国民 健康 保険 料 月額。 国民健康保険の平均月額はいくらくらい?保険の計算方法なども解説

東京都の地域ごとに国民健康保険料が計算できます|国民健康保険計算機

国民 健康 保険 料 月額

他にも、傷病手当金や出産手当金の給付額計算にも使われます。 「じゃあ、標準報酬月額とは何?どうやって決まるの?」 標準報酬月額の計算方法が分かれば、 健康保険料や厚生年金保険料を安くできる場合もあります。 タイミングによっては、保険料をあえて高くしたほうが得する場合もあります。 そんな裏技も含め詳しく、かつ、わかりやすくお伝えしていきます! 健康保険や厚生年金等の社会保険は一生付き合っていくものです。 あなたに今すぐ必要でなくても、将来のいつか、また、旦那さんやご友人、 お子さんが社会人になったときにも役立つ知識です。 是非じっくりとご覧ください。 標準報酬月額とは 会社に入社すると、健康保険と厚生年金に加入することになります。 つまり、 入社後は毎月の給与から健康保険料と厚生年金保険料がずっと天引きされ続けるということです。 会社には社員を健康保険・厚生年金に加入させる義務があります。 つまり、 標準報酬月額とは毎月の保険料を計算する基礎となる金額ということですね。 健康保険・・入社~75才になるまで• 介護保険・・40才~65才になるまで• 厚生年金・・入社~70才になるまで ただし、厚生年金以外は保険料の支払いがなくなるわけでなく、健康保険は「後期高齢者医療制度」に移行し、介護保険は「第1号被保険者」に変更となって 年金から天引きになります。 保険料の計算方法も変わります。 所定労働時間が週30時間以上の従業員 (短時間就労者)• (労使合意必要) どちらの任意加入も、従業員毎に適用・不適用を選択することはできません。 この後 「短時間就労者」「短時間労働者」によって説明が異なるところもあるので、あなたが該当しているならどちらに該当しているか覚えおいてくださいね。 また、出産手当金や傷病手当金の支給額を計算するために標準報酬月額を知りたい人もいるでしょう。 まずは、現在の標準報酬月額の調べ方をお伝えします。 もちろんそれでも分かりますが、もっと簡単に知る方法があります。 給与明細書に表示されていませんか? 給与明細書の仕様は会社それぞれですので、必ず記載されているわけではありませんが、表示しているところもあります。 まずは確認してみてはいかがでしょう。 担当者に聞く 給与計算、または社会保険の担当者に直接聞きましょう。 社員一人一人の標準報酬月額を管理していますので、すぐに答えてくれるでしょう。 保険料額表で確認する 給与明細に表示されていない。 担当者に聞くのも何となく気が引ける。 そんな人は、健康保険・厚生年金の 保険料額表で確認すると良いでしょう。 健康保険は加入する 健康保険組合や 協会けんぽ等によって保険料率が異なっています。 あなたが加入している健康保険のホームページで確認しましょう。 厚生年金基金に加入している方は 「厚生年金基金に加入している一般・坑内員の被保険者」の表で確認してください。 もしくは、厚生年金 保険料と厚生年金 基金料を合算した金額でも確認できます。 厚生年金基金に加入していても、従業員が負担する保険料は変わりません 【厚生年金保険料+厚生年金基金料=基金に加入していない人の厚生年金保険料】 なお、社会保険料は2分の1を会社が負担しています。 (2分の1以上を会社負担としているところもあります) 「被保険者負担・事業主負担」「全額・折半額」等、保険料額表の書き方は健康保険によって異なっているので注意してください。 標準報酬月額を実際に確認してみよう 実際に給与明細を用意して確認してみましょう。 平成31年4月の給与明細の内容 Aさん(30才) 健康保険料 13,860円 介護保険料 0円 厚生年金保険料 25,620円 Bさん(50才) 健康保険料 26,235円 介護保険料 4,584円 厚生年金保険料 48,495円 全国健康保険協会(協会けんぽ) 東京支部に加入 国民健康保険の場合は扶養という制度がないので、赤ちゃんも一人の被保険者となり保険料が上がります。 