も mo 伝 tsuta わらなくても waranakutemo 迷 mayo うたび utabi 捨 su てた teta 答 kota えもきっと emokitto 選 era ぶ bu 日 hi はまた hamata 来 ku るから rukara この kono 心 kokoro は ha 誰 dare よりも yorimo 熱 atsu く ku 燃 mo やし yashi 続 tsudu けよう keyou 消 ki えないように enaiyouni. 概要 [ ] 宇徳敬子の9枚目のソロシングルで、アニメ『』エンディングテーマに起用された。

もっと

光と影のロマン

は、「」以来のフルバンド形式で撮影が行われた。 またこの撮影と同時に、の「」を、ギターの演奏のみで歌う宇徳の映像が収録されている。

もっと