ドゥカティ ストリート ファイター v4

The Fight Formula. In Black. 漆黒のStreetfighter V4S発表

同エンジン搭載のパニガーレV4Sより少しデチューンされたとは言え、基本的にMotoGPマシンに最も近いエンジンであることに変わりはない。

もっと

ドゥカティ「ストリートファイター V4S」試乗インプレ(2020年)走りの性能・足つき性・各部装備・アクセサリーパーツまで徹底解説! (1/3)

タイヤと同様に、当時のドライブチェーンは耐久性が低かったのである。 個人的には現実離れしたそんなシーンが浮かんで来たわけだが、贅沢なひと時を過ごす相棒としてはとても良いに違いない。 さらに上位モデル「」には、新色「ダークステルス」が追加された。

もっと

The Fight Formula. In Black. 漆黒のStreetfighter V4S発表

パフォーマンスの向上に合わせて、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)、ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)、スライド・オン・デマンドといった電子制御システムのパラメーターを最適化するマッピングも付属しています。 このニューモデルは、あらゆるシーンで最高のネイキッド・パフォーマンスを提供します。

もっと

214馬力のネイキッド!?過激すぎるドゥカティ・ストリートファイターV4が来年デビュー予定!

それから12年。 そこでドゥカティは、65馬力仕様のアポロを製作し、その状態でもハーレーを上回るパフォーマンスは維持できたのだが、トータル性能では同時代のブリティッシュツイン勢やBMWなどに及ばず、V4エンジンの製造・販売コストを考慮した上層部は、アポロ計画を中止。

もっと

Ducati ネイキッドモデルの頂点に君臨するストリートファイターV4を発表

ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL) この3レベル・システムは、ライダーがクラッチ操作に集中するだけで、最高の発進加速を実現します。 電子制御システムは、グリップを確保して、最大の安全性を確保するように設定されます。

もっと

今から約半世紀前に生まれた、ドゥカティV4の原点「アポロ」とは

ドゥカティはそのストリートファイターをラインアップモデルとして本気で開発することとなる。 最新のストリートファイターはV4デスモセディチエンジンが与えられ、大きく進化を遂げた。 クラッチを保護するため、特別に開発されたアルゴリズムによって、連続でスタートできる回数が制限されています。

もっと

Ducati ネイキッドモデルの頂点に君臨するストリートファイターV4を発表

ショックユニットは、スタンダード仕様のザックス製からオーリンズ製のTTX36タイプに換装されている。 LEDヘッドライトは「ジョーカー」の笑顔にインスパイアされたデザイン。 レース仕様のタンク 16 リットルのアルミニウム製タンクは、レーシング・バイクと同様にシート下へと伸びています。

もっと