これを、 「定時決定」と言います。 ただ、定時決定だけでは対応できなかったり、実際の給与と差が大きくなりすぎることがあるので、定時決定含め 5つの決定・改定方法があります。 毎年7月1日(定時決定)• 昇給等、固定的賃金が変更されたとき(随時改定)• 入社したとき(資格取得時決定)• 産前産後休業が終了したとき(産前産後休業終了時改定)• 育児休業が終了したとき(育児休業等終了時改定) それぞれ詳しく説明します。 会社が定時決定内容を健康保険等へ報告する書類の名称が 「算定基礎届」で、算定(さんてい)とも言われます。 毎年7月1日に在籍する全社員(その年の6月および7月1日入社者除く)を対象に、 4月から6月の実績給与の平均額を求め、その平均給与額を標準報酬月額表に当てはめ決定します。 平均給与額計算の対象となる給与 4月から6月に支払われた給与で平均給与額を計算するのですが、例えば傷病欠勤や休業等の欠勤控除がある場合は、その月の給与を含めて平均額を求めると正しい金額が求められません。 そのため、計算対象となる給与の条件が決められています。 一般の従業員 支払基礎日数が17日以上の給与のみが対象となります。 支払基礎日数とは、給与の支払い対象となった日数です。 欠勤控除が無い場合の支払基礎日数は歴日数です。 まずは、次の図をご覧ください。 6月給与で欠勤控除がある場合です。 「4月給与の支払基礎日数が31日で、5月給与が30日の理由は?」 勤怠の対象となる歴日数となるからです。 「6月の支払基礎日数16日は、31-16=15日休んだということ?」 違います。 欠勤控除がある場合は、 給与規則等で定められた日数から欠勤日数を引いた日数になります。 具体的には、例えば4日欠勤したとします。 1日欠勤した場合、基本給の20分の1を控除すると給与規則で定めている場合 支払基礎日数は『20日-4日=16日』となります。 (非対象) 一方、1日欠勤した場合、22分の1を控除すると定めている場合 支払基礎日数は『22日-4日=18日』となります。 (対象) 会社によっては、各給与の対象となる期間で出勤するべき実際の日数(これを所定労働日数と言います)で割った1日分を控除するところもあります。 4月から6月給与の対象勤怠期間中に、産前休業に入る人や、育児休業が終わる人、傷病欠勤がある人にとっては大事なポイントになります。 つまり、給与がフルに出ない月の給与が 平均給与額の計算対象となるかどうかが、社会保険料の金額に直結するということです。 一方、アルバイトやパートタイムの場合は、単純に出勤日数が支払基礎日数になります。 (有給休暇含む) ただし、支払い基礎日数の条件が変わります。 支払基礎日数が17日以上の月がある場合 支払基礎日数が17日以上の月だけで平均額を計算します 支払基礎日数が3ヵ月とも17日未満だが、15日16日の月がある場合 支払基礎日数が15日、16日の給与だけで平均額を計算します アルバイト、パート等短時間労働者(週の所定労働時間が30時間未満)の場合 支払基礎日数が11日以上の給与のみが対象となります。 つまり、社会保険料は変わらないということです。 これを 「随時改定」と言い、会社が随時改定内容を健康保険等へ報告する書類の名称が「月額変更届」で、月変(げっぺん)とも言われます。 具体的には次の3つの条件をすべて満たす場合に随時改定を行います。 *固定的賃金は増えたが、残業代等の影響により下に2等級以上さがっても随時改定の対象になりません。 つまり、固定的賃金が増えて標準報酬月額が2等級以上あがる、固定的賃金が減って標準報酬月額が2等級以上さがる場合に対象となります。 固定的賃金には何が含まれるの? 固定的賃金とは、その名のとおり毎月固定額が支払われ残業代のように変動しない賃金です。 昇給(ベースアップ)や降給(ベースダウン)の対象となる基本給の他、家族手当等の各種手当、通勤手当も含まれます。 定時決定と随時改定が重なった場合は? 定時決定の計算期間(4月~6月)に固定的賃金が変わり、随時改定の対象となった場合は、 随時改定が優先されます。 