中田 浩司

◆健竜会 山健組

偽装破門の疑いが濃厚です」(前出・社会部記者) 山口組関係者が語る。 山口組に限らず暴力団全体が構造不況業種で、組員数を減らすしかない。 組織のナンバー2である若頭が弘道会系の組員に刺されて重傷を負ったことで、報復の可能性が指摘されていた。

もっと

六代目山口組を銃撃した山健組・中田組長が完全黙秘の中で起訴……当局は有罪の自信あり?

神戸山口組では分裂した理由を、 〈司組長がやっていることは自分さえよければ、直系組長たちがどうなろうと知ったことかという利己主義である。 ここで後の親分となる井上邦雄氏に出会う。 補足 神戸山口組:本家 山健組:本家から派生した二次団体 彼が若頭代行に就任したのは 2018年の時。 「23日から、竹中組本部事務所の警戒にあたる捜査員の数がいつもより多くなっていたので、まもなく家宅捜索に入るのではないかといわれていました。

もっと

獄中の中田浩司組長山健組多数率いて神戸山口組脱退し独立組織に【山健組分裂】六代目山口組の動向は

年内には引退の意向で、危機感を感じている様子はなかった」 古川組の古川総裁 警察の意図を巧みに利用 凶行に及んだ朝比奈久徳容疑者(52)は元山口組系竹中組幹部で、昨年12月に覚せい剤絡みで破門処分を受けていたという。 2015年8月にまず山健組・井上邦雄組長ら13人の直系組長が六代目山口組を割って出て神戸山口組を結成した。 環境が変わっている こうした事実をもって、すでに分裂抗争は決着した、六代目山口組が勝ったという見方が生まれている。 山健組の組長:中田浩司が逮捕 中田組長の逮捕について「神戸新聞NEXT」は次のように報じています。

もっと

神戸山口組でまたしても大御所が引退…山健組にも「分裂」の危機感高まる

そしたら後は私に物言うんでも直立不動ですわ」と愉快そうに笑ったという。 他のカメラでも、酷似した単車の人物が西方向へ移動し、神戸市中央区の中田容疑者の自宅に向かう映像が確認されたという。 この状は、4代目が5代目に下した処分である。

もっと

神戸山口組「井上組長」が下した「山健・中田組長」への処分にみた「愛」|ニフティニュース

今なお続いている山口組の分裂抗争は約5年前に発生したが、いまだに決着はつかず、そのメドさえついていない。

もっと

【画像+経歴】山健組:中田浩司組長を逮捕!若頭代行も務める

以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 さらに数日後には、乗り換えたとみられる白いバイクを、現場から約2・5キロ離れた病院駐車場で発見。 髙山若頭は一時期、平日は神戸の山口組本部に詰めていたが、直系組長たちは髙山若頭から叱責されることを恐れ、特別に用がなくても平日は毎日、本部に詰めた。 後は細々社会の片隅で暮らします」と頭を下げないのは、当然なのだ。

もっと

山口組弘道会襲撃事件!中田浩司容疑者逮捕!facebook顔画像や犯行の動機は?

11月に元山口組系幹部に射殺された神戸山口組の古川恵一幹部(59)を含め、神戸山口組側の組員3人が死亡した。 ごく簡単に言って、絶縁は2度と組には戻れない、破門も本人の不手際などによる処分だが復帰は可能、除籍にも懲罰的意味合いがないわけではないが、本人の希望が反映されることもあり、元の組との交際も可能だ。 2000年に出所後、 健竜会に移籍。 中田組長はこの縁を生かし、一時は六代目山口組への復帰を考えたとされる。

もっと

山口組弘道会襲撃事件!中田浩司容疑者逮捕!facebook顔画像や犯行の動機は?

七代目に就くというウワサも絶えない。

もっと