次 世代 育成 支援 行動 計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の推進

子育てしやすい就業環境を整えたり、子育てしていない世代を含めた多様な従業員の労働条件を整えたりすることを目標に、行動計画では「計画期間」「目標」「目標達成のための対策と実施時期」を決定します。

もっと

次世代育成支援対策推進法とは?一般事業主行動計画の策定からくるみん認定まで

[1] 行動計画策定指針 主務大臣は、基本理念にのっとり、地方公共団体及び事業主が行動計画を策定するに当たって拠るべき指針を策定すること。 次世代育成支援対策の内容に関する事項• (1)目的、国・地方公共団体・事業主・国民の責務 等• 目標1:男性が取得できる育児休暇を制定する• 重大な法令違反がないこと 参照元: くるみん認定を受けた企業は、認定マークを商品や広告に使用できます。 この法律では、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される社会の形成に資することを目的とする行動計画の策定を区市町村に義務付けています。

もっと

次世代育成支援行動計画とは 江戸川区ホームページ

6 モデル計画F:認定を目指し、両立支援対策の充実を目指す会社• なお、計画期間終了後に、くるみん認定を希望される場合は、認定基準を踏まえて、行動計画を策定してください。 )を策定したこと、当該一般事業主行動計画を実施し、当該一般事業主行動計画に定めた目標を達成したこと、 当該認定一般事業主の次世代育成支援対策の実施の状況が優良なものであることその他の厚生労働省令で定める基準に適合するものである旨の認定( 特例認定)を行うことができる(第15条の2)。 計画期間で、女性従業員の育休取得率が75%以上• 事業主からの申請に基づき、行動計画に記載された目標を達成したこと等の基準に適合する一般事業主を認定すること。 第二章 行動計画• また、行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、必要書類を添えて申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定 くるみん認定 を受けることができます。

もっと

次世代育成支援対策推進法

市町村は、市町村行動計画を策定し、又は変更したときは、遅滞なく、これを公表するよう努めるとともに、都道府県に提出しなければならない。 中・高校生等が子育ての意義や大切さを理解できるよう、乳幼児とふれあう機会を拡充• 対策:所定外労働時間の平均を把握する• 計画期間• 経営理念である「お客さまの幸せづくり」の実現のため、職員等にとって働きやすい環境をつくり、その能力を十分に発揮し、金庫及び多摩地域が更なる発展を遂げることを目的として、次のように行動計画を策定する。

もっと

一般事業主行動計画とは? | 一般事業主行動計画公表サイト | 企業が行う両立支援の取組を紹介するサイト

次世代育成支援対策の実施により達成しようとする目標• 目標を達成するための対策を立てる• 公表の方法には、厚生労働省が運営するウェブサイトへの掲載、自社のホームページへの掲載、県の広報誌・日刊紙への掲載などがあります。

もっと

次世代育成支援行動計画

行動計画 [ ] 主務大臣は、 次世代育成支援対策の総合的かつ効果的な推進を図るため、基本理念にのっとり、市町村行動計画及び都道府県行動計画並びに一般事業主行動計画及び特定事業主行動計画の策定に関する指針( 行動計画策定指針)を定めなければならない。 対策:各部門で問題点を洗い出し、改善の研修を実施する 男女ともに育児休暇の取得率が低い会社• 併せて、同月には、地方公共団体及び企業における10年間の集中的・計画的な取組を促進するための「次世代育成支援対策推進法案」を提出し、7月に成立。

もっと

次世代育成支援行動計画とは 江戸川区ホームページ

一定以上の従業員を有する事業主は、子どもの世代が健やかに育成されるために、具体案を記した「一般事業主行動計画」の提出が義務付けられています。

もっと