つまり、多くの会社で4月に昇給がありますが、4月から6月の平均給与額を計算し、その結果標準報酬月額が2等級以上あがった場合は随時改定の対象となり、それ以外の場合は定時決定を行います。 きちんと 一人一人合理的な根拠を持って決定しているということですね。 アルバイトやパートの場合は、月間の想定勤務時間に時給を掛け、そこに1ヵ月分の通勤手当を足して計算します。 退職後再雇用されたとき(同日得喪) 60歳以上で会社を定年退職し、1日の空きもなく同じ会社で再雇用された場合に、 同日得喪つまり、同日に 資格喪失手続きと 資格取得手続きを行うことができます。 本来であれば、雇用が継続する以上、雇用形態や報酬制度の変更で給与が大きく変わっても随時改定(3ヵ月の給与実績が出てから変更)が原則です。 パートから社員、社員から役員等でも随時改定で対応します。 定年後の再雇用時のみ特例として認められている制度です。 一旦社会保険の資格を喪失させ、入社時と同じ資格取得時決定を行うことによって、給与の実態に合わせた社会保険料にすぐに変更できます。 なんていうのも義務として法律に明記されています。 ただし、 法律上義務付けられた育児休業ではないため、これを「育児休業に準ずる休業」と言います。 ただし、「育児休業等終了時改定」の要件は 育児休業終了日に3歳未満の子供を養育していることなので、3才(3才誕生日の前日)まで育児休業を取れば適用されません。 3才誕生日の1日前で公的には3才です。 ) しおり コメント失礼いたします。 分かる範囲でお答えいただけると嬉しいです。 昨年4月に育休明け復帰し時短勤務中です。 会社の方針で時給計算による給与になり必然的に給与が下がったため、養育期間標準報酬月額特例申出をし、今は低い標準報酬月額での保険料を支払っています。 このたび4月から時短を解除し、フルタイム勤務に戻す =固定給になる のですが、そうなると前記申出を解除する旨の届出が必然なのでしょうか? また、固定給に戻るので今より給与が上がるため定時改定により標準報酬月額も上がると思うのですが、1月に昇給もしましたので随時改定とかぶることになります。 この時の2等級上がるか否かの判断のベースとなる等級は今現在の申出により低くなった等級をベースに考えるのでしょうか?それとも、元々の基本給額をベースに考えるのでしょうか? よく分からないため教えてください。 よろしくお願いします。 MamaGyutte編集部 しおりさん コメントありがとうございます。 (毎月の社会保険料は下がった等級で計算されます) したがって、この申出によって保険料が下がることは無いです。 また、出産前の標準報酬月額以上になったとしても解除の申し出は不要です。 次に保険料が下がったのは「養育期間標準報酬月額特例申出」と同時に「育児休業等終了時改定」をご提出されたからでしょう。 (もしくは昨年の定時決定?その他のケースも考えられます。 ) 今後保険料が変わるのはおっしゃられている通り、定時決定、もしくは随時改定のタイミングとなります。 基準は今の等級となります。 1月に昇給があったとのことですので、1月から3月のお給料の平均が「今」の等級より2等級以上上がれば、随時改定の対象となって4月分(5月引き去り)から等級が上がります。 4月に随時改定に該当したとして、その上がった等級と、今度は4月から6月のお給料の平均と比較し、2等級以上上がっていれば、また随時改定に該当し7月分(8月引き去り)から等級が上がります。 (4月に給与体系の変更があり固定的賃金の変更があるので2等級以上差があれば随時改定の条件を満たします。 4月の給与体系変更に伴い即4月から変更になることはありません。 ) 2等級以上の差が無ければ、4月から6月の給与平均で9月分(10月引き去り)からの等級が決まります。 (定時決定) まとめますと、「養育期間標準報酬月額特例申出」は将来年金額計算時に特例を適用するための申し出であり、今の保険料に影響はありません。 一方、随時改定は社会保険料の等級を実際の給料額に合わせるための仕組みですので、今の等級を基準として適用が判断されます。 以上が一般的なご回答となります。 より詳細については、お勤めの会社のご担当者様にご相談ください。 しおりさんの参考になれば幸いです。

次の

年収ごとの国民健康保険料を公開!全国1445市区町村の料率で試算!

国民 健康 保険 料 月額

Contents• 収入ゼロとは何か? そもそも無収入・・収入がゼロとは何かの話ですが、税金や社会保険では全くの所得ゼロが収入ゼロと言うわけではありません。 正確には住民税の非課税ラインが所得ゼロとなります。 皆さんは自分が住んできる市町村の住民税ゼロラインの収入を言えることができますか? 所得税ゼロと住民税ゼロは違う またここも大切なのですが、所得税のゼロと住民税のゼロは違います。 福祉や年金・社会保障費などは住民税によって算出されます。 ただし、これは所得税の話で住民税の話ではありません、住民税のゼロラインはもっと低いです。 しかし、これでも住民税ゼロ、住民税非課税ゼロにはなりません。 この下に住民税均等割というものがあります。 住民税の簡単な仕組み 所得割 均等割 道府県民税 4% 1500円 市町村民税 6% 3500円 合計 10% 5000円 一般に使われる住民税とは所得割のことで市民税と都道府県税の合計になります。 大体これが10%になります。 (都道府県によって多少違います) 私が住んでいる名古屋市では少し低くて合計9. 7%となっています。 もう一つが均等割と言われる住民税でこれは所得に関わらずそこに住む全ての人が払う税金です。 全ての住民が払うことが建前になっているので課税ラインが更に低い市町村があります。 一般的なラインは次のようになります。 この均等割のラインは生活保護の級等ラインによって分けられています。 一等地 所得35万円以下• 二頭地 所得33万円以下• 三等地 所得28万円以下 これは生活保護の級地制度と言います。 所得の非課税ラインは3つある 所得税ゼロの103万円 住民税の所得割がゼロの98万円 住民税の均等割がゼロの93万円 この住民税の所得割と均等割は市町村によってラインが違いますので必ずあなたのお住いの市町村のラインをお調べください。 最も厳しいラインが年収93万円と覚えるといいと思います。 ちなみに名古屋市の均等割のゼロラインは年収35万円です。 ただし住民税の所得割のラインが年収33万円となっているので注意が必要です。 セミリタイア後の副業収入はこの辺の収入を参考にするといいかも。 弱者とは何か? もう一つ大事なことは国民年金の免除や国民健康保険の減免などは社会的弱者に適応されます。 それでは社会的弱者と何か? と言われれば、見た目や可哀想だからで判断されません。 あくまでその年の収入で判断されます。 つまり収入ゼロが弱者となります。 (一部サービスは資産もカウントされます) ですから収入がゼロだろうが、必ず確定申告をする必要があります。 収入ゼロなら確定申告しなくてもよいのでは?と言われましたが、保険や年金の減免措置を受けるには収入がゼロでも確定申告が必要です。 収入がゼロで確定申告をしなくても罰則はありませんが、減免を受けることができません。 必ず収入がゼロだろうが関係なく確定申告はしましょう。 役所があなたの収入を知る方法は申告した収入でしか判断できません。 また国民健康保険料は住民税によって料金が決まるのですから確定申告をしなくてはなりません。 一部ネットなどでは収入が20万年以下は所得税の申告をしなくていいい。 と言っている人がいますが、それは所得税の話で住民税とは関係ありません。 こういうことを話す人は確定申告をしていないのでしょうか? 確定申告をしていないのにどうやって保険料が決まっているのか私は不思議です。 払っていないのかブッチしているかのどちらでしょう・・・ 収入がないならないと堂々と申告をすればいいのです。 年収が93万円以下なら(名古屋市なら98万円以下)は収入ゼロの可哀想な人になります。 政府が時々 人気取りの為にやるバラマキ政策の恩恵にも預かることができます。 国民健康保険料月1700円 名古屋市の非課税世帯で7割減免を受けた人は月1700円となります。 年間20,400円 この減免ですが、必ず市役所に行って「保険料の減免」をしてくださいと言わないとやってくれません。 減免をしないと年間68000円(毎月5670円)ほど払うことになります。 必ず減免の手続きをしましょう。 国民健康保険料は都道県によって大きく違う 国民健康保険料は今年から都道府県単位になる話でしたが一気に統合にいたっていないようです。 まだ市町村単位です。 この国民健康保険料は市町村によって保険料が大きく違うことを知っておきましょう 参考サイト 年収240万円・月収20万円で40歳で計算します。 名古屋市だと保険料が年間218000円ほどかかります。 これが隣の大府市になると年間116000円ほどになります。 名古屋市との差は102000円。 年間10万円の差になります。 結構大きいですね。 大府市は名古屋市緑区の隣の市になります。 緑区に住む予定の人は大府市の境目に住むぐらいなら大府市に住んだ方がいいですよね。 最も高い市町村の一つである神戸市は年間377,000円にもなります。 最も安い大府市との差はおよそ26万円です。 年収240万円の人が神戸市と大府市に住むだけで保険料が26万円も違うのです。 ローコストライフを実践している人なら2万円で家が借りられますね。 フリーランスは神戸市に住んではダメで大府市がオススメです。 高知ではないです大府です(笑) 市町村によって保険料の差が結構大きいと頭に入れておくだけでも引越しの参考になりますね。 私は市町村によってこれだけ保険料に差があるのは凄く不公平だと思うのですが、誰も指摘しないんですよね。 ふっしぎ〜w 住民税非課税は医療費も激安 住民税非課税になると保険料だけでなく医療費も激安になります。 日本には高額医療保険制度があり一定額以上を払う必要がありません。 このラインが住民税非課税だと月35400円になります。 これが4ヶ月目からだと24600円と更にやすくなります。 つまり1ヶ月入院しても月35400円の医療費以上はかからないことになります。 私など病院で長期入院した方が生活が安くなりますね。 日本の医療制度はみなさんが思っている以上にありがたい制度となっています。 無駄です。 その分貯金をしていた方がいいです。 民間の医療保険には入る必要はない!覚えておきましょう。 住民票を抜いた方がいいのか? ここでよく質問をされるんですが住民票を抜いた方がいいのはということです。 住民票を抜くと 住民税の支払いと国民健康保険の支払いをする必要がなくなります。 国民年金の支払いは任意です。 私は非課税世帯なら抜く必要はないのではという考えです。 日本の健康保険制度には海外療養費制度というものがあり必ずではないのですが一定の場合に限って医療費が戻る制度があります。 この制度を受けるための保険料として年間2万円ほど払っているのは悪くないのではと私は考えています。 日本に戻った時もすぐ病院などにいけますしね。 まとめ 制度を知っているか知らないかは大きな差になる ここで大切なことは制度を知っている人と知らないで適当に過ごしている人では大きな差になるということです。 無駄な民間な保険に入る必要はありません。 日本の福祉など弱者に優しくないと不貞腐れて確定申告をしていない、保険料の未払いをしていませんか? そういう人は本当に困った時に役所に突っ込まれますよ。 「あなた保険料払っていませんね」など・・・・ 収入が低くくてもゼロでも毎年確定申告をする。 減免対象ならしっかり市役所へ行き減免手続きをしてくる。 これだけで年間数万円のお金の節約、大病になった時の支払いはそれこそ数十万円の差になります。 一度やってみれば簡単なのでやってない人はやりましょうね。 そして日本は本当に無職や弱者に優しい社会だと実感しますから。 民間の保険などに関することはこの本一冊を読めば十分だと思います。 反対に必ず読むべき本だとも言えます。 カテゴリーから探す• 245• 423• 286• 332• 186•

次の

健康保険―保険料の計算方法―標準報酬月額

国民 健康 保険 料 月額

独立をして個人事業主になると気になるのが国民健康保険料です。 会社員時代は、健康保険料の標準報酬月額が自動的に決まって健康保険料は給与から天引きされていました。 しかし、国民健康保険料は前年の所得などによって計算され、自分で支払わなくてはいけません。 場合によっては、所得税や住民税よりも国民健康保険料の方が高いということもあります。 負担感が大きい国民健康保険ですが、保険料には上限の金額が決まっています。 思い切って国民健康保険料を気にしなくていいくらいの所得を目指すのもアリだと思います。 国民健康保険料の算出方法 国民健康保険料の算出方法は市町村によって違います。 ここでは、わたしが住んでいる四街道市を例に取って説明します。 ちなみに四街道市では、国民健康保険 税と言っていますが、一般的には国民健康保険 料の方がなじんでいると思いますので、国民健康保険 料と言うことにします。 国民健康保険料は、医療保険分と後期高齢者支援分、介護保険分の合計により算出されます。 それぞれの計算方法は以下の通りです。 25% 均等割額 被保険者1人あたり16,500円 世帯平等割額 1世帯あたり20,000円 医療保険分の限度額は54万円。 4% 均等割額 被保険者1人あたり11,000円 後期高齢者支援分の限度額は19万円。 56% 均等割額 被保険者1人あたり13,000円 介護保険分の限度額は16万円。 計算方法が複雑で面倒だなと思うかもしれませんが、それぞれに限度額が決まっています。 医療保険分、後期高齢者支援分、介護保険分のそれぞれの限度額を合わせると、89万円になります(40歳未満の人は、73万円)。 国民健康保険料が上限に達する所得の目安 40代男性、配偶者あり(配偶者の収入はパートで年96万円、国民健康保険に加入)、子ども1人のケースで計算していきます。 先ほどの算出方法にある所得金額とは、個人事業主の場合、事業所得の金額から33万円を控除した金額です。 配偶者の給与収入が年98万円超になると、配偶者の所得に対しても所得割額が発生します。 夫の事業所得の金額を400万円(青色申告特別控除後の金額)とした場合の国民健康保険料は以下の通りです。 それなりの金額になりますね。 では、国民健康保険料の上限に達する所得はどれくらいになるのでしょうか。 上記の家族構成の場合で言うと、医療保険分が所得710万円(33万円控除前)、後期高齢者支援分が所得1,155万円、介護保険分が所得892万円でおおよそ上限に達します。 後期高齢者支援分は、所得が1,155万円まで保険料が上がり続けるということです。 ちょっと気が遠くなりますが、後期高齢者支援分の所得割額の保険料率は1. 4%、介護保険分の所得割額の保険料率は1. 56%です。 この2つは保険料率がそれほど高くないので、医療保険分の上限を意識するといいかもしれません。 医療保険分の上限は、所得710万円です。 所得が710万円を超えたら、国民健康保険料の上昇は緩やかになるということです。 そして、所得が1,155万円を超えると、国民健康保険料は上限に達します。 まとめ 国民健康保険料は負担が大きいです。 しかし、上限額がありますので、上限を超える所得をあげれば、それ以上の国民健康保険料の上昇をおさえることができます。 一つの上限の目安が医療保険分の限度額です。 先ほどの例では、所得710万円で医療保険分の上限に達します。 まずは、ここを目指すと国民健康保険料の負担感を減らすことができるかもしれません。 国民健康保険料が高いと嘆くよりも、所得を増やして国民健康保険料の負担感を減らす努力をした方が前向きに頑張れるのではないでしょうか。 最後に後ろ向きな情報を一つお伝えします。 国民健康保険料の上限は、年々上がっています。 平成5年度は54万円だったものが、今では89万円となっています。 今後も上がる可能性があることも知っておきましょう。 【編集後記】 今日はバレンタインデーです。 おニャン子世代のわたしにとって、バレンタインデーの曲と言えば国生さゆりさんの「バレンタイン・キッス」です。 しかし、今年はラジオなどで家入レオさんの「チョコレート」という曲を聴く機会が多いように思います。 サビの部分が耳に残る曲ですね。 バレンタインデーの定番の曲も変わってきているのでしょうか。 人気記事• 請求した金額が入金された時は、請求金額と合っているかどうかを必ず確認するようにしましょう。 自分が請求し... 259件のビュー• わたしは、千葉県四街道市で税理士事務所を営んでいます。 地域密着で活動しているため、お客様は四街道市や千... 158件のビュー• 個人事業主で配偶者に専従者給与を支払っている人も多くいることでしょう。 配偶者自身に税金がかからないよう... 136件のビュー• 給与収入が100万円以下であれば、住民税がかからないと思っている人も多いと思います。 しかし、100万円以下でも... 117件のビュー• 115件のビュー• 個人事業主やフリーランスの人は、節税になると思って、配偶者を専従者にして、専従者給与を支払っている人も多いでし... 107件のビュー• わたしは言われたことはありませんが、中には、税理士事務所はコロナの影響をそれほど受けないと思っている方もいる... 99件のビュー• 今年、千葉県は多くの災害に見まわれました。 災害で被害を受け、保険金で何かを修理したという人も多いので... 94件のビュー• 所得税の税務調査があると、3年分の確定申告について調査されることが多いです。 何らかの間違いがあり、3年... 84件のビュー• 個人事業でも、法人でも事業を行うのであれば、金融機関に口座を開設します。 預金口座を一つも持たずに事業を... 79件のビュー.

次の